« 海で発見の男性2遺体、北朝鮮の貨物船乗船者か(30日)読売 | トップページ | 他候補批判で都知事「イスタンブールは好きな都市」 五輪招致(30日)産経イザ »

2013年4月30日 (火)

暴排条例3年…暴力団、初の6万人台に減少 偽装離脱を警戒(30日)産経

罰則が規定された暴力団排除条例が平成22年4月に福岡県で全国で初めて施行されてから、3年が経過した。同様の条例は23年10月までに全国で整備され、かつて10万人以上だった暴力団勢力は、条例に基づく警察の活動などで、24年に統計上初めて6万人台に減少した。ただ、警察庁幹部は「偽装離脱も考えられ、取り締まりを緩めることはない」と警戒を強めている。
 ■強まる風当たり 「久しぶりに出所したら、社会全体の風当たりが大きく変わってしまって驚いた」。暴力団同士の対立抗争事件で実刑判決が確定して刑務所に服役し昨年、約10年ぶりに出所したある指定暴力団幹部は厳しい表情をみせた。
 厳しい風当たりについて、暴力団幹部は「暴排条例が大きい」と認める。条例は一般市民や企業による暴力団との交際などを禁じ、悪質な違反は企業名などが公表され罰則が適用されるケースも。暴力団幹部は「一般の人と喫茶店でお茶も飲めない」と話す。
 条例による取り締まりだけでなく、警察当局は各業界団体に高額商品の売買などの契約の際に反社会的勢力に属していないことを確認する約款を客と交わすことを要請。暴力団幹部は「車を買えないことに驚いたし、何より銀行口座を作れず困った」と様変わりした環境を振り返る。
 一般社会に暴排意識が高まった要因について、警察庁幹部は「九州北部で続発した事件が大きい。嫌悪感が高まった」と強調する。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130429/crm13042922420014-n1.htm

« 海で発見の男性2遺体、北朝鮮の貨物船乗船者か(30日)読売 | トップページ | 他候補批判で都知事「イスタンブールは好きな都市」 五輪招致(30日)産経イザ »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57277205

この記事へのトラックバック一覧です: 暴排条例3年…暴力団、初の6万人台に減少 偽装離脱を警戒(30日)産経:

« 海で発見の男性2遺体、北朝鮮の貨物船乗船者か(30日)読売 | トップページ | 他候補批判で都知事「イスタンブールは好きな都市」 五輪招致(30日)産経イザ »