« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 特殊警棒を隠し持った大阪市職員を書類送検(9日)産経 »

2013年4月 9日 (火)

「買え買え詐欺」後を絶たず 巧妙な役割分担で「劇場型勧誘」 昨年の被害相談6500件(9日)産経

外貨購入やエネルギー事業、震災復興などさまざまな名目で投資話などを持ち掛けられ、金をだまし取られる詐欺被害が後を絶たない。役割の異なる複数の人物から入れ替わり連絡が入り、甘言にのせようとする「劇場型勧誘」で、国民生活センターはこうした事件を「買え買え詐欺」と命名、注意を呼びかけている。「リスクがないと思い込んでしまった…」。被害者の証言から、巧妙で悪質な手口が浮かぶ。
突然の勧誘
 滋賀県近江八幡市の男性(72)は昨年4月、聞き慣れないアフリカ・スーダン共和国の通貨「スーダンポンド(SP)」を買わされ、420万円をだまし取られた。 
端緒は前月にあった。「『わかば貿易販売』という会社からSPの購入申込書が届いたら譲って」。証券会社の社員などを名乗る複数の人物から、唐突にこんな電話が相次ぎ、間もなく「わかば貿易販売」から購入申込書が届いた。添付のパンフレットには「発展が約束された国スーダン」などと、夢のふくらむ文言が並んでいた。
 その後、わかばの社員を名乗る男から電話があり「経済産業省の独立行政法人である弊社だけが、SPの取り扱いを許可されている」と説明を受けた。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130409/crm13040920330009-n1.htm

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 特殊警棒を隠し持った大阪市職員を書類送検(9日)産経 »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57139838

この記事へのトラックバック一覧です: 「買え買え詐欺」後を絶たず 巧妙な役割分担で「劇場型勧誘」 昨年の被害相談6500件(9日)産経:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 特殊警棒を隠し持った大阪市職員を書類送検(9日)産経 »