« 麻薬成分含むハーブ100袋販売の疑い (24日)TBS | トップページ | 女性教諭を海に投げ入れる 野球部員に指示の顧問停職(24日)産経 »

2013年1月24日 (木)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日単位・レベル)
実る時がきた
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130110114703

 大津市の男子中学生が自殺するなど学校でのいじめが深刻になっていることから警察庁は警察と学校が情報の共有が必要とし、いじめを早期に把握するため警察署などに学校との窓口になる担当者を置くほか、通報でいじめを把握した場合は被害届を受理して積極的に捜査する。学校が加害少年を指導しても効果がない時には、警察官OBらの「スクールサポーター」を学校に常駐させることなども検討するという=読売新聞電子版
 注目を集めているいじめや体罰などは学校の隠蔽体質が問題を大きくしている。
 それにしても大阪市の桜宮高バスケットボール部の自殺問題だが、自殺した男子生徒の父親が同部の男性顧問を暴行罪で刑事告訴したという。
 テレビのコメンテーター諸兄は「どこまでが体罰でどこからが暴行となるのか?教育活動に支障がでる」と懸念。正座などは個人の体重によって異なり、人によって暴行扱いされては困る-などと指摘していた。
 倉庫に閉じこめて40発も50発もビンタしたり、拳骨で殴り唇を切るなどは体罰でなく刑法犯の暴行・傷害。診断書があれば一発で「逮捕」だ。「体罰」と言う言葉ではなく、教育のための「愛の鞭」なら警察が出る幕ではない。問題は双方に信頼があるかないか。鞭に愛情があるか否かで決まる。
 学校という「校舎の中で子供たちを人質」にしている閉鎖体質が「隠蔽」を産む。その意味でスクールサポーターの常駐は歓迎したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 麻薬成分含むハーブ100袋販売の疑い (24日)TBS | トップページ | 女性教諭を海に投げ入れる 野球部員に指示の顧問停職(24日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 麻薬成分含むハーブ100袋販売の疑い (24日)TBS | トップページ | 女性教諭を海に投げ入れる 野球部員に指示の顧問停職(24日)産経 »