« 不倫の示談装う詐欺、同窓生3人が計1千万被害(26日)読売 | トップページ | 【アルジェリア人質事件】日本人なぜ標的 身代金狙いか 安全対策に隙? (27日)産経 »

2013年1月27日 (日)

第24代警察庁長官に就任 米田壮さん 「事態対処能力」警察活動で重要(27日)産経

Crm13012623190019n11

「事態対処能力」。警察活動で重要なことは何かと問われれば、こう答える。危険を察知し被害の拡大を防ぎ、必要であれば捜査をする。しなやかに、そして速やかに事態に対処する。これが、長年にわたり刑事警察に携わってきた経験から導き出した信念だ。
 これまで数々の重大事件に対処してきた。平成20年に発生した厚生事務次官経験者らの連続殺傷事件では、警察庁刑事局長として捜査を導いた。2人目が被害に遭ったとき、「厚生次官が狙われている」と、多くの次官OBらの自宅周辺を徹底警戒させた。後に逮捕・起訴された被告は調べに「3人目、4人目を襲おうとしたが警備が厳しく断念した」という趣旨の供述をしたという。
 警視庁刑事部長在任時の平成13、14年に経験した2件の誘拐事件の緊張感が忘れられない。「自分の捜査指揮の判断次第で幼い子供の命を左右してしまう。究極の事態対処だった」
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130126/crm13012623190019-n1.htm

« 不倫の示談装う詐欺、同窓生3人が計1千万被害(26日)読売 | トップページ | 【アルジェリア人質事件】日本人なぜ標的 身代金狙いか 安全対策に隙? (27日)産経 »

警察関係ニュース(行政も)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/56635316

この記事へのトラックバック一覧です: 第24代警察庁長官に就任 米田壮さん 「事態対処能力」警察活動で重要(27日)産経:

« 不倫の示談装う詐欺、同窓生3人が計1千万被害(26日)読売 | トップページ | 【アルジェリア人質事件】日本人なぜ標的 身代金狙いか 安全対策に隙? (27日)産経 »