« 教諭、「もめ事」に駆け付けた警官の顔に頭突き(21日)読売 | トップページ | (防災 復興)消防隊員に残るストレス 命救えぬ無力感…通院も(21日)朝日 »

2013年1月21日 (月)

飲酒して口論、25歳年下の内縁の妻刺す…重体(21日)読売

宮城県警塩釜署は20日、利府町加瀬、無職山岸広治容疑者(67)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。
 発表によると、山岸容疑者は同日午前3時頃、自宅アパートで内縁の妻(42)の左太ももを包丁(刃渡り20センチ)で刺し、殺害しようとした疑い。二人で酒を飲んでいた際に口論となり、山岸容疑者が台所にあった包丁を持ち出して刺したという。
 女性は仙台市内の病院に搬送されたが、動脈を損傷して出血が激しく、意識不明の重体。山岸容疑者は犯行後に「妻を刺してしまった」と自ら110番通報した。山岸容疑者は「殺すつもりはなかった」と供述しているという。
 付近の住民によると、女性は2008年頃からアパートで暮らし始め、後に山岸容疑者も同居するようになったという。
 近くに住む会社員男性(56)は「二人で連れだって車で出かける様子を何度も見たことがある。仲は良さそうだった」と驚いた様子で話した。(

2013年1月21日07時17分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

« 教諭、「もめ事」に駆け付けた警官の顔に頭突き(21日)読売 | トップページ | (防災 復興)消防隊員に残るストレス 命救えぬ無力感…通院も(21日)朝日 »

家族関係に起因する事件簿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒して口論、25歳年下の内縁の妻刺す…重体(21日)読売:

« 教諭、「もめ事」に駆け付けた警官の顔に頭突き(21日)読売 | トップページ | (防災 復興)消防隊員に残るストレス 命救えぬ無力感…通院も(21日)朝日 »