« 痴漢で罰金の元教員、「免職重すぎ」と逆転判決(12日)読売 | トップページ | 渋滞の列にトレーラー、1人死亡 愛知の伊勢湾岸道(12日)共同 »

2013年4月12日 (金)

元Jリーガー逮捕…中2男子蹴られ両腕骨折(12日)読売

サッカーの指導中に選手を蹴り、重傷を負わせたとして、岐阜県警は11日、同県大垣市藤江町、元Jリーガーで少年サッカーチーム「FCアルマ大垣」監督の西脇良平容疑者(33)を傷害容疑で逮捕した。
 発表によると、西脇容疑者は今月4日午後0時半頃、同県各務原市上中屋町の陸上競技場付近の空き地で、同チームに所属する大垣市の中学2年の男子生徒(13)を蹴るなどし、両手の前腕部の骨を折る重傷を負わせた疑い。西脇容疑者は容疑を認め、「指導の一環だった」と供述しているという。
 チームは合宿中で、4日は同競技場で練習試合をしており、蹴ったのは1試合終了後の休憩時間だったという。生徒は同日夕、大垣市内の病院で診察を受けたところ、骨折が判明した。
 県警には他の選手も暴行を受けていたとの情報が寄せられているといい、今後、選手や保護者らから詳しく事情を聞く。
 西脇容疑者は1997年から2002年まで、ジェフユナイテッド市原(現・ジェフユナイテッド千葉)などでプレー、99年にはU―20(20歳以下)日本代表に選出。05年に引退した後、06年3月に大垣市でFCアルマ大垣を設立して監督となり、09年6月には全日本少年サッカーの県大会で初優勝した。

« 痴漢で罰金の元教員、「免職重すぎ」と逆転判決(12日)読売 | トップページ | 渋滞の列にトレーラー、1人死亡 愛知の伊勢湾岸道(12日)共同 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元Jリーガー逮捕…中2男子蹴られ両腕骨折(12日)読売:

« 痴漢で罰金の元教員、「免職重すぎ」と逆転判決(12日)読売 | トップページ | 渋滞の列にトレーラー、1人死亡 愛知の伊勢湾岸道(12日)共同 »