« 「死のうと思ってやった」“自宅に放火”で男逮捕(11日)テレビ朝日 | トップページ | 【なりすましウイルス】派遣先会社で遠隔操作か 勤務時間中?匿名化ソフト使用の形跡(11日)産経 »

2013年2月11日 (月)

誤認逮捕された男性の父親「愚かな結末」(11日)日テレ

パソコン遠隔操作事件で、10日、威力業務妨害の疑いで東京・江東区に住むIT関連会社社員・片山祐輔容疑者が逮捕されたことを受け、去年9月に誤認逮捕された三重・津市の男性の父親が10日夜、取材に応じた。
 警視庁や三重県警などの合同捜査本部は10日、他人のパソコンを遠隔操作して、伊勢神宮(三重・伊勢市)の爆破予告をしたなどとして、片山容疑者を逮捕した。
 また、事件をめぐっては、去年7月から9月にかけ、三重・津市に住む男性(当時27)ら4人が誤認逮捕されていた。
 この男性の父親は10日午後9時頃、取材に応じ、「率直なところ、この人物が犯人なのかというのと、もしそうなら愚かな結末と思いました」と話した。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2013/02/11/07222920.html

« 「死のうと思ってやった」“自宅に放火”で男逮捕(11日)テレビ朝日 | トップページ | 【なりすましウイルス】派遣先会社で遠隔操作か 勤務時間中?匿名化ソフト使用の形跡(11日)産経 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誤認逮捕された男性の父親「愚かな結末」(11日)日テレ:

« 「死のうと思ってやった」“自宅に放火”で男逮捕(11日)テレビ朝日 | トップページ | 【なりすましウイルス】派遣先会社で遠隔操作か 勤務時間中?匿名化ソフト使用の形跡(11日)産経 »