« 飛行中の航空機での痴漢、暴行容疑で立件 (28日)TBS | トップページ | 猛毒は靴先に塗布か、女性に一方的な好意 (28日)TBS »

2013年3月28日 (木)

靴に猛毒塗り殺人未遂、女性は足の指切断 (28日)TBS

猛毒の薬品を女性の靴の内側に塗って殺害しようとしたとして、40歳の男が逮捕されました。女性は左足の複数の指の先を失うなど、全治3か月の重傷です。
 逮捕されたのは、静岡県小山町内の会社に勤務する深澤辰次郎容疑者(40)です。警察によりますと、深澤容疑者は去年12月、勤務先で同僚の40代の女性の通勤用の靴にフッ化水素酸を塗り、女性を殺害しようとした疑いが持たれています。同僚の女性は左足が壊疽し、複数の指を切断するなど、全治3か月の重傷を負いました。
 女性に大けがを負わせたフッ化水素酸とは、どのような薬品なのでしょうか。
 「カルシウムを溶かす、つまり骨を溶かす。皮膚につくと、じわじわ浸透して骨が削られるような痛みが起きる。最終的には死に至る場合も多い」(静岡大学 創造大学院 鈴木款教授)
 フッ化水素酸は強い腐食性を持つ液体で、工業用に広く使われています。深澤容疑者はこの毒物を勤務先で職務上、管理していたということです。
 「普通の真面目な社員。悪い評価も聞いていない。(深澤容疑者は)研究所の中でフッ化水素酸を使った業務などをしている。器具の洗浄とかそういうもの」(深澤容疑者の勤務先の担当者)
 今回の事件は、被害者の女性を診療した医療機関が異変に気づき、発覚しました。警察では深澤容疑者が女性に対して一方的な恋愛感情を持っていたことから今回の事件に至ったとみて詳しい動機を調べていますが、深澤容疑者は容疑を否認しているということです。

Logo1_5 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5292625.html

« 飛行中の航空機での痴漢、暴行容疑で立件 (28日)TBS | トップページ | 猛毒は靴先に塗布か、女性に一方的な好意 (28日)TBS »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 靴に猛毒塗り殺人未遂、女性は足の指切断 (28日)TBS:

« 飛行中の航空機での痴漢、暴行容疑で立件 (28日)TBS | トップページ | 猛毒は靴先に塗布か、女性に一方的な好意 (28日)TBS »