« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 麻薬取締官に捜査権限など脱法ドラッグ対策強化 改正法案提出(23日)産経イザ »

2013年4月23日 (火)

★警官発砲、無罪確定へ 栃木市内の中国人死亡(23日)産経

栃木県で平成18年、職務質問中に抵抗した中国人男性に拳銃を発砲して死なせたとして、特別公務員暴行陵虐致死罪に問われ一、二審で無罪判決を受けた同県警の巡査部長、平田学被告(37)について、最高裁第2小法廷(鬼丸かおる裁判長)は、検察官役の指定弁護士の上告を棄却する決定をした。無罪が確定する。決定は22日付。
 事件は18年6月23日に発生。二審判決などによると、鹿沼署駐在所勤務の巡査だった平田被告が、栃木市内の路上で元研修生の羅成さん=当時(38)=を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕しようとしたが抵抗され、拳銃を発射。腹に命中させ死亡させた。
 指定弁護士側は「警棒や威嚇射撃などで対処できた」と主張したが、一審宇都宮地裁は、男性が石灯籠の一部を頭に向かって振り下ろそうとしたためやむを得ず発砲したとして、正当防衛の成立を認定。二審東京高裁も支持した。
flairつぶやきannoy 当たりまえだのクラッカー。指定弁護士は青法協だろう。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130423/trl13042320140006-n1.htm

Msn_s1_4

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 麻薬取締官に捜査権限など脱法ドラッグ対策強化 改正法案提出(23日)産経イザ »

裁判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57233815

この記事へのトラックバック一覧です: ★警官発砲、無罪確定へ 栃木市内の中国人死亡(23日)産経:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 麻薬取締官に捜査権限など脱法ドラッグ対策強化 改正法案提出(23日)産経イザ »