カテゴリー

« 患者らの暴行・暴言、医師・看護師の4割超経験(30日)読売 | トップページ | 駐車場で男性重体 知人の男が立ち去る(30日)日テレ »

2013年3月30日 (土)

「自殺」改め「自死」…島根県文書、遺族に配慮(30日)読売

島根県は自殺対策総合計画の名称を「自死対策総合計画」に改め、4月から市町村への文書でも「自死」という語句を使うことを決めた。
 自殺という言葉のイメージを嫌う遺族が多いため。内閣府などによると、行政文書で「自殺」を「自死」に統一する自治体は全国で初めてという。
 計画は県の自殺防止策の基本方針を示し、2012年度末が改定の時期。遺族から「自殺の言葉には自分を殺した人というイメージがあり、死者の尊厳も守れない」との声が寄せられ、表現を改めることにした。
 パンフレットや通知文、県の資料などで「自死」と記載。県は「新しい表現で遺族への偏見をなくし、自死予防を進めたい」としている。
 全国自死遺族連絡会(仙台市)の田中幸子代表(64)は「画期的だ。各地の遺族団体が要望しており、大きな一歩。他の自治体にも広がってほしい」と話した。

« 患者らの暴行・暴言、医師・看護師の4割超経験(30日)読売 | トップページ | 駐車場で男性重体 知人の男が立ち去る(30日)日テレ »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「自殺」改め「自死」…島根県文書、遺族に配慮(30日)読売:

« 患者らの暴行・暴言、医師・看護師の4割超経験(30日)読売 | トップページ | 駐車場で男性重体 知人の男が立ち去る(30日)日テレ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ