« 連続不審火:愛知・安城で3件(15日)毎日 | トップページ | 自殺の原因、「経済・生活」が大幅減 12年の状況分析(15日)朝日 »

2013年3月15日 (金)

小宮山衆院議員の兄、詐欺罪で懲役7年判決(15日)読売

架空の宝くじ販売権の売却話を持ちかけるなどして2人から計2億5000万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた東京都渋谷区、宝くじ販売会社役員・小宮山徹被告(51)に対し、東京地裁は15日、懲役7年(求刑・懲役10年)の判決を言い渡した。
 小宮山被告は小宮山重四郎・元郵政相(死去)の次男で、小宮山泰子衆院議員の兄。大野勝則裁判長は「政治家の一族である自らの社会的信用を悪用し、責任は重い」と述べた。
 判決によると、小宮山被告は2004年6月~09年6月、「宝くじ売り場を買ってほしい」などとうそを言い、男性2人から出資金名目で計2億5000万円をだまし取った。小宮山被告は「だましたつもりはない」などと無罪を主張していたが、退けられた。

« 連続不審火:愛知・安城で3件(15日)毎日 | トップページ | 自殺の原因、「経済・生活」が大幅減 12年の状況分析(15日)朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/56959772

この記事へのトラックバック一覧です: 小宮山衆院議員の兄、詐欺罪で懲役7年判決(15日)読売:

« 連続不審火:愛知・安城で3件(15日)毎日 | トップページ | 自殺の原因、「経済・生活」が大幅減 12年の状況分析(15日)朝日 »