カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2013年3月 1日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日単位・レベル)
火災予防運動始まる
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

20130220152821

 東京・北区では2月に7件の放火事件があったほか板橋区でも2件の放火があった。そんな中、3月1日から春の火災予防運動が始まった。
 人の財産ばかりか場合によったら命までも危険にさらす放火。極めて卑劣な犯罪である。江戸時代に「放火」は重罪とされ、専門部署の火付盗賊改が存在した。ドラマでおなじみの長谷川平蔵である。ちょいと捜査の手法が荒っぽいが盗賊と対峙するにはそれが最善だったのであろう。
 警察庁のまとめによると放火事犯の平成24年認知件数は1033件で前年に比べて54件減少した。検挙率は79.6%と高い。
 例によって都道府県別でみるとワースト1は大阪府の130件。それでも前年より19件減らしている。2位が東京都の81件、3位が千葉県の65件と続くが何れも前年より減っているのに埼玉県は16件増え61件だった。
 全国の検挙率を見ると青森、秋田、岩手、宮城、山形県など東北5県を中心に富山県、福井県など13県で100%を上回っており、長谷川平蔵並の捜査力が評価される。
 武蔵野市の路上殺人事件で、刃物を持ったもう一人の男が逃走しており、物騒極まり無いが、期待を込めて首都東京体感治安を「レベル2(ブルー)」に戻す。
 それにしても警察は2人組は犯行後、ATMで現金を引き出そうとしたができなかった時の写真を持っている。しかし、少年なるがゆえに公表できない。被害者の人権を考えれば何が少年法だ。公表せよ

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 警視庁管内体感治安レベル3 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ