« 2013年5月22日 | トップページ | 2013年5月24日 »

2013年5月23日

2013年5月23日 (木)

中学生4人、秋葉原で恐喝容疑「弱そうなオタク狙った」(23日)朝日

警視庁は、昭島市の中学3年の少年4人(いずれも14)を恐喝の疑いで逮捕し、23日発表した。  少年事件課によると、4人は3月2日午後0時半ごろから1時半ごろ、JR秋葉原駅近くの路上で、埼玉県の男子中学生など6人にわざとぶつかるなどして因縁をつけ、計3万2千円を脅し取った疑いがある。いずれも容疑を認め、「秋葉原にいる弱そうなオタク系を狙った」と供述しているという。

Logo2 http://www.asahi.com/national/update/0523/TKY201305230281.html

| トラックバック (0)

部屋から女性の下着143枚「手にとって妄想」(23日)TBS

下着泥棒が逮捕されました。男は「身近において手にとって妄想していた」と供述しています。
 逮捕・起訴されたのは、千葉県の元・建設会社作業員、大戸一郎被告(57)です。警察によりますと、先月27日、市原市内の民家で、庭に干してあった女性の下着を盗んで逃げる大戸被告をこの家に住む女性が見つけ、通報しました。駆けつけた警察官が現場近くで女性の下着あわせて58枚をポケットなどに隠し持っていた大戸被告を発見、逮捕しました。
 大戸被告が住んでいた建設会社の寮の部屋からは、女性の下着143枚が発見されたということです。取り調べに対し、「身近に置いて、手にとって妄想していた」などと容疑を認めているということです。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5339473.html

| トラックバック (0)

防犯カメラが決め手で逮捕 警視庁が商店街に感謝状(23日)テレビ朝日

東京・江戸川区で3月に発生したひったくり事件は、防犯カメラの映像が決め手となり、少年2人が逮捕されました。警視庁は、防犯カメラを設置していた商店街などに対し、感謝状を贈りました。
 警視庁によりますと、江戸川区のJR小岩駅近くで3月、近くに住む63歳の女性が財布の入ったバッグをひったくられる事件がありました。警視庁が、駅前の商店街などに設置された防犯カメラの映像を解析したところ、2人組が犯行に及ぶ様子や乗っていたバイクのナンバーの一部などが映っていて、事件から1カ月後、無職の少年(17)ら2人を逮捕しました。警視庁は、防犯カメラの映像が犯人逮捕につながったとして23日、小岩駅前通り美観商店街の吉田義昭会長らに感謝状を贈りました。小岩警察署の小島幸雄署長は、「安全安心の街作りにご協力頂き、犯人検挙に至ったことに感謝致します」としています。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000005854.html2009_1229_211958annlogo1

| トラックバック (0)

平田被告を14年以上かくまった元オウム女性信者が出所(23日)産経

オウム真理教の元幹部、平田信被告(48)を14年以上かくまったとして犯人蔵匿罪などに問われ、懲役1年2月の実刑が確定し服役していた元女性信者(50)が23日、栃木刑務所を出所したことが公安当局への取材で分かった。
 判決によると、元信者は平成7年の公証役場事務長仮谷清志さん=当時(68)=逮捕監禁致死事件などで平田被告が特別手配されていることを知りながら、9年5月から23年12月まで大阪府東大阪市の自宅マンションでかくまった。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130523/crm13052314050010-n1.htm

| トラックバック (0)

睡眠薬飲み、駅突っ込む 危険運転致死容疑で逮捕(23日)産経

三重県警鈴鹿署は23日、危険運転致死などの疑いで、同県大紀町、上村昇容疑者(49)を逮捕した。
 逮捕容疑は昨年12月14日午後、睡眠薬を飲んで車を運転し、同県鈴鹿市の伊勢鉄道玉垣駅の建物に突っ込み、近くにいた同県四日市市石塚町、会社員、伊部雄一朗さん=当時(33)=をはね、約16時間後に死亡させた疑い。
 県警によると、上村容疑者は「事故を起こしたのは間違いないが、原因は分からない」と供述している。
 鈴鹿署は翌15日に自動車運転過失傷害の疑いで逮捕したが、上村容疑者の意識がもうろうとしていたため、体調面を考慮していったん釈放。血液検査で睡眠薬の反応が検出されると、容疑を危険運転致死に切り替えて調べていた。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130523/dst13052320090005-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
防犯意識の高揚をflair
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130509152011

 登校途中の女子中学生を理由もなく金属バットでなぐったり、11歳の少女がいたずら気分で爆破予告をするなど、少年犯罪は見逃すことはできない状況にきている。
 今月21日には長野県飯田市の路上で登校途中の高校2年の女子生徒が金属バットで殴打された事件があり、長野県警は殺人未遂容疑で市内の18歳の無職少年を逮捕した。2人に面識がなかった。
 18日には、奈良県内の公共施設に電話で爆破予告をして現金を脅し取ろうとした11歳の少女が補導された。
 こんな子供達を産む社会に不安を感じるが、一方で東京都内では大学生を中心に防犯ボランティア団体の結成の動きが活発化しているという。
 警視庁によると、都内では現在3900を超える自主防犯団体があり約16万人が活動している。しかし20歳以下の若者が結成する団体は全体の1%にも満たない。
 そこで注目されているのが警視庁が掲げる「ピーポーズ」という若者による防犯ボランティアの結成の呼びかけだ。
 学生生活の中で、比較的防犯活動に参加をしやすい大学生などに、地域の安全・安心そして、地域の絆(きずな)づくりのために貢献してもらおうというもの。
 防災関係では地域、地域に自主防災組織があり訓練には家族が参加できたり、自治体によっては青少年の防災意識の高揚を図るための訓練などを実施しているところもある。
 しかし、防犯となると既存する防犯協会の高齢化が目立っている。そんな中で、若者の防犯意識の高揚のための組織づくりは注目すべきであろう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

三浦さん、エベレストに登頂、史上最高齢80歳の夢実現(23日)産経

Trd13052312280011n41

【プモリ・キャンプ1(ネパール)=早坂洋祐】80歳で3度目の世界最高峰・エベレスト(標高8848メートル)登頂を目指していたプロスキーヤーの三浦雄一郎さんは23日、登頂に成功した。80歳7カ月での最高齢登頂記録となった。
 登頂したのは三浦さんをはじめ、次男の豪太さん(43)、登攀(とうはん)隊長の倉岡裕之さん(5

Trd13052312280011s121

1)、撮影担当の平出和也さん(33)の日本人隊員4人と、登山をサポートした6人のシェルパたち。
 三浦さんらは23日午前2時15分(日本時間同5時半)ごろ、最終キャンプ(8500メートル)を出発。無風快晴の天候の中、午前6時40分には8700メートルの南峰まで到達。最後の難所の岩壁「ヒラリーステップ」を越え、“地球の頂点”にたどり着いた。
 三浦さんは2003年に70歳で、08年に75歳でエベレストに登頂。その後、スキー事故による骨盤骨折や持病の不整脈を乗り越え、今年3月29日に日本を発ち、エベレスト街道でトレッキングを開始。4月16日にベースキャンプに到着、5月16日から頂上アタックを始めた。その後、6カ所のキャンプを経由して頂上を目指していた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/life/news/130523/trd13052312280011-n1.htm

| トラックバック (0)

預かった1歳児に熱湯かける 容疑の男逮捕 愛知(23日)産経

知人から預かった1歳男児に熱湯をかけ、やけどをさせたとして、愛知県警蒲郡署は傷害の疑いで、同県弥富市平島東、会社員、斎藤智広容疑者(37)を逮捕、送検した。
 逮捕容疑は2月16日夕から17日夕の間、自宅で蒲郡市の知人女性(20)から預かった当時1歳8カ月の女性の次男に熱湯をかけるなどして、顔や胸に12日のやけどを負わせた疑いが持たれている。
 同署によると、斎藤容疑者は「シャワーがかかってしまった」と供述している。
 女性とは数カ月前に知り合い、これまでに数回会った仲だった。次男を預かるのは2回目で「かわいいので預かりたい」と斎藤容疑者が申し出て、16日から預かっていた。初めて預かった際には異変はなかったという。女性がやけどに気付き同署に相談した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130523/crm13052312250007-n1.htm

| トラックバック (0)

横浜で長男装い600万円詐取 70代女性被害(23日)共同

神奈川県警山手署は22日、横浜市中区の70代の女性が、長男を装った男らに現金600万円をだまし取られたと明らかにした。詐欺事件として捜査している。
 同署によると、女性宅に22日、長男を装った男から「部長から預かった小切手をなくした。いくらなら用意できるか」と電話があった。女性は金融機関で580万円を引き出し、自宅にあった20万円と合わせて計600万円を、自宅に現れた長男の部下を名乗る男に手渡した。
 自宅に現れた男は25~30歳くらいで灰色のスーツ姿。不審に思った女性が長男に連絡して被害に気付いた。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052201001976.html

| トラックバック (0)

路上で刺された新聞配達員が通報、2人重傷(23日)読売

22日午前5時15分頃、大阪市生野区新今里で、同区勝山北、新聞配達員川口修一さん(61)が「男に刺された」と110番した。
 駆け付けた大阪府警生野署員が、付近の路上で川口さんが倒れ、南西数十メートルの路上でも同区新今里、ビル清掃員越智美智子さん(63)が刺されてうずくまっているのを見つけた。同署は、文化包丁(刃渡り約12センチ)を持って越智さんのそばにいた、近くに住む韓国籍の無職男(31)を殺人未遂容疑で現行犯逮捕した。
 川口さんは腹、越智さんは腹と腰付近を刺され、重傷。
 男は調べに対し、「包丁で人を殺そうと思い、家から持ち出した。日本人なら何人も殺そうと思った」と供述しているといい、府警は無差別に通行人を襲った通り魔事件とみて、同署に捜査本部を設置。精神疾患で通院歴があり、府警は刑事責任能力の有無を調べる。

| トラックバック (0)

島根の刑務所、塀越えた文通 互いに匿名、4往復まで(23日)朝日

【西山貴章】山陰の刑務所で、塀を越えた「文通」が続いている。男性受刑者は残してきた家族への思いや将来の不安を、地元住民は社会復帰への励ましを手紙につづる。互いにペンネームで、4往復まで。「一期一会」のやりとりだ。 〈受刑者 「父親が罪を犯したら、許せますか」〉
 殺人未遂罪で懲役6年の判決を受けた香川県出身の受刑者(57)は、最初の手紙で問いかけた。相手は20代の独身女性。音信不通の自分の娘と、同年代だ。しばらくして届いた返信。和紙の便箋(びんせん)に、きちょうめんそうな字が並んでいた。
〈女性 「周りから何かと言われるかもしれない。でも、家族なので理解してあげたい。時間はかかっても、どうしてそんなことをしてしまったのか、話してほしい」〉
 部屋の引き出しに大切にしまった。作業中のミスで怒られたり、気持ちが沈み込んだりした時、取り出しては、じっと眺めている。
詳細は以下をクリック   downwardleft
http://www.asahi.com/national/update/0521/TKY201305210178.html

| トラックバック (0)

寝たきり女性に暴行加えた疑い、介護福祉士を逮捕 (23日)TBS

3年前に埼玉県春日部市の介護施設で84歳の寝たきりの女性に暴行を加えて重傷を負わせたとして、当時この施設で働いていた介護福祉士の29歳の男が警察に逮捕されました。
 傷害の疑いで逮捕されたのは埼玉県松伏町の介護福祉士、大吉崇紘容疑者(29)です。警察によりますと大吉容疑者は3年前の2月、当時勤めていた春日部市の介護施設内で、入所していた寝たきりの当時84歳の女性に対して胸やあごを殴るなどの暴行を加え、全治1か月の重傷を負わせた疑いがもたれています。介護施設ではその直後に「職員が入所者に虐待している」と、市に相談し、警察が捜査を進めていましたが、大吉容疑者は、その後も仕事を続け、最近は越谷市内の別の介護施設で働いていたということです。
 警察の取り調べに対し大吉容疑者は「イライラしたからやった」と容疑を認めているということです。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5339177.html

| トラックバック (0)

伊勢原市女性切りつけ 入院中の元夫、23日にも逮捕の方針(23日)フジテレビ

神奈川・伊勢原市で、31歳の女性が元夫に刃物で首を切られ重体となっている事件で、男は犯行前日の夜に、「あした死ぬかもしれない」などと話していたことが、新たにわかった。
31歳女性に対する殺人未遂の疑いで逮捕状が出ているのは、貞苅詩門容疑者(32)。
貞苅容疑者は21日朝、伊勢原市内の路上で、病院職員で元妻(31)の首のあたりを刃物で切るなどし、女性は重体となっている。
その後の調べで、女性は、貞苅容疑者からDV(家庭内暴力)の被害を受けたなどとして、2005年ごろ、警察に相談したり、その後、数年間シェルターに入ったりして、身を守っていたという。
一方、貞苅容疑者は、埼玉・所沢市で学習塾を経営していて、事件前日の夜も、中学生らに授業を行ったが、いつもとは様子が違っていたという。
貞苅容疑者の塾の生徒は「『2日間、何も食べてない』って言うから、買ってきたおすしを机の上に置いて、食べながら教えてた。『もうすぐ俺、死ぬかもしれない』とか言ってて。いきなり電話で、『全種類のビール買ってきて』って、先生(貞苅容疑者)のお母さんに電話入れたり。なんか、『あと50万(円)必要だから』とか、授業中でも、そういう話してて...」と語った。
貞苅容疑者は、現在入院中で、警察は、容体の回復を待って、23日にも逮捕する方針。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00246544.htmlLogo4_2

| トラックバック (0)

組員であることを隠しマンション借りた疑い 暴力団幹部ら逮捕(23日)フジテレビ

暴力団幹部の男らが、組員であることを隠してマンションを借りた疑いで、警視庁に逮捕された。
詐欺の疑いで逮捕された指定暴力団稲川会系幹部・飛田良一容疑者(58)や、組員・重松祐治容疑者(41)ら3人は、2012年7月、組員であることを隠し、重松容疑者の妻の侑子容疑者(30)の名義で、東京・新宿区内のマンションを借りた疑いが持たれている。
飛田容疑者は、「詐欺とは思わなかった」と供述している。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| トラックバック (0)

« 2013年5月22日 | トップページ | 2013年5月24日 »