« 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月22日 »

2013年4月21日

2013年4月21日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(21、22日単位・レベル)
警察庁が新方針
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130415154626

 ストーカー殺人事件が起きる度に後日報道されるのが「警察に相談していた」-
 平成23年に長崎県西海市で母とその娘が殺害された事件の犯人は27歳の三重県の男。被害者の娘さんは千葉県習志野市に住んでおり、警察に相談していた。翌年に神奈川県逗子市で33歳の女性が殺害されたストーカー事件でもやはり相談していたとが明らかになっている。
 問題はなんなのか?答えはひとつ。
 「ストーカーの凶暴度が個人により大きな差があり、警察が相談の段階でそれを見抜けなかった」からだ。
 平成24年のストーカーの認知件数は1万9920件で法制定以来最悪の数字。その対応で最も多かったのは被害防止措置の教示など「本部長の援助」で4485件。次いで「ストーカーに対する警告」が2284件と続き検挙は351件だった。殺人など凶悪な事件はこの中で「援助」や「警告」の段階で起きることが多い。
 そこで、このほど警察庁が打ち出したのが、ストーカーの「危険度判定チェックリスト」だ。
 毎日新聞によると、凶悪事件を起こす恐れのある人物を迅速に見分けるためのチェックリストを作成して今年度中に全国の警察が導入するという。
 被害者と加害者双方の言動などから危険度を見極めて、精神治療が必要な場合は専門家に診て貰い事件の未然防止に役立てたいというのだ。期待しましょう。 
 首都東京の体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
  

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| トラックバック (0)

茨城県で市民マラソン ボストン爆弾テロの影響で警備態勢強化(21日)フジテレビ

茨城県で21日、市民マラソンが開催されているが、ボストンで起きた爆弾テロ事件の影響を受けて、機動隊員を配備するなど、例年より警備態勢が強化されている。
2013年の「かすみがうらマラソン」では、ボストンマラソンを狙った爆弾テロ事件翌日の4月16日から、会場周辺の警備が始められ、警備にあたる人数も増員されたという。
また21日は、警察から機動隊員も派遣され、不審者や不審物の警戒を実施している。
21日はこのほかに、長野県や福井県などでも市民マラソンが行われていて、テロを警戒した警備態勢が敷かれているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00244540.html

| トラックバック (0)

東京・町田市でコンビニ強盗、4万円奪う(21日)TBS

21日未明、東京・町田市のコンビニエンスストアに刃物を持った男が押し入り、現金およそ4万円を奪って逃げました。
 午前2時40分ごろ、町田市三輪町の「スリーエフ町田三輪店」に男が押し入り、店長の男性(37)に果物ナイフのような刃物を突きつけ、「金を出せ、早くしろ」と脅しました。店長がレジから現金が入ったトレイを引き出し、カウンターに置いたところ、男は中から現金およそ4万円を奪って逃走しました。店長にけがはありませんでした。
 男は40代くらい、身長165センチほど、黒い帽子にサングラスとマスク姿だということです。警視庁は強盗事件として行方を追っています。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5312318.html

| トラックバック (0)

FBI、11年に容疑者を聴取 米爆弾テロ(21日)日テレ

アメリカ・ボストンの爆弾テロ事件で、事件発生から5日目の20日、容疑者2人のうち逃走を続けていた男が、銃撃戦の末に身柄を拘束された。容疑者の男は重傷で、病院で手当てを受けている。
 身柄を拘束されたのは、FBI(=米連邦捜査局)が爆弾テロ事件の実行犯として行方を追っていた容疑者2人のうちの1人、ジョハル・ツァルナエフ容疑者(19)。ジョハル容疑者は、兄のタメルラン容疑者とともに逃走を続けていたが、現地時間19日午後7時頃、ボストン近郊の民家の裏庭に置かれていたボートの中に身を潜めていたところを発見され、警察官と銃撃戦になった。撃ち合いの末に拘束されたジョハル容疑者は重傷を負っており、病院に搬送されたが、現地メディアによると、命に別条はないという。
 一方、ジョハル容疑者の拘束とタメルラン容疑者の死亡を知らされた、ロシアに住む2人の母親は「タメルランが宗教に傾倒したのは5年ほど前。でも、『聖戦』など口にしたことはない」と語った。
詳細は以下をクリック downwardleft
http://www.news24.jp/articles/2013/04/21/10227190.html

| トラックバック (0)

「駅に爆弾」とウソ電話、さらに通行人殴った男(21日)読売

神奈川県加賀町署は20日、自称横浜市中区、アルバイト小川直之容疑者(34)を暴行容疑で現行犯逮捕した。
 発表によると、小川容疑者は同日午前11時25分頃、同区日本大通の歩道で、東京都の男子大学生(20)の右足を蹴るなどした疑い。
 直前に近くの公衆電話から「関内駅と石川町駅に爆弾をしかけた」と110番があり、公衆電話に駆けつけた同署員が、暴行事件を見かけて取り押さえた。小川容疑者は「むしゃくしゃして、ウソの電話をかけ、通行人を殴った」と供述しているという。

| トラックバック (0)

ひき逃げか、新聞配達中の女性が路上で死亡 大阪・枚方(21日)朝日

21日午前3時55分ごろ、大阪府枚方市東田宮1丁目の市道で、朝日新聞販売所・ASA枚方のアルバイト従業員東川楊子さん(57)が倒れているのを通行人の男性が見つけ、110番通報した。東川さんは搬送先の病院で死亡が確認された。府警はひき逃げ事件とみて捜査している。 枚方署によると、現場は片側1車線の直線。東川さんは自転車で新聞配達中だったといい、自転車とともに車道に倒れていた。自転車には車が接触したような跡があったという。

Logo2_2 http://www.asahi.com/national/update/0421/OSK201304210005.html

| トラックバック (0)

殺人未遂容疑:乳児を救急搬送 通報の母から事情聴く(21日)毎日

20日午後4時20分ごろ、福岡市城南区東油山3の油山団地で、住人の女性(43)から「4カ月の息子の呼吸が苦しそうだ」と119番があった。男児は救急車で市内の病院に搬送され、低酸素状態だったが目立った外傷はなく、命に別条はないという。女性は殺意をほのめかす供述をしているといい、福岡県警早良署は殺人未遂容疑で事情を聴いている。
 同署によると、団地の女性宅にいたのは女性と男児のみで、女性の夫は仕事で不在だった。午後6時半ごろ、男児が搬送された病院から署に「母親が『取り返しのつかないことをした』と話している」と連絡があったため、女性を署まで任意同行したという。【黒澤敬太郎】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130421k0000m040115000c.html

| トラックバック (0)

家族立ち会い初捜索 県警本部、浪江などの沿岸部(21日)共同

福島県警本部は19日、本県沿岸部を中心に東日本大震災に伴う行方不明者の一斉捜索を展開した。今年度は捜索場所を行方不明者の家族の意見や要望を踏まえて実施しており、この日は初めて家族が参加した。
 祖母の行方が分かっていない20代女性からの要望を受けて浪江町棚塩地区を「重点地区」とした。他県警から県警に特別出向したウルトラ警察隊約170人も参加した。警視庁から出向し、初めて沿岸部捜索に臨んだ矢沢功警部補(38)は「今なお信じられない光景が広がっている。不明者の発見に全力を尽くす」と津波被害を受けた現場で目を凝らし、手掛かりを捜した。
 捜索に加わった20代女性の親類の男性(51)は「棚塩地区は他の地区に比べて捜索が進んでいなかった。対応に感謝したい」と話した。
   ◇  ◇ 19日の本県沿岸部の捜索には県警、双葉地方広域消防本部、福島海上保安部などから合わせて約330人が参加した。捜索の結果、骨片8片、財布1個、アルバム1冊を発見した。

http://www.minpo.jp/news/detail/201304207962

2010_0123_11120247newslogo1_2

| トラックバック (0)

マンション女性遺体、傷害容疑で夫逮捕 (21日)TBS

20日、埼玉県蕨市のマンションの一室から女性の遺体が見つかった事件で、警察は37歳の夫を傷害の疑いで逮捕しました。
 傷害の疑いで逮捕されたのはさいたま市見沼区の無職・深澤圭一容疑者(37)で、今月中旬、蕨市の短期賃貸マンションで妻(35)の顔を殴るなどの暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれています。
 深澤容疑者の父親が19日、「息子から『妻を殴ったら動かなくなった』と連絡があった」と警察に通報し、20日、このマンションの一室から妻の遺体が発見されました。
 取り調べに対し、深澤容疑者は容疑を認めているということで、警察は死因の特定を急ぐとともに、関連を調べる方針です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5312204.html

| トラックバック (0)

★「また咲くのが大切」首相、ももクロとポーズも(21日)読売

 安倍首相主催の「桜を見る会」が20日午前、東京都新宿区の新宿御苑で開かれ、政財界関係者や芸能人など約1万2000人が招待された。2011年は東日本大震災、12年は人工衛星と称した北朝鮮の弾道ミサイル発射予告の影響で中止されたため、3年ぶりの開催となった。
 会場の八重桜はほぼ散っていたが、首相は「大切なのは、葉桜になっても、また咲くということ。私ももう一度、花を咲かせることができた」とあいさつし、出席者の笑いを誘った。
 さらに、インドネシアの若者が、東日本大震災からの復興に取り組む日本を応援する「桜よ」という歌をつくったエピソードを紹介し、「日本を世界の真ん中で咲かせるために全力を尽くしていきたい」と語った。(2013年4月20日12時08分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

shineつぶやきflair小覧も招待を受けて行って来ました。米ボストンの爆弾事件のこともあり、地下鉄の入り口から御苑の周囲。会場では私服が睨みを効かすなど警備がしっかりしていた。警備とは関係ないが、米国の制服姿の軍人が人気を集め、「格好いいね…」と特に女性軍人は引っ張りだこで記念写真に負われていた。

20130420084425

 

| トラックバック (0)

県警警部補証拠隠滅疑い 地検が不起訴(21日)共同

松山地検は19日までに、警察署で保管すべき窃盗事件などの捜査書類や証拠品を自宅に隠したとして、公用文書毀棄(きき)と証拠隠滅の疑いで書類送検されていた元松山西署地域課係長の男性警部補(53)=依願退職=と、交通関係の法令違反での摘発者の氏名や違反内容を妻に漏らしたとして地方公務員法違反(守秘義務違反)容疑で書類送検されていた愛媛県内警察署地域課(当時)の男性巡査部長をいずれも不起訴処分とした。
 地検は不起訴の内容や理由を明らかにしていない。
 元警部補の書類送検容疑は、2012年3月29日ごろ、09年4月~12年3月に発生したり、自身が摘発したりした21事件の捜査書類193点と金属バットやドライバーなどの証拠品11点を松山西署の地域課ロッカーから自宅に持ち帰り、証拠を隠滅するなどした疑い。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130420/news20130420819.html

| トラックバック (0)

捜査幹部「犯罪現場として依然、扱う」 米肥料工場爆発(21日)産経イザ

【ウエスト(米南部テキサス州)=黒沢潤】170人以上の死傷者を出したウエストの化学肥料工場での爆発で、捜査当局は19日、「(工場を)依然として犯罪現場として扱う」と述べ、人為的な爆発との見方を否定しなかった。懸念された米東部ボストンの爆弾テロとの関連性はなくなる一方、単なる事故とは断定できず、原因解明に全力を挙げる。
 捜査当局によれば、現時点で確認できた死者数は12人。地元メディアによれば、約60人が行方不明のままで、犠牲者が増える可能性がある。爆発が起きた工場は、従業員が10人以下と小規模ながら、約270トンのアンモニア系薬品など、多くの原材料を備蓄し、いつでも“凶器”に変わる可能性はあった。
 今回の工場爆発が、農業を主体とする牧歌的な街(人口約2800人)に与えた影響は大きい。
 工場側に面した自宅の壁が爆風で半壊したトビー・トボラさん(72)は「農民のための肥料工場が、逆に農民を苦しめる工場へと変わり、恨めしい」と、うつむき加減に話した。
 工場から50キロ先の自宅に住みながらも、爆風を感じたというトリシュ・ハーバヒさん(65)によれば、街にはボストン・マラソンに参加し、テロ発生2分前にゴールしたため、辛くも危機を逃れた女性も住むという。ほぼ同時期に発生した悲劇について、「運命的なものを感じざるを得ない」と言葉少なに語った。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| トラックバック (0)

異臭・応答ない、直ちに入室…孤独死対策奏功(21日)読売

東京都住宅供給公社が管理する集合住宅で昨年度、居住者の安否確認を強化したことにより、命をとりとめたケースが大幅に増えたことが分かった。
 前年度比では3倍を超えており、立川市の都営アパートで昨年3月に親子2人の孤独死が発覚したことを受け、安否確認の対象を広げたことなどが奏功した。
 同公社によると、昨年4月から今年2月までの間に、居住者の安否確認を行ったのは968件だった。このうち527件では、ドアのカギや窓ガラスを壊すなどして入室し、92件で居住者を救急搬送し、いずれも救出(救命)につながったという。3月分は未集計だが、年間の安否確認件数は1000件を超えるペースで、救出件数も100件前後になるとみられる。
 同公社では昨年4月、安否確認のマニュアルを改定。従来の対象は一人暮らしの高齢者が主だったが、2人以上でも高齢者や障害者がいる世帯にも拡大した。
 さらに郵便物や新聞がたまっているなどの情報が寄せられた際には、「原則1日以内、遅くとも2日以内」に調査を終えると定め、状況が判然としないケースでは、入室による安否確認を基本とすることにまで踏み込んだ。中でも、「室内から応答があるが、扉が開かない」「在室は明らかだが、応答がない」「異臭がする」の1項目でも該当する場合は、直ちに入室するとした。
 同公社によると、2011年度に安否確認を行ったのは363件、うち救出件数は28件だった。昨年度に急増したのは、同公社の対応強化に加え、孤立死への社会的関心の高まりで、近隣の居住者や福祉関係者からの情報提供が増えたことも要因になった。
 多摩地区の都営アパートで今年3月、一人暮らしの高齢女性を救急搬送したケースでも、福祉の総合相談窓口である「地域包括支援センター」からの通報が端緒になった。当日は土曜日だったが、同公社は、緊急の修繕を依頼している工事業者に連絡。業者が廊下側の窓ガラスを割って入室すると、室内で女性が倒れていたという。通報から救急搬送までは約2時間だった。
 同公社は、都営住宅約26万戸、公社住宅約8万戸の計34万戸を管理しており、安否確認に必要な情報提供などで、行政と相互協力するための協定締結も進めている。昨年7月の立川市を手始めに、今月1日の武蔵野市まで多摩地区では10市、区部を含めると計12自治体と協定を結んだ。
 同公社運営企画課では、「自治体の福祉担当者らとも顔の見える関係をつくり、救出件数をもっと増やせるように努力していきたい」としている。(

2013年4月20日14時56分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| トラックバック (0)

サイバー攻撃受けた北朝鮮「背後に南朝鮮」 韓国を非難(21日)朝日

 【ソウル=貝瀬秋彦】北朝鮮の祖国平和統一委員会は20日、北朝鮮の複数のサイトが今月初めに国際的なハッカー集団の「アノニマス」を名乗る相手からサイバー攻撃を受けたことについて、「背後に南朝鮮当局の魔の手が深く入り込んでいる」と主張し、「サイバー空間まで対決の場として汚している」などと韓国を非難した。朝鮮中央通信が伝えた。
 「アノニマス」は4日に「北朝鮮に攻撃を加えた」との声明を出し、北朝鮮のサイトに会員登録していた数千人の韓国人らの個人情報も公開。国家情報院などが国家保安法違反容疑で登録者の捜査に乗り出す騒ぎになった。祖国平和統一委員会はこのことにも触れ、「直後に南当局が進歩団体などに対する弾圧をしているのは、犯罪の張本人が当局であることを示している」とした。

Logo2

http://www.asahi.com/international/update/0420/TKY201304200250.html

| トラックバック (0)

振り込め詐欺被害などへの注意呼びかけるイベント 東京・調布市(21日)フジテレビ

地域が一体となって振り込め詐欺などへの注意を呼びかけるイベントが、東京・調布市で行われた。
調布警察署では、振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害件数が、2012年の1年間で、最も多い55件にのぼっている。
イベントでは、調布署の署員や地元の防犯協会の人々らが、被害防止を訴えるチラシなどを配布したほか、音楽隊によるコンサートが行われた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00244528.html

| トラックバック (0)

短期賃借マンションで女性死亡 夫が行方不明 埼玉(21日)産経

20日午前10時50分ごろ、埼玉県蕨市南町の短期賃貸マンションで、さいたま市見沼区の女性(35)が死亡しているのを親族から通報を受けた県警の捜査員が見つけた。この女性の夫が「妻を殴ったら動かなくなった」と母親に相談後、行方不明になっているといい、県警で行方を捜している。
 夫の父親から19日午前11時40分ごろ、「息子と連絡が取れない」と県警に通報があり、捜索していた。女性の遺体は死後数日が経過しており、複数の外傷があった。県警は司法解剖して詳しい死因を調べる。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130420/crm13042021130007-n1.htm

| トラックバック (0)

« 2013年4月20日 | トップページ | 2013年4月22日 »