« 2013年5月12日 | トップページ | 2013年5月14日 »

2013年5月13日

2013年5月13日 (月)

警察の参考人聴取でPTSD 女性が和歌山県を提訴(13日)共同

和歌山県警で参考人聴取を受けた際、夫との性生活を執拗に聞かれ、心的外傷後ストレス障害(PTSD)になったとして、大阪市の30代の女性が13日、県に1100万円の損害賠償を求め、大阪地裁に提訴した。訴状などによると、和歌山西署は昨年1月、女性の夫を強制わいせつ容疑で逮捕(後に不起訴)。女性は参考人として約3時間半、任意聴取を受け、男性刑事から性生活について聞かれた。
 女性は「強い精神的苦痛を受け、うつ状態となり、PTSDとなった」と訴えている。
 女性は担当刑事を特別公務員暴行陵虐致傷容疑で刑事告訴したが、和歌山地検は嫌疑なしの不起訴とした。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013051301001761.html

| トラックバック (0)

“牛丼1杯”で逃走、「すき家」強盗の画像公開 (13日)TBS

13日未明、川崎市の牛丼店「すき家」に押し入った強盗の画像を警察が公開しました。
 懐に手を入れた白髪の男。男は、13日午前4時ごろ、川崎市多摩区の「すき家川崎宿河原店」に客を装って訪れ、牛丼1杯を注文しました。警察によりますと、男は牛丼を食べ終えると、突然、包丁を出してレジにいる店員を脅しました。店員が外に逃げると、男はレジを物色し始めましたが、他の客が入ってきたため、男は何も取らずに自転車で逃走したということです。
 男は年齢は50歳くらいで身長はおよそ160センチ、黒いシャンパーに白いズボン姿でした。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5330984.html

| トラックバック (0)

来日外国人へのビザ、198万件…46・5%増(13日)読売

外務省は13日、2012年に日本の在外公館が来日を希望する外国人に発給した査証(ビザ)の件数が、前年比46・5%増の198万6539件となったと発表した。
 東日本大震災前の10年(188万5584件)を上回り、同省は「震災による外国人観光客の落ち込みは解消した」としている。経済発展が続くタイなど東南アジア諸国での発給件数が好調だった。
 国別に見ると、トップは111万2407件の中国。以下、タイ(22万8528件)、マレーシア(11万5348件)――の順となった。ただ、中国は11年の74万2982件に比べ約5割増だが、12年9月の尖閣諸島の国有化による日中関係の悪化を受け、同年10~12月の発給件数は11年の半分以下に減少した。

| トラックバック (0)

「『ごめん』と言って刺した」男を緊急逮捕 大阪・泉大津(13日)産経イザ

知人男性を刺し、重傷を負わせたとして、大阪府警泉大津署は13日、殺人未遂容疑で、大阪府泉大津市我孫子、会社員、益井智志容疑者(20)を逮捕した。同署によると、益井容疑者は「『ごめん』と言って刺した」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、13日午前2時ごろ、同市板原町の駐車場に停車した乗用車内で、同市に住む知人男性(20)の左胸を包丁で刺し、重傷を負わせたとしている。
 午前4時半ごろ、駐車場近くの住民から「駐車場で車のクラクションが鳴っている」と110番があり、駆けつけた同署員が、運転席内で血まみれで倒れていた男性を発見。男性が益井容疑者の名前を挙げたため、自宅にいた益井容疑者を任意同行し、逮捕した。同署で詳しい動機を調べている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| トラックバック (0)

ブラザー・コーンさんの元マネジャーら逮捕 芸能プロ経営者脅した疑い(13日)産経

仕事上のトラブルをめぐり芸能プロダクションを経営する男性(38)を脅したとして、警視庁四谷署は、暴力行為処罰法違反の疑いで、東京都港区白金、芸能マネジャー、立原木太郎(47)と荒川区南千住、無職、山下英士(65)の両容疑者を逮捕した。同署によると、いずれも容疑を認めている。
 立原容疑者は歌手のブラザー・コーンさんの元マネジャーで、トラブルを起こし昨年5月に解雇されていた。男性の名前を勝手に使ってテレビ局などで営業活動をしており、男性からそのことをとがめられると立腹、知人の山下容疑者に男性を脅すよう依頼したという。
 逮捕容疑は昨年9月15日、目黒区内のホテルで、山下容疑者が暴力団員であるかのように装い、男性を脅したとしている。
 立原容疑者は報酬として山下容疑者に100万円を渡すと約束していたという。男性が昨年11月、同署に被害届を提出していた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130513/crm13051316020009-n1.htm

| トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(13、14日単位・レベル)
警察署協議会の意見を
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130513102628

 また「不作為」が問われる不祥事が起きてしまった-
 「人を殺してしまうかもしれない(自分を)留置場に入れてほしい」と訪れた男を「危険性なし」と判断。帰宅させた結果、隣人の60歳の女性を包丁で刺し、殺害しようとしたとして61歳の男が埼玉県警に逮捕された。
 犯人の男が相談に訪れたのは大宮西署。事件のあった5月6日とそれ以前の4月17日にも訪れている。17日には「隣人が低周波を送ってくる。警察で取り締まってほしい」と相談したという。
 1回目の「…低周波…」は明らかに精神的に病んでいると見るべきだ。隣人問題でこの手の人物は、一番危険な人物として扱わなければならない。少なくても現場を聞き込みし、周辺状況によっては「引っ越し」を勧めることも必要だ。最低でもその人物周辺の状況を把握するのが警察活動の常識。
 そしてこれらの情報は近隣の交番を含めて関係部署が共有して注意喚起は当然。パトロールの強化なども実施すべきである。
 しかも今回は時間差のある2度の相談。「自分を留置所にいれろ」は「赤信号」。4月の相談と合わせれば、対象隣人の保護に走るべきである。
 警察は全て結果が問われる。埼玉県警と言えば、ストーカー規制法の法制定の切っ掛けとなった桶川ストーカー事件がある。この事件も、何度も相談を受けたのにも関わらず適切な対処をせず、いわば〝不作為〟が問われ、平成12年7月には警察刷新会議から、「積極介入」の緊急提言を受けている。
 同県警は、「検証をしたい」と言っているが、警察だけで検証するのではなく、緊急提言で全国の警察に設置された警察署協議会(民間人有識者)の意見を十分取り入れるべきである。協議会は飾りではない。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

交番相談員の元巡査部長逮捕 総社署、飲酒検知を妨害の疑い(13日)共同

総社署は12日夜、公務執行妨害の疑いで、元岡山県警巡査部長で、倉敷署の交番相談員松本秀喜容疑者(60)=総社市小寺=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は同日午後10時55分ごろ、飲酒トラブルで任意同行された総社署で、男性署員からアルコール検知を求められた際、検知管を手で折り職務を妨害した疑い。「折っていない」と容疑を否認している。
 県警によると、松本容疑者は倉敷駅前交番で勤務後、午後6時ごろから複数の飲食店に立ち寄り酒を飲んだ。総社市の店で客の男性会社員(28)と口論になり、同10時すぎ、110番で総社署員が駆け付け、事情聴取中だった。逮捕後、呼気1リットル中0・55ミリグラムのアルコールを検出。男性を平手で殴ったとの証言もあり、暴行容疑でも調べる。
 松本容疑者は今春、玉島署地域課の巡査部長を定年退職後、4月から非常勤の交番相談員として地理案内や被害届の受理を担当。勤務態度は真面目だったという。
 県警の田村啓次警務課長は「誠に遺憾。捜査の結果を踏まえた上で厳正に対処する」とコメントした。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013051311590211/

| トラックバック (0)

不審火:軽トラの後輪燃える 愛知・幸田(13日)毎日

12日午後8時35分ごろ、愛知県幸田町野場白石、会社員、矢野幸広さん(36)方の駐車場で、止めていた軽トラックの右後輪付近が燃えているのを、通りがかった女性が見つけた。近所の人が消火し、けが人はなかった。県警岡崎署は、火の気がないことから、不審火として捜査している。
 隣接する同県岡崎市で今年2月から車庫のタイヤなどが燃える不審火が続いており、同署が関連を調べている。【森有正】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130513k0000e040175000c.html

| トラックバック (0)

殺人ほのめかした男が隣人刺す、埼玉県警謝罪 (13日)TBS

埼玉県警が殺人をほのめかした男をそのまま帰宅させ、男がその直後に隣の家に住む女性を包丁で刺して重傷を負わせていたことが分かりました。埼玉県警は女性の家族に謝罪しました。
 さいたま市の無職・佐藤武広容疑者(61)は今月6日、隣の家に侵入し、外に逃げた女性(60)を包丁で刺し、1か月の重傷を負わせたとして殺人未遂の疑いで逮捕されました。
 佐藤容疑者は事件の4時間ほど前に最寄の大宮西警察署を訪れ、対応した警察官に「隣人から低周波を出されている。殺してしまうかもしれない。留置場に入れてほしい」と伝えていましたが、警察は、態度や口調から危険性はないと判断、男性の親族に連絡して、引き渡していました。
 埼玉県警は11日、女性の家族に謝罪、「被害者の安全を図るため今後どう対応すべきなのかを含め、検討していく」とコメントしています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5330716.html

| トラックバック (0)

改造拳銃85丁などを自宅に隠し持つ 熊本市の会社経営者逮捕(13日)フジテレビ

Sp2013051323_531

改造拳銃85丁などを、およそ50年にわたって自宅に隠し持っていた疑いで、熊本市の食品会社経営の男が、警視庁に逮捕された。
銃刀法違反の疑いで逮捕された、熊本市の食品会社「マルキン食品」の会長・吉良元雄容疑者(73)は、2013年2月、熊本市の自宅で、改造拳銃85丁などを違法に所持していた疑いが持たれている。
吉良容疑者は調べに対し、「大学生の時、西部劇を見たのがきっかけで、モデルガンを集めて、自宅で改造していた」などと、容疑を認めているという。
警視庁によると、吉良容疑者は、自宅で改造拳銃を撃っていて、自宅からは、銃身など本物の拳銃の部品も押収されたという。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245891.html

| トラックバック (0)

建設現場で鉄パイプ10本が落下、男性作業員死亡 東京・渋谷区(13日)フジテレビ

13日午後0時すぎ、東京・渋谷区のマンション建設現場で、クレーンでつり上げていた鉄パイプ10本が10メートル下に落下して、男性作業員が死亡した。
近所の人は「足場が崩れるような感じの、ガチャガチャガチャンというような形の音がした」と話した。
午後0時10分ごろ、渋谷区上原のマンション建設現場で、クレーン車で鉄パイプ10本をつり上げていたところ、10メートルの高さから落下し、下にいた64歳の男性作業員の頭にぶつかった。
男性は、病院に搬送されたが、死亡が確認された。
警視庁によると、男性は当時休憩中で、ヘルメットはかぶっていなかったという。
警視庁は、業務上過失致死の疑いで、事故の原因をくわしく調べている。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| トラックバック (0)

英語で励ました女性警官、遭難外国人から礼状(13日)読売

201305112064281n1

静岡県下田市内で4月、海沿いの断崖に迷い込んだスイス人男性(48)から、「救助を待つ間、携帯電話を通じて英語で励ましてくれた」として、下田署の女性巡査長に国際郵便で感謝の手紙が届いた。
 手紙を受け取ったのは同署警務課の横山唯巡査長(25)。英語が堪能で、取り調べの際に通訳をする県警の英語通訳要員を兼務している。
 同署によると、男性は観光のため一人で来日。4月14日午後、宿泊予定の同市内のホテルに到着後、海岸へ散歩に出かけたが、帰りに近道をしようとして道に迷った。同6時半過ぎにホテルや男性の知人から通報を受けた同署は、すぐに捜索を行ったが、断崖近くだったこともあり、夜間の捜索や電話での誘導は危険と判断。男性と連絡が付いた同10時頃、当直勤務だった横山巡査長が約20分間直接会話し、居場所を動かないように念を押しつつ「必ず救助する」と励ました。
 男性は15日朝、県警のヘリコプターで無事救出された。17日には同署を訪ね、横山巡査長らに「迷惑を掛けて申し訳なかった。特に通訳の女性には勇気づけられた」と感謝の意を伝えた。
 さらに27日、帰国した男性から、チョコレートや絵はがきとともに、感謝の気持ちがつづられた手紙が改めて届いたという。
 横山巡査長は「携帯電話を通じた会話は聞き取りづらかったので、大事なことはゆっくりと確実に伝えながら、励まそうと思った。英語で役に立ててうれしい」と話していた。

| トラックバック (0)

母の日パレードで発砲、19人負傷…米南部(13日)読売

【ニューヨーク=吉形祐司】AP通信など米メディアによると、米南部ルイジアナ州ニューオーリンズで12日午後(日本時間13日未明)、母の日のパレードの最中に複数の発砲があり、10歳の子供2人を含む19人が負傷した。地元警察は、現場から走り去った不審な3人の行方を追っている。
 犯行の目的などは不明で、特定の人物を狙った発砲なのか、乱射なのかはわかっていない。テロの疑いはないという。パレードは、地元のグループが計画した小規模なものだが、発砲が起きた時には見物人も含めて約400人が現場にいたという。

| トラックバック (0)

ひったくり最多、女子力で返上狙え リボン形カバー開発(13日)朝日

 全国最多のひったくり対策に取り組む大阪府警の依頼で、通販大手・千趣会が、ピンク色の自転車の前かごカバーを開発した。被害が多い20代女性向けだ。
 フック式で付け外ししやすく、折りたたむとリボン形になってバッグのアクセサリーに。千趣会が20代女性社員ら30人の知恵を集め、1年かけて作った。
 11日に大阪・梅田のグランフロント大阪で配ると「かわいい」と好評。ベルメゾンネットでも690円で売る。府警幹部は「女子力を汚名返上に役立てたい」。

Logo2_2 http://www.asahi.com/national/update/0512/OSK201305120010.html

| トラックバック (0)

元警視庁巡査部長を逮捕 東京・昭島の女子高生連れ去り未遂の疑いで (13日)産経

東京都昭島市で4月、女子高校生(15)が警察手帳のようなものを示した男に連れ去られそうになった事件で、警視庁捜査1課は13日、未成年者略取未遂の疑いで、元警視庁巡査部長、大村弘一容疑者(32)=昭島市緑町=を逮捕した。捜査1課によると、「身に覚えがない」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は、4月15日午前7時40分ごろ、昭島市内で、自転車で登校中の高校1年の女子生徒に警察手帳のようなものを示し、「近くで犯罪があった。話を聞かせてほしい」などと声をかけ、女子生徒を車で連れ去ろうとしたとしている。
 捜査1課によると、女子生徒は一度車に乗った後、不審に思って降りようとした。さらに、大村容疑者に車内に押し込まれそうになったが、近くにいた通行人に助けを求めて無事だった。大村容疑者はそのまま車で逃走したが、車両の目撃情報などから関与が浮上した。
 大村容疑者は平成13年に警視庁に入庁。第5機動隊分隊長を務めたが、今年3月に「一身上の都合」を理由に退職していた。警察手帳は退職時に返却されており、捜査1課は犯行に使われた手帳が偽物だったとみて調べている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130513/crm13051310190002-n1.htm

| トラックバック (0)

「母さん助けて詐欺」定着するか 振り込めも併用継続(13日)朝日

 「振り込め詐欺」の新たな名称を公募していた警視庁は12日、最優秀作の「母さん助けて詐欺」など3点を発表した。優秀作の「ニセ電話詐欺」「親心利用詐欺」とともに啓発ポスターなどで使い、周知していくが、「振り込め」も併用していくという。
 東京・銀座の歌舞伎座であった発表イベントで西村泰彦警視総監は「普段から親子で話をして、『母さん助けて詐欺』に遭わないように意思疎通を図ってください」と呼びかけた。
 「振り込め詐欺」という名称は、2004年に警察庁が決めた。「オレオレ詐欺」と呼んでいた被害が03年に急拡大したが、手口を見ると「架空請求詐欺」などへ多様化していたためだ。しかし、近年は犯人が被害者のもとへ金を直接受け取りに行く手口が急増。名称が実態に合わないとして警視庁が3月に公募に乗り出した。
詳細は以下をクリック downwardleft
http://www.asahi.com/national/update/0512/TKY201305120141.html

| トラックバック (0)

おぼれた男児、通りがかりのお巡りさんが救う 大阪(13日)朝日

12日午後2時26分ごろ、大阪府寝屋川市石津元町の水路(幅7メートル、水深1メートル)で、溺れていた市内在住の小学1年男児(6)を、通りかかった寝屋川署地域課寝屋川市駅前交番勤務の男性巡査部長(49)が救助した。男児にけがはなかった。
 寝屋川署によると、男児は1人で、高さ1・25メートルのフェンスを乗り越えて水路側に行き、斜面から亀などを見ていたところ、足を滑らせて転落したという。
 巡査部長は、別件の110番通報を受けて現場に自転車で向かう途中、近くにいた人から「人が溺れている」と聞き、水路に駆けつけた。ネクタイの端をフェンスに結び、もう一方の端をつかんで腹ばいになって水面に手を伸ばし、男児の手首をつかんで引き上げたという。

Logo2

http://www.asahi.com/national/update/0513/OSK201305120156.html

| トラックバック (0)

住宅で住人とみられる男性死亡 死後長期間経過か 茨城・古河市(13日)フジテレビ

茨城・古河市の住宅で、住人とみられる男性が死亡しているのが見つかった。
12日午後2時ごろ、茨城・古河市の住宅で、この家に住む五十嵐 博康さん(85)とみられる男性が居間のこたつの中で死亡しているのを、巡回連絡で訪れた警察官が発見した。
遺体は死後、長期間たっているとみられていて、外傷などもないことから、警察は五十嵐さんと同居している53歳の長男からくわしい話を聞いている。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245869.html

| トラックバック (0)

茨城・筑西市で女子高校生が頭を殴られけが(13日)テレビ朝日

茨城県筑西市の路上で、女子高校生が何者かに頭を殴られ、けがをしました。警察は傷害事件として捜査しています。
 警察によりますと、12日午後10時ごろ、筑西市に住む17歳の女子高校生が、JR下館駅近くの路上で何者かに背後から頭を殴られました。犯人は現場から立ち去り、女子高校生は下館駅に駆け込み、駅員が119番通報しました。女子高校生は頭に全治1週間の軽傷を負いました。事件当時、友人の家から帰宅する途中で、「殴られたショックで、何も見ていない」と話しているということです。現場は、街灯はあるものの人通りは少なく、これまでのところ目撃者もいないということです。警察は傷害事件として捜査しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000005162.html

| トラックバック (0)

酔って小学校侵入容疑、米兵逮捕 神奈川・逗子(13日)産経

神奈川県警逗子署は12日、小学校に侵入したとして建造物侵入の疑いで、米海軍横須賀基地(同県横須賀市)の2等兵曹クリストファー・マーフィー容疑者(23)=自称、同市坂本町=を現行犯逮捕した。
 逮捕容疑は、同日午後7時25分ごろ、同県逗子市の市立久木小学校1階正面玄関のガラス扉を割って侵入したとしている。
 同署によると、小学校の警報装置が鳴って警察官が駆けつけ、酒に酔って2階の教室で寝ていたマーフィー容疑者を取り押さえた。イージス駆逐艦ステザムの乗組員とみられ「道に迷い、寒かった」と供述している。
 ガラス扉は、玄関付近に積まれた土のうを投げ付けて割ったとみられる。校舎内は無人だった。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130513/crm13051301100000-n1.htm

| トラックバック (0)

« 2013年5月12日 | トップページ | 2013年5月14日 »