« 2013年3月21日 | トップページ | 2013年3月23日 »

2013年3月22日

2013年3月22日 (金)

内部告発“犯人捜し”の消防長が辞職(22日)読売

職員の情報提供から不祥事が報道されたとして、山梨県甲州市の東山梨消防本部が職員の携帯電話の通話履歴明細の提出を求めた問題で、東山梨行政事務組合(管理者=田辺篤・甲州市長)は、同本部の楠照雄消防長(60)が辞職したと22日発表した。
 辞職は21日付。「問題の責任を感じた」と説明したという。

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警:106事件放置し時効に 伊勢佐木署刑事1課(22日)毎日

神奈川県警は22日、伊勢佐木署刑事1課が92〜04年に扱った器物損壊、傷害、性犯罪など106事件の捜査書類が署内の倉庫で見つかり、全て送検されず公訴時効が成立していたと発表した。証拠品31点も紛失していた。県警は引き継ぎがいいかげんだったとみているが、詳細は不明としている。被害者に謝罪しているという。
 県警によると、04年に起きた傷害事件の被害男性(36)が昨年3月、同署に捜査結果を問い合わせたのをきっかけに発覚した。倉庫内の複数の段ボール箱などから、捜査報告書や被害届、調書などが次々に見つかった。
 内訳は器物損壊54件、傷害30件、性犯罪10件、暴行5件、恐喝3件、強盗1件、建造物損壊1件、業務上過失致死1件、過失傷害1件。106件中15件は容疑者を特定していたが、県警は「いずれも被害者に処罰感情がなかったり、容疑者が外国にいたりするケース」と釈明している。
 県警は当時の刑事1課長ら約40人から聞き取りをしたが、どの時点で倉庫に置かれたか不明。複数の元課長が「引き継ぎを受けた記憶はない」と話した。【山下俊輔】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20130323k0000m040058000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

失踪女性装う詐欺罪で追起訴 冷凍庫遺体事件の男2人(22日)産経

失踪中の女性に成り済まし現金をだまし取ったとして、名古屋地検は22日、詐欺罪で中古車販売業林圭二容疑者(40)=岐阜県美濃加茂市=と、トラック運転手渡辺智由容疑者(35)=同県富加町=を追起訴した。
 2人は2011年11月に飲食店員森岡まどかさん=当時(27)=を殺害し、遺体を入れた冷凍庫を福井県大野市の九頭竜湖に捨てたとして、殺人罪などで昨年12月に起訴されている。
 起訴状によると11年10月、失踪女性の携帯電話を使って3回にわたり「手術費用として借りた金を返さないと風俗で働かされる」などと虚偽の内容のメールを送り、女性の知人男性から85万円をだまし取ったとしている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130322/crm13032216230017-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★辻元衆院議員、産経新聞に勝訴 名誉毀損認め賠償命令(22日)共同

東日本大震災で災害ボランティア担当の首相補佐官に任命された際の記事は名誉毀損だとして、民主党の辻元清美衆院議員が産経新聞社側に3300万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、80万円の支払いを命じた。
 問題となったのは2011年3月16、21日付朝刊の論評記事。辻元議員が1992年のカンボジア視察で復興活動をしていた自衛官に侮辱的な発言をし、阪神大震災の被災地では反政府ビラをまいたと指摘。 斎藤清文裁判長は、いずれも真実でないとした上で「辻元議員らに一切取材しておらず、政治的な論評を中心とする欄の記事だとしても免責されない」と判断した。http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032201002324.html

2010_0123_11120247newslogo1_3

poutつぶやきangry 「政治的な論評を中心とする欄」の記事だから、表現の自由があるのでは?青法協の裁判官?

| コメント (0) | トラックバック (0)

【なりすましウイルス】東京地検「有罪の確証得た」 弁護側主張に不自然さも 片山容疑者起訴(22日)産経

東京地検が、事件への関与を一貫して否認してきた片山祐輔被告の起訴に踏み切った背景には、米連邦捜査局(FBI)からもたらされた情報や、神奈川県藤沢市の江の島の防犯カメラの映像など、公判を維持するに足りる状況証拠が集まったことがあるという。弁護側は片山被告の主張に沿って冤罪を訴えるが、多くの不自然さも残る。
 「証拠内容に踏み込んだ説明はできないが、捜査を遂げ、有罪の確証を得た」。22日、東京地検は慎重に言葉を選びながらも、起訴の理由をこう説明した。これに対し、弁護側が無罪の根拠とするのは、片山被告が遠隔操作ウイルスの作成に使われたプログラム言語「C♯(シー・シャープ)」を使う能力がないという主張だ。21日の勾留開示請求の場でも、片山被告は「使い方を勉強したことがない」と改めて訴えた。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130322/crm13032220470020-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)
警視庁の振り込め詐欺対策
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130316134551

 警視庁が本格的な振り込め詐欺対策に乗り出した。平成24年には全国の被害額が162億円と過去最悪を記録。警視庁管内でも還付金詐欺を中心に急増。中でもオレオレ詐欺の被害額は47億円を突破している。
 このため警視庁は、これらの被害を食い止めるため、犯人の電話を自動的に録音。被害が発生した場合は、録音データを捜査に活用するというもの。これまでは、携帯電話の通話凍結という手段はあったが、被害者がお年寄りという事情もあり、相手の電話番号が分かっても「確実性」などから十分活かされていなかった。今回の対策は検挙に向けた大きな武器になるだろう。
 警視庁はさらに、振り込め詐欺の総称を変えたいとして一般から名称を募集することになった。理由は、これまでは、ATMや窓口から振り込ませる手口だったが、銀行口座が凍結されるため、利用を避けた「受け取り詐欺」に変わった。この手段は振り込め詐欺全体の約7割を占めているという。
 こうした振り込め詐欺にもオレオレ詐欺や還付金詐欺、架空請求詐欺などもあるほか、投資を巡る詐欺、競馬、パチンコ必勝法などの詐欺などもあるため警察庁は、総称を「特殊詐欺」としていた。
 このため警視庁は、高齢者でも理解できるような、しかも、被害に遭わないよう注意喚起できるような名称を公募するとこになったもので、全国の警察では初の試みとして注目される。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

5兄弟含む6人、組み合わせ変え強盗など10件(22日)読売

 埼玉県警捜査1課と草加署などは21日、東京都足立区などに住む5人兄弟を含む男6人を強盗傷害容疑などでさいたま地検に送検したと発表した。
 6人は組み合わせを変え、昨年2~5月に強盗、恐喝、詐欺など主に県東部で発生した10件に関与した疑いがあるという。
 送検されたのは、同区関原、無職阿部尚喜(45)、同区弘道、無職阿部幸喜(45)、同区入谷、無職阿部友和(36)、同区南花畑、建設作業員阿部和彦(47)、住所不定、無職阿部修(44)、住所不定、無職川口新治(30)の6被告。
 発表によると、6人は昨年2~5月、埼玉県草加市や越谷市、久喜市などの路上や駐車場で、通行中の男性15人(当時19~36歳)に因縁を付けたり暴行を加えたりして現金計約48万7000円などを奪うなどした疑い。
 千葉県のホテルに女性2人を監禁したとして、双子の尚喜、幸喜両被告が昨年4月に逮捕されたのをきっかけに、長男和彦、四男修両被告らが浮上した。6人は「奪った金は生活費や遊興費に使った」などと供述しているという。(2013年3月22日13時00分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

恐喝:山口組ナンバー2に実刑判決、組織的犯罪と認定(22日)毎日

配下の暴力団組員らと共謀し、京都市内の建設業男性(67)からみかじめ料名目で現金4000万円を脅し取ったとして、恐喝罪に問われた指定暴力団・山口組ナンバー2で弘道会(名古屋市)会長、高山清司被告(65)=保釈=に対する判決公判が22日、京都地裁であった。小倉哲浩裁判長は「高山被告は組員らの上位におり、恐喝行為にも加わった」として、懲役6年(求刑・懲役10年)を言い渡した。弁護側は控訴するという。
 判決によると、高山被告は05〜06年、傘下の淡海一家(大津市)総長の高山義友希(よしゆき)被告(56)=公判中=らと共謀し、男性から計3回、現金を脅し取った。
 小倉裁判長は、高山被告が05年10月、男性と会食した際、「(同席した義友希被告と)仲良くしてやってほしい」などと話し、暗に企業舎弟になるよう求めたと認定。「男性に恐怖を感じさせたことは明らか」とし、「恐喝行為の一部」と判断した。また、組員が「名古屋」との言葉を出して金銭を要求する場面を隠し撮りしたビデオ映像について、「(名古屋は)高山被告を指すと考えるのが合理的」として、組織的な行為と認定した。

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130322k0000e040229000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマホなど90台窃盗被害 千葉・習志野、船橋(22日)産経

千葉県習志野市と同県船橋市の携帯電話販売店で21日夜から22日未明にかけ、スマートフォン(多機能携帯電話)や携帯端末など計約90台が盗まれる被害があった。
 習志野署によると、21日午後9時ごろから22日午前2時20分ごろの間に、習志野市鷺沼3の10の4の販売店でスマートフォン約40台(被害総額300万円相当)が盗まれた。
 船橋東署によると、22日午前3時20分ごろ、船橋市三咲3の6の8の販売店で従業員用出入り口の扉が壊され、スマートフォン37台とタブレット端末17台(同320万円相当)が盗まれた。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130322/crm13032210140006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

★「体罰、報告するな」父母会役員が保護者に要求 兵庫(22日)

兵庫県高砂市立中学校の運動部の父母会役員が、文部科学省の要請で市教委が生徒に体罰の有無を尋ねた実態アンケートについて、顧問教諭の体罰を報告しないように部員の保護者たちに求めていたことがわかった。体罰があったと答えた生徒の保護者に、役員が内容の訂正も要求。市教委は、学校側しか知らないはずの回答内容が父母会側に漏れた経緯を調べている。
 市教委によると、この中学校は2月19~21日、2012年度中に発生した体罰の有無について、記名式のアンケートを実施。生徒には自宅で回答を記入させ、封筒に入れて担任に提出させた。学校単位で集約するため、校長と教頭が一度開封して確認後、厳重に保管していたという。
 複数の父母会役員はアンケートの実施期間中、運動部所属の生徒の保護者らに電話やメールで「お世話になった顧問に迷惑がかかるといけないので、調査には『体罰なし』と回答するよう子どもに伝えてほしい」などと求めた。

詳細は以下をクリック downwardleft
http://www.asahi.com/national/update/0322/OSK201303220033.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

在デンバー総領事館、機密漏洩か 対テロ文書や個人情報(22日)産経

【ワシントン=佐々木類】米西部コロラド州の在デンバー日本総領事館で昨春、外交機密文書の漏洩(ろうえい)と不正経理疑惑が浮上、外務省が査察に乗り出していたことが明らかになった。産経新聞も内部文書など漏洩したとされる一部文書を入手したが、外務省は査察実施を認めた上で、結果についてはコメントできないとしている。
 関係者によると、疑惑は昨春、総領事館と外務省に届いた2通の告発文がきっかけで浮上した。
 邦人テロ対策に関する機密文書のほか、前総領事の私的資料や電子メールアドレスなど職員の個人情報、在留邦人リストが漏洩している疑いを指摘する内容だった。飲食店経費の水増し請求など職員による不正経理も指摘されていた。
 産経新聞が入手した一部資料は、平成22年7月にフィリピン南部で起きた邦人誘拐事件に関する「対外発信要領」や前総領事の個人的な資料など。誘拐事件に関する資料は、記者会見での応答要領をまとめたもので、外務省内の回覧部署を指定、「取扱注意」の印が押してあった。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130322/crm13032207170003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

山口の老人ホームで女性死亡、殺人事件と断定(22日)読売

山口県岩国市の特別養護老人ホーム「楽寿苑」昨年11月、1階個室に入居していた木村フミヱさん(当時89歳)が死亡しているのが見つかり、県警岩国署は21日、殺人事件と断定して捜査を始めたと発表した。司法解剖の結果、今月になって首を絞められたことによる窒息死と判明したという。
 県警などによると、昨年11月21日午前5時半頃、巡回中の女性介護士がベッドであおむけのまま呼吸をしていない木村さんに気付き、救急車を呼んだが、搬送先の病院で死亡が確認された。死亡直後の検視では、大きな外傷はなく首にかすかな痕が確認されていた。室内に争った形跡はなかった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・武蔵野市強盗殺人事件 逮捕された少年2人を家裁送致(22日)フジテレビ

2月、東京・武蔵野市の路上で起きた強盗殺人事件で、逮捕された少年2人が、家裁送致された。
ルーマニア国籍の少年(17)と無職の少年(18)は、2月28日、武蔵野市吉祥寺本町で、帰宅途中の山田 亜理沙(ありさ)さん(22)を刃物で刺して殺害し、財布などを奪った疑いで逮捕された。
これまでの調べに対して、2人は「金が欲しくて刺した。取り返しのつかないことをしてしまった」などと供述しているという。
東京地検立川支部は21日、2人の身柄を家庭裁判所に送致したが、事件の悪質性から、2人は再び検察に戻されて起訴され、成人と同じ公開の法廷で審理される見通し。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00242618.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

被災地での警察官の活動、避難先で写真展(22日)TBS

東日本大震災の被災地で現在も続けられている警察官の活動の様子を伝える写真展が、被災者が避難している東京・江東区の公務員宿舎で21日から開かれています。
 津波の浸水から守るため、子どもを抱き上げる警察官。東日本大震災の直後のおととし3月、宮城県で撮影されたものです。
 警視庁は21日から被災地の警察官の活動の様子を伝える写真展を東京・江東区の公務員宿舎で開催しています。この公務員宿舎には1150人の被災者が避難していて、写真展ではおよそ100点の写真や手記などが展示されています。
 現在も全国の警察官750人が岩手・宮城・福島の被災3県に特別出向するなど活動は続いていて、警視庁は「震災被害の風化を防ぎたい」としています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5286919.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

違法ドラッグ“所持”男逮捕 同性愛者サイトで…(22日)テレビ朝日

興奮作用を高める違法なドラッグを販売目的で隠し持っていたとして、31歳の男が逮捕されました。
 高松宏樹容疑者は去年12月、違法な薬物を含むドラッグ「RUSH」などを名古屋市の自宅に販売目的で隠し持っていた疑いが持たれています。警視庁によりますと、高松容疑者は、同性愛者向けのサイトに「RUSHあります」などと書き込んで客を集め、去年7月以降、約35万円を売り上げていました。高松容疑者は以前、旅行会社の添乗員のアルバイトをしていて、ハワイなどに渡った際に違法なドラッグを買いつけていました。取り調べに対し、「金が欲しかった」と容疑を認めています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000002370.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

★【脱法ドラッグ】きょうから包括指定 「いたちごっこ」続く 警視庁(22日)産経

幻覚や興奮作用などがある「脱法ドラッグ」について、成分構造の似た薬物を一括して薬事法で規制できる包括指定が22日から実施される。輸入、製造、販売が規制できる薬物の種類が約10倍に拡大するため、警察庁は「取り締まりは一歩前進する」と期待を寄せる。しかし、早くも、包括指定に含まれないように成分を変えた薬物が売られ始めており、いたちごっこは続いている。
 「薬事法に対応」「新世代最強」…。
 脱法ドラッグの一種「脱法ハーブ」の通信販売を取り扱うインターネットのサイトには、こんな文字が並ぶ。「新世代」とは、今回の包括指定でも規制外となる新種の脱法ドラッグだ。あるサイト管理者は「商品はすべて、今回の包括指定に対応済み」と語る。
 厚生労働省によると、脱法ドラッグを販売する業者は全国で389件(平成24年3月時点)。こうした業者は、厚労省の省令改正で販売ドラッグが規制対象となるたびに、成分を少し変えた薬物を売る手法で「脱法」を繰り返してきた。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130322/crm13032200230000-n1.htm

angryつぶやきannoy 厚生労働省がモタモタして法制化しないから、法の執行者である警察は動けない。認可できる薬物を指定し、その「成分表に合わないものを許可しない」という逆の取り締まりをすべきだろう。これを「後手後手」と言うんだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

★田原総一朗氏、山口組での討論会は中止に(22日)共同・神戸新聞

 ジャーナリストの田原総一朗さんが、27日に指定暴力団山口組の総本部(神戸市灘区)で予定していた直系組長らとの「取材を兼ねた討論会」を中止したことが分かった。田原さんの事務所は「体調不良のため」と説明している。
 関係者によると、討論会では田原さんが「世相の現状認識」を語り、山口組側からも意見を聞く予定だった。全国の直系組長が出席する方向だったという。
 計画段階で、田原さん側は「報道機関に公開する」「報酬は受け取らない」などの条件を提示し、山口組側も了承していたとみられる。
 田原さんは2月23日、大腸憩室炎のため入院し、今月7日に退院。討論会中止を知らせる田原さんの公式サイトには「今後もし機会があれば取材はしたいと思います」とのコメントを掲載した。

 shineつぶやきshine 田原さん、勇気ある撤退ですよ。与える印象がちがうもの…かつて、「清水の次郎長」が売りの静岡県清水市で、東名高速開通とともに、清水インター近くに、次郎長の絵をいれた看板をガスタンクに描いたことがあった。観光PRのためだったが、やはり批判が出ました。「やくざを宣伝に使うのか」と。日本人の心の中には「やくざ」は「やくざ」でも、任侠道といって、こころを打つ部分もあった。だから「演歌」にもなる。しかし、現代の山口組は「やくざ」ではなく、青年不良団体なんです。昔は「山口組員は絶対に麻薬などは利用しない」という掟があった。しかし、今、覚せい剤はやるは、振り込め詐欺はするは、けん銃など武器を持つなど、イメージが悪すぎる。
ジャーナリストとして、格好いいが、時期的にも印象が良くない。警視庁が激怒していましたよ。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201303/0005832440.shtml

| コメント (0) | トラックバック (0)

★遠隔操作事件、片山容疑者起訴へ 東京地検、立証可能と判断(22日)共同

パソコン(PC)遠隔操作事件で、日本航空機爆破を予告したハイジャック防止法違反(運航阻害)などの疑いで再逮捕された会社員片山祐輔容疑者(30)について、東京地検が同法違反罪などで勾留期限の24日にも起訴する方針を固めたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。
 片山容疑者はこれまでの調べに「事件とは一切関係がない」と一貫して容疑を否認しているが、地検は押収した証拠などから立証は可能と判断したもようだ。
 地検は、愛知県の企業のPCを遠隔操作したとされる最初の逮捕容疑についても処分保留としていたが、起訴する方向で検討しているとみられる。http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013032101002024.html

2010_0123_11120247newslogo1

happy01つぶやきshine 米国のFBIまで捜査協力要請しているいわば国際捜査。起訴できなかったら、この種の犯罪が〝蔓延〟してしまう。かと言って、当然、冤罪では困るが、起訴できることで抑止には繋がるだろう。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月21日 | トップページ | 2013年3月23日 »