カテゴリー

« 岩手・宮城「復興できる」4割に…被災者調査(11日)共同 | トップページ | 火災:共同住宅の部屋から出火 1人の遺体発見 東大阪(11日)毎日 »

2013年3月11日 (月)

★東日本大震災で発生したがれき、ようやく半分近くの処理終える(11日)

東日本大震災で発生した大量のがれきは、ようやく半分近くの処理を終えた。
環境省によると、宮城・岩手・福島の3県で発生した震災がれきは、およそ1,628万トンにのぼった。
そのうち、2013年1月末現在で、処理されたがれきは、宮城県が51%にあたる563万トン、岩手県が39%にあたる142万トン、福島県が31%にあたる49万トンで、全体の46%にあたる754万トンの処理を終えたという。
しかし、原発事故で放射性物質に汚染された地域の除染は、難航していて、福島県内で、除染が本格化しているのは、田村市と楢葉町、川内村、飯館村の4つの市町村にとどまっているという。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00241973.html
つぶやき2年が経過したのにまだ半分?震災後、「みんなで支え合おう」など多くの国民が「絆」を確認したはずだ。東京都などはどこの自治体にもさきがけてガレキを受け入れた。
 しかし「受け入れ」を宣言しても地元住民の反対に遭い、結局、かけ声だけに終わった自治体もある。
 それが絆ですか?エゴエストと言うのではないのかなぁ~地震列島ニッポン。いつ自分の地域が被害に遭うか分からない…

« 岩手・宮城「復興できる」4割に…被災者調査(11日)共同 | トップページ | 火災:共同住宅の部屋から出火 1人の遺体発見 東大阪(11日)毎日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 岩手・宮城「復興できる」4割に…被災者調査(11日)共同 | トップページ | 火災:共同住宅の部屋から出火 1人の遺体発見 東大阪(11日)毎日 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ