« 日本犬初の警察犬「二葉」、災害救助犬に転身(25日)読売 | トップページ | 2010年6月の新潟・女子高校生自殺 県弁護士会、いじめ認める(25日)フジテレビ »

2013年3月25日 (月)

よど号犯関与の拉致 金総書記書簡受け実行か 勢力拡大、必要性説く(25日)産経

昭和45年3月、日航機「よど号」を乗っ取り北朝鮮に渡った元共産同赤軍派メンバーや妻らによる欧州ルートの日本人拉致事件は、金正日(キムジョンイル)総書記がメンバーらに下達した書簡を受けて実行された疑いがあることが24日、関係者の証言で分かった。書簡はグループの勢力拡大の必要性を説いていたとされ、よど号犯グループはその後、海外で日本人獲得に動いていた。
 書簡は、1978(昭和53)年5月6日に示された「日本革命に関する根本問題(56書簡)」。「主体的力量の準備」や「暴力革命の準備」などと記されていたという。
 関係者によれば、よど号犯グループのリーダーだった田宮高麿最高幹部(故人)は「主体的力量の準備」について、「(日本革命のために作った)自主革命党を発展的に成長させるため、メンバーを増やさないといけない」と話し、よど号犯メンバーの妻たちに欧州での日本人獲得を指示。書簡が出た翌年の79年から、妻たちは頻繁に欧州各国に出入りし、その後、よど号犯メンバーの行動も確認されるようになった。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130325/kor13032508030002-n1.htm

« 日本犬初の警察犬「二葉」、災害救助犬に転身(25日)読売 | トップページ | 2010年6月の新潟・女子高校生自殺 県弁護士会、いじめ認める(25日)フジテレビ »

公安・情報・警備(国内外テロ事件・情報 スパイ、北朝鮮関連など)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/57029534

この記事へのトラックバック一覧です: よど号犯関与の拉致 金総書記書簡受け実行か 勢力拡大、必要性説く(25日)産経:

« 日本犬初の警察犬「二葉」、災害救助犬に転身(25日)読売 | トップページ | 2010年6月の新潟・女子高校生自殺 県弁護士会、いじめ認める(25日)フジテレビ »