« 2013年3月8日 | トップページ | 2013年3月10日 »

2013年3月9日

2013年3月 9日 (土)

事故処理中に女性の両脚ひく…巡査を書類送検(9日)読売

昨年12月、滋賀県甲賀市信楽町長野の国道307号で、近くの無職女性(78)が乗用車にはねられた後、滋賀県警甲賀署地域課の男性巡査(20)が現場付近に止まっていた車を動かそうと運転し、倒れていた女性の脚をひいて骨折させた事故で、県警交通指導課と甲賀署は8日、男性巡査を自動車運転過失傷害容疑で書類送検した。

 発表によると、男性巡査は最初の事故が起きた際、パトカーで現場を通りがかった。対向車線に飛ばされて倒れていた女性のそばに、キーを付けたまま車が止められて渋滞が起きていたため、車を移動させようとして女性の両脚をひき、左脚を骨折させた疑い。
 同署は当初、女性の骨折について、どちらの事故が原因かは不明としていたが、その後の調べで、男性巡査の事故に起因する可能性が高いと判明した。男性巡査は調べに「現場の混乱した状況に気が動転した。取り返しのつかないことをしてしまった」と話し、深く反省しているという。
 県警監察官室は「被害者と家族、県民に深くおわびする。再発防止に努める」との談話を発表した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

和歌山、バスが電柱に衝突 京都サッカー児童12人けが(9日)共同

9日午後3時半ごろ、和歌山県海南市の県道交差点で、京都府のサッカーチームの小学生らを乗せたバスが道路脇の信号機の電柱に衝突。小学生の男児12人が前の座席に顔を打つなどして病院に搬送されたが、いずれも軽傷のもよう。
 海南市消防本部によると、チームは京都府の「FCソルセウ」。
 海南署によると、バスには児童や監督、運転手の計19人が乗車していた。この日は事故現場近くのグラウンドで練習試合を終え、移動中だった。海南署が事故の詳しい状況を調べている。

2010_0123_11120247newslogo1_3 http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013030901001797.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

祇園暴走事故 府警、勤務先社長を書類送検へ(9日)共同

 京都市東山区・祇園で昨年4月、車が暴走し19人が死傷した事故で、運転していた会社員藤崎晋吾容疑者(30)=死亡=にてんかんの持病があると知りながら業務で運転させたとして、京都府警が業務上過失致死傷の疑いで、勤務先の藍染め製品販売会社(同区)の社長(71)を週明けにも書類送検する方針を固めたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。社長は京都新聞社の取材に対し「てんかんだとはまったく知らなかった」と話している。
■業務上過失致死傷容疑 社長「てんかん知らぬ」主張
 捜査関係者によると、事故の約1カ月前、藤崎容疑者は家族に対し、持病を会社側に伝えたと話していた。伝えたとされる日の業務日報に藤崎容疑者による記述があり、持病に関する文言はなかったが社長と話をしたとの趣旨が記されていた。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130309000019

| コメント (0) | トラックバック (0)

さいたま市ひき逃げ事件、25歳の作業員逮捕(9日)TBS

9日朝、さいたま市の路上で35歳の男性が車にひき逃げされ死亡した事件で、警察は25歳の建設作業員の男を逮捕しました。
 自動車運転過失致死などの疑いで逮捕されたのは、さいたま市緑区の建設作業員・田中克幸容疑者です。
 警察によりますと、田中容疑者は午前5時50分ごろ、さいたま市緑区の路上で、バイクに乗っていた市内の会社員・新井貴範さん(35)を車ではね、死亡させた疑いが持たれています。
 警察が調べていたところ、一度現場を離れた田中容疑者が戻ってきて、「バイクをはねてしまった。怖くて逃げたが、戻ってきた」と話したということです。警察は田中容疑者のワゴン車を押収していて、容疑が固まったとして逮捕しました。

Logo2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5276698.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁体感治安レベル2

首都東京体感治安(9、10日単位・レベル)
刑法犯さらに減少
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130228112833

 今年1、2月の全国の刑法犯認知件数は18万5398件で前年同期に比べて1万4847件減少していることが警察庁のまとめで分かった。年間認知件数で平成に入り最も少ない数字だった平成24年よりもさらに少ないペースだ。
 検挙件数は5万7167件、人員は3万9236人だった。このうち少年の検挙人員は9197人で過去5年間で最も少なかった。
 殺人や強盗、強姦、放火などの凶悪犯は前年の同期に比べて1件増えて1090件。暴行、傷害、恐喝などの粗暴犯が9194件で61件増加した。しかし、窃盗犯が13万8881件で1万2871件も減少したことが全体の数字を下げている。
 なかでも自転車盗が3万4143件で前年より2950件も減っている。その他では知能犯の詐欺が5343件で502件も増えた。
 都道府県別でワースト1は東京都の2万4002件。以下、大阪府の2万0525件、愛知県の1万4437件、埼玉県の1万1962件、千葉県の1万1343件と続いた。
 最近、街を歩いていると自転車に乗って走り回る制服警察官の姿をよく見る。制服を見せることが抑止に繋がることは、これまでもよく言われている。 
  首都東京体感治安を「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

北海道、吹雪で20台が事故 パトカーや救急車も(9日)共同

9日午前、北海道中央部の岩見沢市で、猛吹雪のため視界が遮られた車が相次いで衝突し、事故処理で駆け付けたパトカーや救急車も含む約20台が絡む事故となった。2人が病院に搬送されたが命に別条はない。
 岩見沢署や岩見沢消防署によると、午前6時から9時にかけて、国道234号の数百メートルの範囲で、乗用車やトラックなどによる玉突き事故が断続的に発生。パトカーと救急車は、事故状況やけが人の確認をするために停車していたところ、追突されたという。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013030901001493.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

グラウンド水浸し、窓ガラス53枚割られ… 小田原でまた学校荒らし 卒業式終えた中学2校(9日)産経

昨年12月から中学の窓ガラスが割られるなどの事件が相次いでいる神奈川県小田原市で9日、新たに2つの中学でグラウンドが水浸しにされたり、窓ガラスが割れたりしているのが見つかった。
 小田原署によると、市内で被害に遭った中学は計4校となり、器物損壊容疑などで調べている。2校では8日、卒業式が行われたという。
 同署によると9日午前0時すぎ、小田原市国府津の市立国府津中で、プールのシャワーが出しっぱなしでグラウンドが水浸しになっていたのを警備員が発見。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130309/crm13030916180001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

◆奈良県警が陸自と治安出動の共同訓練(9日)日刊警察

奈良県警は、陸上自衛隊第3師団第3施設大隊と合同で治安出動に係る共同訓練を実施した(写真)。県警から25人、自衛隊から約60人が参加した。訓練では「県内での国際会議開催期間中、強力な殺傷力を有する武器を所持した武装工作員が潜入する可能性が濃厚であることから、陸自に治安出動が下命された」との想定で、白バイによる緊急先導訓練や共同検問訓練、共同警備訓練が行われた。
日刊警察新聞その他のニュースはdownwardleft
http://www.nikkankeisatsu.co.jp/news/1303/0308/news.html#n3

| コメント (0) | トラックバック (0)

大麻草75本栽培で男逮捕 携帯からは取引メールも(9日)テレビ朝日

アパートの4畳半の部屋に照明器具を設置し、販売目的で大麻草75本を栽培していたとして会社員の男が逮捕されました。
 小林一彦容疑者(43)は去年9月ごろから、東京・杉並区の自宅アパートで、大麻草75本を販売目的で栽培していた疑いが持たれています。警視庁によりますと、会社に出勤してこないことを不審に思った上司が部屋を訪れたところ、4畳半の部屋に照明器具を設置して大麻草を栽培しているのを見つけ、110番通報しました。小林容疑者の携帯電話には、乾燥大麻を取引したとみられるメールが残されていたということです。取り調べに対し、「2年ほど前から栽培していたが、営利目的ではない」と容疑を否認しています。

2009_1229_211958annlogo1 http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000001677.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

児童福祉法違反容疑:小3らに新聞配達の父親処分保留に(9日)毎日

自分の子どもの小学生2人に夜中に新聞を配らせたとして児童福祉法違反(禁止行為)容疑で逮捕された堺市中区の読売新聞販売店「YC深井」のアルバイト従業員の男性(31)=同区=について、大阪地検堺支部は8日、処分保留で釈放した。
 1月22、23両日のいずれも午前2時ごろ、小学5年の長男と同3年の長女に同区の住宅で新聞配達の手伝いをさせたとして、大阪府警西堺署が逮捕し、調べに対して「楽ができると思い1年くらい続けた」と容疑を認めていた。【山下貴史】

Logo_mainichi_s1_2 http://mainichi.jp/select/news/20130309k0000e040167000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

佐賀県警警視が置引容疑 近く書類送検へ(9日)共同

佐賀県警刑事部に所属する50代の男性警視が昨年11月、佐賀県小城市内のパチンコ店のトイレで、男性客が置き忘れた財布を盗んだ疑いがあることが9日、県警関係者への取材で分かった。県警は近く窃盗容疑で書類送検する方針。
 県警関係者によると、警視は11月25日午後、小城市のパチンコ
のトイレで、男性が忘れた現金約8万円などが入った財布を盗んだ疑いがある。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013030901001265.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗:駐輪場で76歳女性、バッグ奪われる…名古屋市(9日)毎日

8日午後5時15分ごろ、名古屋市西区栄生の市営住宅駐輪場で、住民の無職女性(76)が買い物から帰って自転車を止めると、男に突然羽交い締めにされ、現金約7万5000円が入ったバッグを奪われた。女性にけがはなかった。愛知県警西署が強盗容疑で捜査している。男は18歳くらい、身長約170センチで中肉。紺色のジャンパーとジーパンを着ていたという。【山口知】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20130309k0000m040156000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

全国の救急出動、搬送人数がともに過去最多(9日)読売

総務省消防庁は8日、2012年の全国の救急出動件数が580万2039件、搬送人数が524万9088人(ともに速報値)に上り、いずれも最多だった11年を更新したと発表した。
 発表によると、出動件数は前年比1・7%、搬送人数は同1・3%増加した。同庁が、前年より出動が増えた全国521消防本部に要因を尋ねたところ、「急病の傷病者の増加」が70・8%で最も多く、「高齢の傷病者の増加」(66・8%)が続いた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

自殺図った女性、母親を殺害した疑いで逮捕(9日)TBS

8日、神奈川県南足柄市の住宅で98歳の女性が死亡しているのが見つかった事件で、警察は同居していた70歳の次女を殺人の疑いで逮捕しました。
 殺人の疑いで逮捕されのは南足柄市のたばこ店手伝い、米山靜江容疑者(70)です。警察の調べによりますと米山容疑者は7日の夜、自宅1階の和室で同居していた母親のさとさん(98)の首をタオルで絞めて殺害した疑いが持たれています。米山容疑者は8日になって、自ら通報し警察官が駆けつけたところ刃物で手首や首を切って自殺を図り倒れていました。
 米山容疑者は、さとさんと2人暮らしで「生きている事がつらい」と遺書も書いていましたがその後、回復し「母の耳が遠くて話が通じず面倒を見るのが疲れてしまった」と容疑を認めているという事です。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5276476.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

コストコ崩落 震災後初の刑事責任追及 「人災」安全管理に警鐘(9日)産経

東日本大震災で大型スーパー「コストコ多摩境店」(東京都町田市)の立体駐車場のスロープが崩落し、8人が死傷した事故で、警視庁捜査1課は8日、業務上過失致死傷の疑いで、構造計算を担当した石川県の設計事務所代表(66)ら1級建築士の男4人を書類送検した。震災による建築物の崩落事故で刑事責任が追及されるのは初めて。
 他に送検されたのは、都内の設計事務所代表(65)▽都内のデザイン設計会社社長(71)▽同社の元社員(60)。捜査1課によると、元社員は「私にも責任はあると思う」と容疑を認め、他の3人は否認している。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130309/crm13030900000010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

アベノミクスで人材確保に危機感 県警(9日)共同

株高、円安が続く経済政策アベノミクス効果に、来春の大量採用を控える県警が危機感を募らせている。県警にとっては、団塊世代の大量退職を補うための人材確保の最終年に当たる。民間企業の業績が上向きになれば、公務員人気は下がる傾向があるため、優秀な学生が集まりにくくなるからだ。二〇一四年度の警察官採用の応募は今月末に始まる。
 津市の県警察学校で五日開かれた警察官志望の学生らを対象にした「オープンキャンパス」。子どものころからあこがれて「警察一本」と決めている学生がいれば、社会貢献や安定性から公務員全般を目指す人や、民間との両にらみなど、参加者の思いはさまざま。「採用試験はやはり難しいので、民間も並行して受けたい」と話すのは県内の私立大三年の男子学生(21)。「地域のために働きたい」と公務員が第一志望で警察も選択肢の一つだが「チャンスは多い方がいい」と民間企業の採用増にも期待する。(中日新聞)
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20130308/CK2013030802000023.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

祇園暴走で勤務先社長書類送検へ 運転者のてんかん認識か(9日)共同

京都・祇園で昨年4月、通行人19人が死傷した暴走事故で、車を運転していた藤崎晋吾容疑者=当時(30)、死亡=がてんかん発作で事故を起こすと認識していた可能性が高いのに運転を止めなかったとして、京都府警が業務上過失致死傷容疑で、勤務先の藍染め製品販売会社の社長(71)を週明けにも書類送検する方針を固めたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。
 従業員の病気に起因する事故で、雇用者が同容疑で書類送検されるのは異例。ただ、藤崎容疑者が死亡し、証拠も乏しく、起訴するのは難しいとみられる。
 藤崎容疑者も、自動車運転過失致死傷容疑で容疑者死亡のまま書類送検する。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013030801002311.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月8日 | トップページ | 2013年3月10日 »