« 新年会後に飲酒運転 交通安全担当課の市職員(12日)産経 | トップページ | 貸別荘で短大生殺害、52歳男を殺人罪で起訴(12日)読売 »

2013年1月12日 (土)

中国戦闘機も現場空域に…10日の空自緊急発進(12日)読売

【北京=牧野田亨】複数の中国軍用機が10日、東シナ海に設定された日本の防空識別圏内を飛行し、自衛隊機が緊急発進(スクランブル)した問題で、中国国防省は11日、戦闘機「殲10(J10)」2機とプロペラ式の偵察機1機の計3機が現場空域を飛行したことを認めた。
 同省によると、偵察機が通常のパトロールを行っていたところ、自衛隊のF15戦闘機2機に追尾され、付近に日本の偵察機もいたため、殲10が出動して確認と監視に当たった。空域については「(浙江省)温州の東、東シナ海の油田、ガス田の西南」としか説明していない。
 中国外務省の洪磊

副報道局長は11日の定例記者会見で、「中国軍用機が東シナ海の関係空域を飛行するのは通常のことだ。日本側が理由なく事態を拡大させ、緊張を生み出すことに断固反対する」と述べた。

 防衛省は11日、東シナ海を尖閣諸島(沖縄県石垣市)の方向に飛行する中国国家海洋局のプロペラ機「Y12」を確認し、航空自衛隊の戦闘機を緊急発進(スクランブル)させたと発表した。中国機は同諸島の北方約120キロの地点で針路を変更し、領空には侵入しなかった。同海洋局の航空機は先月13日、同諸島の領空に侵入。このほか同22日以降、今回を含めて6回にわたり領空侵犯はしないものの接近を繰り返している。(2013年1月11日18時36分 読売新聞)

« 新年会後に飲酒運転 交通安全担当課の市職員(12日)産経 | トップページ | 貸別荘で短大生殺害、52歳男を殺人罪で起訴(12日)読売 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国戦闘機も現場空域に…10日の空自緊急発進(12日)読売:

« 新年会後に飲酒運転 交通安全担当課の市職員(12日)産経 | トップページ | 貸別荘で短大生殺害、52歳男を殺人罪で起訴(12日)読売 »