« 市職員刺され重傷 兵庫・加古川 生活保護相談後の男に(18日)朝日 | トップページ | 警視庁:ピーポくん、26歳に(18日)毎日 »

2013年4月18日 (木)

警視庁ツイッター、軽妙なつぶやきで人気に(18日)読売

「本日はノー超勤デー。などと言いながら超過勤務しております」。
 振り込め詐欺など身近な犯罪への注意を呼び掛けるため、警視庁の犯罪抑止対策本部が始めた簡易投稿サイト「ツイッター」が、親しみを感じさせるつぶやきで人気を集めている。
 堅いイメージとのギャップが受け、フォロワー(閲覧者)は開始から半年で2万8000人を超え、官公庁の中では異例の多さになっている。
 対策本部が、ツイッターを始めたのは昨年11月。犯罪の手口分析を担当している40歳代の男性警察官が書き込みを担当。東京都内で起きたばかりの振り込め詐欺や子供への声かけ、ひったくりの発生状況、被害に遭わないためのアドバイスが柱だった。ただ、上司から「それだけではつまらない」と言われ、約2週間後から、日常の出来事をつぶやくようになった。
 「お土産の薄皮まんじゅうをいただきました。つぶあん派です。お茶は、カモミールです」「庁舎に入るとき、電車の定期券を出していました。定期券で庁舎には入れません」
 失敗談を交えた軽妙なつぶやきにフォロワーが増え、ネット上では「公僕ツイッター界のカリスマ」などと呼ばれるようになった。
 一方、「軽すぎるのではないか」などとした批判も寄せられるようになり、担当者は、開始4か月後の3月4日、「本職のつぶやきですが、本日をもって終了します」と、一度は断筆を宣言した。しかし、書き込みやメールで「もったいない」との声が相次ぎ、同庁は組織として男性警察官をバックアップするため、「日常の経験や感想を書き込むことができる」とする公式ツイッターの運用方針を新たに定め、4日後につぶやきを再開させた。

« 市職員刺され重傷 兵庫・加古川 生活保護相談後の男に(18日)朝日 | トップページ | 警視庁:ピーポくん、26歳に(18日)毎日 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57198656

この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁ツイッター、軽妙なつぶやきで人気に(18日)読売:

« 市職員刺され重傷 兵庫・加古川 生活保護相談後の男に(18日)朝日 | トップページ | 警視庁:ピーポくん、26歳に(18日)毎日 »