カテゴリー

« 5兄弟含む6人、組み合わせ変え強盗など10件(22日)読売 | トップページ | 【なりすましウイルス】東京地検「有罪の確証得た」 弁護側主張に不自然さも 片山容疑者起訴(22日)産経 »

2013年3月22日 (金)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)
警視庁の振り込め詐欺対策
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130316134551

 警視庁が本格的な振り込め詐欺対策に乗り出した。平成24年には全国の被害額が162億円と過去最悪を記録。警視庁管内でも還付金詐欺を中心に急増。中でもオレオレ詐欺の被害額は47億円を突破している。
 このため警視庁は、これらの被害を食い止めるため、犯人の電話を自動的に録音。被害が発生した場合は、録音データを捜査に活用するというもの。これまでは、携帯電話の通話凍結という手段はあったが、被害者がお年寄りという事情もあり、相手の電話番号が分かっても「確実性」などから十分活かされていなかった。今回の対策は検挙に向けた大きな武器になるだろう。
 警視庁はさらに、振り込め詐欺の総称を変えたいとして一般から名称を募集することになった。理由は、これまでは、ATMや窓口から振り込ませる手口だったが、銀行口座が凍結されるため、利用を避けた「受け取り詐欺」に変わった。この手段は振り込め詐欺全体の約7割を占めているという。
 こうした振り込め詐欺にもオレオレ詐欺や還付金詐欺、架空請求詐欺などもあるほか、投資を巡る詐欺、競馬、パチンコ必勝法などの詐欺などもあるため警察庁は、総称を「特殊詐欺」としていた。
 このため警視庁は、高齢者でも理解できるような、しかも、被害に遭わないよう注意喚起できるような名称を公募するとこになったもので、全国の警察では初の試みとして注目される。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 5兄弟含む6人、組み合わせ変え強盗など10件(22日)読売 | トップページ | 【なりすましウイルス】東京地検「有罪の確証得た」 弁護側主張に不自然さも 片山容疑者起訴(22日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 5兄弟含む6人、組み合わせ変え強盗など10件(22日)読売 | トップページ | 【なりすましウイルス】東京地検「有罪の確証得た」 弁護側主張に不自然さも 片山容疑者起訴(22日)産経 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

留置所

無料ブログはココログ