« 【アルジェリア人質事件】なぜ日本人犠牲者最多 警備状況、全容解明は…浮かぶ謎と課題(26日)産経 | トップページ | 屋久島放火、焼死兄弟の75歳親類を逮捕(26日)読売 »

2013年1月26日 (土)

響く銃声 ターバン巻き脱出 日揮 悲しみの帰国(26日)産経イザ

アルジェリア人質事件で25日、犠牲者9人の遺体を乗せた政府専用機が、家族らの待つ羽田空港に到着した。「つらくて、つらくて。本当に残念」。ともに帰国したプラント建設大手「日揮(にっき)」の川名浩一(かわなこういち)社長(54)は涙を浮かべて現地での安否確認を振り返る一方、生還した7人を「誇りに思う」とねぎらった。無事だった日本人駐在員の証言からは、襲撃当時の生々しい状況が明らかになった。 「ステイ・ルーム!」
 「早朝、サイレンが鳴った後、銃声が聞こえた」
 生存者の証言を公表した日揮によると、銃撃は暗いうちに始まった。16日午前5時40分ごろ(現地時間)、イナメナスのプラント近くにある宿舎の自室にいた男性駐在員はサイレンの音で異変を察知した。イスラム過激派武装勢力が天然ガス関連施設を襲撃した瞬間だった。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 【アルジェリア人質事件】なぜ日本人犠牲者最多 警備状況、全容解明は…浮かぶ謎と課題(26日)産経 | トップページ | 屋久島放火、焼死兄弟の75歳親類を逮捕(26日)読売 »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/56628357

この記事へのトラックバック一覧です: 響く銃声 ターバン巻き脱出 日揮 悲しみの帰国(26日)産経イザ:

« 【アルジェリア人質事件】なぜ日本人犠牲者最多 警備状況、全容解明は…浮かぶ謎と課題(26日)産経 | トップページ | 屋久島放火、焼死兄弟の75歳親類を逮捕(26日)読売 »