カテゴリー

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

2013年3月14日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(14、15日単位・レベル)
捜査体勢
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130228115254

 遠隔操作ウイルス事件で弁護士が「5人目の誤認逮捕だ」などと騒いでいる。逮捕された30歳のIT関連会社社員は「自分はウイルスを作る能力がない」。猫に首輪を付けた件では「江ノ島に行ったが首輪は付けていない」。挙げ句の果ては「猫の写真を撮ったが売却する際に店員が消した」などと言い、最近では取り調べに応じていない。
 もともとこの事件は、殺人や脅迫メールの送信から始まり、誤認逮捕の時は捜査1課など刑事部門が対処した。
 事件を振り返ると、どうしてもサイバー犯罪に対処できない捜査の弱点が見えてくる。この種の犯罪もやはり一般犯罪並に各都道府県警察は管轄圏内で捜査を執行している。日本警察フロントラインの中枢と言われる警視庁には、サイバー犯罪対策課があるものの、各署の指導、支援などが業務だ。高度情報技術犯罪取り締まり班が存在するものの、捜査1課や2課のような体勢ではない。
 大阪府警には「サイバー犯罪対策推進部」があるが多くの捜査員を抱えていない。また北海道警には生活安全部の中の生活経済課にわずかに「係」が存在するだけだ。
 警察庁に至っては、刑事局、生活安全局、交通局、警備局、情報通信局はあるがサイバー犯罪を担当、あるいは全国的に統括する「局」「部」「課」が存在しない。
 古い数字になるが平成24年の上半期(1~6月)のサイバー犯罪検挙状況によると、ネットワーク利用犯罪の検挙件数は2930件で前年同期に比べて569件も増加、半期統計では過去最高の数字となっている。
 各県警でも相談件数も増加しているが、果たして捜査の手は追いついているのか。情報だけに終わってはいまいか?警察庁はそうした国内全体を見る専門の局・部・課を創設すべきだ。場合によっては、ハッカーなど悪知恵の働く捜査員を養成すれば良い。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル3 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

留置所

無料ブログはココログ