« 「偽サイト」?相談相次ぐ 携帯電話などの閲覧用か(12日)産経 | トップページ | 国交省“北ミサイル発射”誤送信 全国管制機関に(12日)テレビ朝日 »

2013年4月12日 (金)

記者がメールサイト入る 遠隔操作の取材で共同通信(12日)産経

パソコン遠隔操作事件を取材していた共同通信(東京都港区)の記者が昨年10~11月、犯行声明を弁護士らに送り付けた人物が利用したとみられるウェブメールのサイトで、メールアドレスとパスワードを入力し、送受信の記録などを複数回見ていたことが11日、社内調査で分かった。
 パスワードは犯行声明の内容をヒントに類推した文言を入力、偶然アクセスできた。真犯人につながる情報はなく、配信記事には最終的に反映しなかった。
 形の上では法律に抵触する可能性がある。共同通信の吉田文和編集局長は「真犯人に近づく目的だったが、取材上、行き過ぎがあったとみている。厳正に指導する」としている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130412/crm13041200200000-n1.htm

« 「偽サイト」?相談相次ぐ 携帯電話などの閲覧用か(12日)産経 | トップページ | 国交省“北ミサイル発射”誤送信 全国管制機関に(12日)テレビ朝日 »

マスコミ関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57155396

この記事へのトラックバック一覧です: 記者がメールサイト入る 遠隔操作の取材で共同通信(12日)産経:

« 「偽サイト」?相談相次ぐ 携帯電話などの閲覧用か(12日)産経 | トップページ | 国交省“北ミサイル発射”誤送信 全国管制機関に(12日)テレビ朝日 »