« ★「丸源グループ社長逮捕」へのコメント(投稿) | トップページ | 同居女性殺害容疑で再逮捕 パイプで殴り、熱湯かける(10日)共同 »

2013年3月10日 (日)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日単位・レベル)
さぁスピードアップだ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130228124551

3月11日-あれから2年になった。
 9日の午後、あの大震災をテーマにした地方紙、河北新報の記者たちの活躍を描いた「明日をあきらめない がれきの中の新聞社」(テレビ東京・再放送)を見た。
 小池栄子が演じる女性記者・丹野綾子と男性記者を中心に物語が展開する。地震のあった日の夜、仙台から街全体に火災が発生している気仙沼に向かう丹野記者と男性記者…現地で見たものは、がれきに埋まった死体…陸地に打ち上げられた大型貨物船の下でうずくまる被災者…がれきの中から助け出した我が子(遺体)を抱いて泣き叫ぶ父親…両親を捜し求めてがれきの中を歩き回る子供たち…余りの残酷さにシャッターを押せない丹野記者…どのシーンを見ても、過酷な現実と向き合う新聞記者に心打たれた。
 カメラマン時代いつもデスクに言われた言葉がある。「客船の転覆現場で、自分の取材用ボート近くに遭難者がいた場合、救助するか写真を撮るか」。引き合いに出されたのはベトナム戦争でピューリッツァー賞受賞作品、沢田教一の「安全への逃避」。銃弾を避けながら川を渡る母子の姿を写した作品。正解は「シャッターを押してから助ける」。丹野記者も何度もシャッターを押すのに躊躇っていた。「記者」の前に「人間」だったからだ。
  2年が経つと言うのにガレキの処理はまだ46%。災害公営住宅にいたっては、わずか56戸の完成にとどまる。戦後最悪の災害なのに最悪の政党にあたってしまった2年間がもったいない。 政道を預かる政治家こそ国民の痛みが分かる「人間」であってほしい。
  首都東京体感治安を「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« ★「丸源グループ社長逮捕」へのコメント(投稿) | トップページ | 同居女性殺害容疑で再逮捕 パイプで殴り、熱湯かける(10日)共同 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« ★「丸源グループ社長逮捕」へのコメント(投稿) | トップページ | 同居女性殺害容疑で再逮捕 パイプで殴り、熱湯かける(10日)共同 »