« パチンコ店で2千万円強奪 強盗致傷容疑で2人組追う(7日)産経 | トップページ | ★警官に重傷負わせた疑い、ナイジェリア人2人逮捕 (7日)TBS »

2013年4月 7日 (日)

野生生物の違法取引 罰金1億円に(7日)NHK

絶滅のおそれがある野生生物を違法に取り引きするケースが後をたたないことから、環境省は罰金の上限を現在の100倍にあたる1億円に引き上げることなどを盛り込んだ種の保存法の改正案をいまの国会に提出する方針を固めました。

絶滅のおそれがある野生生物を巡っては、「種の保存法」で捕獲や売買が原則、禁止されていますが、環境省によりますと、違法な取り引きを行ったとしてペット業者などが摘発されるケースが相次いでいるということです。
現在の法律では違法な取引を行って摘発された場合、法人で100万円以下の罰金、個人で1年以下の懲役、または100万円以下の罰金と定められていますが、専門家の間からは罰則が甘く、抑止力になっていないという指摘が出ていました。
このため、環境省は法人については罰金の上限を今の100倍にあたる1億円以下に厳しくしたほか、個人についても5年以下の懲役、または500万円以下の罰金とした「種の保存法」の改正案をまとめ、今の国会に提出する方針を固めました。
また、絶滅のおそれのある国内の野生生物3500種余りのうち、法律では捕獲などを禁止しているのが90種にとどまっていることから、環境省は2020年までに指定する種300を追加したいとしています。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130407/k10013732661000.html

News_pic1

« パチンコ店で2千万円強奪 強盗致傷容疑で2人組追う(7日)産経 | トップページ | ★警官に重傷負わせた疑い、ナイジェリア人2人逮捕 (7日)TBS »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野生生物の違法取引 罰金1億円に(7日)NHK:

« パチンコ店で2千万円強奪 強盗致傷容疑で2人組追う(7日)産経 | トップページ | ★警官に重傷負わせた疑い、ナイジェリア人2人逮捕 (7日)TBS »