« 2013年1月21日 | トップページ | 2013年1月23日 »

2013年1月22日

2013年1月22日 (火)

関東の広い範囲で謎の光る物体の目撃情報 隕石(いんせき)か(22日)フジテレビ

20日未明、関東の広い範囲で、光る謎の物体が目撃され、話題となっている。
20日未明、埼玉県内を走行中だった車の車載カメラが、上空に花火のような大きな光をとらえた。
これは流れ星か、それとも隕石(いんせき)か。
光る謎の物体は、落下しながら爆発し、暗い空が明るくなるほどの強い光を放った。
この映像を撮影した人によると、「突然、空が青白く光り、上を見たら、花火の火花のようなものが見えた」という。
そして、目撃情報はこれだけではない。
千葉・我孫子市の「鳥の博物館」に設置されたお天気カメラでも、空に光る物体を確認している。
さらに、神奈川県内を走っていた車の車載カメラにも、青白い光がキャッチされるなど、同じ時間に多数の目撃証言がある。
大きな爆発音を聞いたという人も多く、今、ネットを中心に話題となっている。
東京大学惑星科学の杉浦直治教授は「こういうふうに見えているものは、『火球』と呼ぶんですけど、これが地上まで落ちてくれば、隕石と呼びます。隕石として地上で発見されると、学問的にも、いろいろ面白いことがわかるかもしれないんですけど」と話した。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00239114.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

毒グモ「セアカゴケグモ」?かまれた男性入院(22日)読売

福岡市は22日、中央区の舞鶴公園で21日、特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」とみられるクモに男性(30歳代)がかまれたと発表した。男性は頭痛や吐き気を訴えて病院に救急搬送され、入院した。同公園は多くの市民でにぎわう場所だけに、市は「見つけても絶対に素手で触らないでほしい」と、注意を呼びかけている。
 発表によると、男性は21日午後0時半頃、公園駐車場近くの自動販売機から缶コーヒーを取り出した際、クモが右手首から袖の中に入り込み、右腕の内側をかまれた。クモは逃げていなくなった。男性はいったん帰宅したが、痛みが増したため、午後2時50分頃に119番。搬送先の病院で市備蓄の血清を投与された。
 男性は市に対し、「セアカゴケグモと同じ赤い模様があった」と話しているという。市は21日夕から22日にかけ、公園内を調査したが、見つからなかった。
 セアカゴケグモは豪州原産で体長約1センチ。外国船で運ばれ、福岡市でも東区の港湾地区で繁殖し、昨年は中央区天神で見つかるなど地域が拡大。昨年までの4年間に約1万3000匹を駆除した。同9月には、初めて86歳の女性がかまれる被害が出た。

 舞鶴公園は国史跡の福岡城跡や

鴻臚館

(

こうろかん

)

跡があり、市民や観光客でにぎわう。これまで発見例はなく、市みどり管理課は「繁殖しないよう巡回を強化したい」としている。(2013年1月22日20時54分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

柔和な笑顔で「重い責任感じる」 第90代警視総監に就任する西村泰彦さん(57)(22日)産経

平成7年は、忘れ得ぬ年だという。阪神大震災とオウム真理教に対する一斉強制捜査。震災救助と山梨・旧上九一色(かみくいしき)村の教団施設の捜索支援で、寝食を忘れて活動にあたった警視庁の機動隊を、警備1課長として指揮した。
 「自らの危険を顧みずに救助に没頭し、サリンで反撃されるかもしれない恐怖心と戦いながら、オウムに立ち向かう機動隊の姿は今でも鮮明に記憶に残っています」
 テロ警戒や要人警護、重要施設の警備など、警察内部では「警備実施」と呼ばれる分野のエキスパートだ。九州・沖縄サミット(12年)は沖縄県警本部長として警戒警備で、サッカーの日韓ワールドカップ(14年)は警察庁警備課長としてフーリガン対策で、北海道洞爺湖サミット(20年)は警視庁警備部長として応援部隊の派遣と首都警戒で采配を振るった。
 警察官を志したのは「『悪をくじき、弱きを助ける』という生き方がしたかったから」。若い頃、県警の捜査2課長として事件を解決した際に、事件関係者から「刑事さん、本当にありがとう」と言われたことが忘れられない。悪をくじく、この仕事を選んで間違いなかったと、感慨を覚えた。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130122/trl13012220570003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日単位・レベル)
情報機関の充実をsign01
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20130110113905

 アルジェリアの外国人人質事件は最悪の結末を迎えた。城内外務政務官が現地入りして日本人7人の死亡を確認した。発生から5日が過ぎていた。
 この間、家族など関係者をはじめ多くの国民は、情報の錯そうにいらだちを感じていた。政府の情報収集の無能力を指摘する声まであった。
 事件現場の「取材=情報」の収集はどんなものかは経験者でなければ分からない。自分がカメラマンと事件記者の時は命をかけた。
タクシー強盗事件では現場に近づくため民家の塀を3つも乗り越えた。地上から近づけない場合はヘリコプターを利用。それでも地上の取材が必要な時はヘリから飛び降りた。時には高速道路上に…ある時は田んぼの真ん中に…そしてある時は街の真ん中の駐車場に…。全てに命をかけていた。広報体勢が整った日本でも情報の取得は難しい。
 今回のようなテロの脅威にさらされている国は、日本のように広報体制が確立されていない。
 問題は我が国には、米国やイギリスなど欧米諸国に比べてこうした事態に対処する情報網がないことだ。イギリスのような秘密情報部「Military Intlligence section6」のような組織は必要だ。昨年はOO7を公募していた。
 それに比べて我が国は、現地の情報をマスコミに頼るような内閣情報調査室では時代錯誤も甚だしい。007を養成し、中国や北朝鮮などに配置すべきである。政府は地上監視衛星を倍増させると言っているが、衛生から飛び降りての情報収集が必要の時もある。 
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

神奈川県警などが殺人で捜査…日本人7人死亡受け(22日)テレビ朝日

アルジェリアの邦人拘束事件で日本人7人の死亡が確認されたことを受け、警察庁は、神奈川県警などが殺人や逮捕監禁容疑で捜査を始めたことを明らかにしました。
 古屋圭司国家公安委員長は21日深夜に会見し、警察庁が18日に捜査や人質交渉などの専門家からなるTRT-2=国際テロリズム緊急展開班をアルジェリアに派遣したことを明らかにしました。TRT-2のメンバーは当初、首都アルジェで軍などから情報収集をしていましたが、その後、外務省や日揮の関係者らとともにイナメナスに入り、遺体の身元確認作業を行っているということです。警察庁は、日本人の死亡が確認されたことを受け、刑法の国外犯規定に基づき神奈川県警などが殺人や逮捕監禁容疑で捜査を始めたことを明らかにしました。今後、死亡の状況などについて現地の捜査当局などと連携して調べることにしています。

2009_1229_211958annlogo1 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230122030.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

虚偽注文し手薄な隙に…バイト先のピザ店を強盗、容疑の男ら逮捕/横浜(22日)共同

 アルバイト先のピザ店から多額の売上金を奪うなどしたとして、県警捜査1課と青葉署は21日までに、強盗傷害などの疑いで、横浜市磯子区森3丁目、会社員の容疑者(23)と当時19歳だった同区の男(21)を逮捕。窃盗容疑で同市青葉区榎が丘、私立大学4年の容疑者(22)を逮捕した。
 会社員の容疑者と少年の逮捕容疑は、2010年9月、同市青葉区のピザ店に侵入し、男性従業員(27)に軽傷を負わせた上で金庫から約59万円を奪った、としている。会社員の容疑者と大学生の容疑者は10月にこのピザ店から約66万円を盗んだ、としている。
 同署によると、会社員の容疑者は「遊ぶ金が欲しかった」と供述。大学生の容疑者は「身に覚えがない」と否認している。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1301210024/

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁長官に米田氏 警視総監には西村氏(22日)産経

警察庁の片桐裕長官(61)と警視庁の樋口建史警視総監(59)が勇退し、警察庁長官の後任には米田壮次長(60)が、警視総監には西村泰彦警察庁警備局長(57)がそれぞれ就任することが、22日の閣議で了承された。25日付で発令される。
 片桐長官は東京都出身。昭和50年に警察庁に入り京都府警本部長、警察庁生活安全局長、警察庁次長などを経て平成23年10月に長官に就任した。
 長官在任期間中には17年近くにわたって逃走を続けていたオウム真理教の特別手配容疑者3人の逮捕を指揮したほか、暴力団対策法を改正し凶悪事件を引き起こしていた北部九州地区の暴力団の取り締まりに力を入れた。
 警察庁次長には金高雅仁官房長(58)が、官房長には坂口正芳大阪府警本部長(55)がそれぞれ就任する。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130122/crm13012210360009-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

クラブ襲撃で男2人逮捕 逮捕者計18人に(22日)日テレ

東京・六本木のクラブ襲撃事件で、21日、新たに、暴走族グループ「関東連合」の元メンバーら2人が逮捕された。これで、逃亡を続けているのは、残り1人となる。  凶器準備集合の疑いで新たに逮捕されたのは、金城勇志容疑者(30)と小野雄一郎容疑者(28)。この事件は、去年9月、六本木のクラブで客の藤本亮介さんが集団に襲撃されて殺害されたもので、2人は、事件直前に、クラブの近くに金属バットなどを持って集まった疑いが持たれている。
 警視庁の調べに対し、金城容疑者は「今は話したくありません」などと話しているという。 この事件をめぐる逮捕者は18人となり、現在も逃亡しているのは、フィリピンに潜伏しているとみられる主犯格の男(33)のみとなり、警視庁が行方を追っている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2013/01/22/07221686.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国際テロ緊急対策チーム、現地に派遣 (22日)TBS

古屋国家公安委員長は、警察庁の国際テロの緊急対策チームを現地に派遣し、人質の安否確認や情報収集に当たっていることを明らかにしました。 「警察から国際テロリズム緊急展開班(TRT2)をアルジェリアに派遣、武装グループについて情報を収集した」(古屋圭司国家公安委員長)
 また、神奈川県警などが刑法の国外犯規定を適用し、殺人や逮捕監禁の疑いで捜査に乗り出したことが警察当局への取材で分かりました。今後、遺体の司法解剖や関係者の事情聴取を検討しているということです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5237542.htmlLogo1

| コメント (0) | トラックバック (0)

都の「尖閣購入」寄付金、31日で受け付け終了(22日)読売

東京都は21日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の購入などを目的にした寄付金の受け付けを今月31日で終了すると発表した。
 都によると、昨年4月に開始した寄付金は、1月17日現在で14億8235万10円に達している。基金として管理し、将来的には同諸島を所有する国に託し、船だまりなどの施設整備費用に充てたい考えだ。都は基金化するための条例案を2月に開会する都議会第1回定例会に提案する。

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本人7人の死亡を確認、首相が言明…人質事件(22日)読売

アルジェリア東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きたイスラム武装勢力による人質事件で、政府は21日、行方が分からなくなっていた日本人10人のうち、7人の死亡を現地の病院で確認した。
 安倍首相が21日夜、関係閣僚による政府対策本部で明らかにした。7人はいずれも男性で、大手プラントメーカー「日揮」(本社・横浜市)の社員ら関係者。氏名や住所は公表されていない。今回の事件で日本人の死亡確認は初めて。政府は残る3人の安否確認に全力を挙げている。
 7人の死亡は、イナメナスに入った城内実外務政務官ら日本政府関係者と、日揮関係者が確認した。
 安倍首相は対策本部で、「城内政務官より、現地の病院に安置されている遺体と対面した結果、安否確認中の日揮社員のうちの7人であるとの報告を受けた」と説明した。そのうえで、関係閣僚に対し、「亡くなった方が一刻も早く日本に戻り、ご家族と会えるよう政府としてできる限りの支援をしたい。今なお3人の安否が分かっておらず、確認に全力を尽くしていただきたい」と指示した。
 菅官房長官は対策本部終了後の記者会見で、遺体の身元は、写真などの資料で確認したことを明らかにした。「念のため(首都)アルジェで、科学的見地から確認がされる予定だ」とし、DNA鑑定などを行う考えも示した。亡くなった人の氏名を公表しない方針については、「日揮と相談し、公表は避けてほしいとのことだった」と説明した。
 政府は22日夜にも政府専用機をアルジェリアに派遣し、無事が確認された7人の日本人と、死亡した7人の遺体を日本に搬送する。専用機には鈴木俊一外務副大臣が同乗する予定だ。
 菅氏は記者会見で、「現地は危険な状況だ」とし、遺族らはアルジェリアに向かわないとの見通しを示した。
 日本人の安否に関し、政府は、アルジェリア政府から複数の日本人の死亡情報が提供されたことは認めていたが、日本政府が自ら確認するまで公表を控えてきた。
 一方、日揮は21日、救出された日本人3人とフィリピン人1人が現地時間21日午前、政府関係者とともにイナメナスに戻ったと発表した。4人は川名浩一社長と合流し、政府関係者とともに安否確認作業にあたっている。
 日揮によると、事件発生時、施設には日本人17人、外国人61人のスタッフがいた。このうち、日本人10人、外国人7人が行方不明となっていた。
 警察庁は21日夜、日揮の本社がある神奈川県警などが、アルジェリアの現地当局と連携し、刑法の国外犯規定に基づき、殺人と逮捕監禁容疑で捜査を始めたことを明らかにした。
 人質事件は16日早朝(日本時間16日午後)に起きた。武装勢力が施設から空港に向かっていたバスを襲撃し、施設内の居住区域に侵入。日本人や米国人など外国人を人質にとり、隣国マリへのフランスによる軍事介入の停止などを要求した。
 これに対し、アルジェリア軍は17日午後(日本時間17日夜)、武装勢力への攻撃を開始し、戦闘は19日まで続いていた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の信号無視も略式起訴へ 東京地検が方針変更(22日)産経

悪質な信号無視を繰り返す自転車の運転者について、東京地検は21日、これまで原則不起訴としてきた方針を改め、道交法違反(信号無視)罪で略式起訴する方針を明らかにした。都内で自転車が関係した事故の割合が高まっており、悪質な運転に厳しい姿勢で臨むことが必要と判断した。こうした運用は全国の検察で初めてという。
 地検によると、略式起訴の対象となるのは、2人乗りや携帯電話を使用しながらなど安全への配慮を欠いた運転をしたうえで、さらに信号を無視し、事故を引き起こしそうになったケース。2回以上繰り返した場合、原則略式起訴する。略式起訴されれば、5万円以下の罰金刑が科される。
 自転車の運転者には自動車と違って、刑事手続きを免除する反則金制度が存在しない。略式命令を受けると前科となるため、検察は同じ信号無視で自転車の運転手にだけ前科がつくのは不公平との考えから、すべて起訴猶予などの不起訴処分にしてきた。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130121/crm13012122280023-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅街で女子高校生切られる 千葉(22日)産経

21日午後6時10分ごろ、千葉県市原市飯沼の市道で、近くに住む高校3年の女子生徒(17)が後ろから来た男にこぶしで後頭部を殴られた後、刃物のような物で頭部右側を切られた。女子生徒は軽傷という。男は逃走、市原署で通り魔事件として、傷害の疑いで男を追っている。 同署によると男は25~30歳くらい。170~175センチ前後でジャンパーと黒のズボン姿だった。女子生徒は犬の散歩中で、いきなり羽交い締めにされ「黙っていろ」と脅されたという。犬がほえて男がひるんだすきに女子生徒は逃げ、父親に携帯電話で連絡。父親が119番通報した。現場はJR五井駅から南西に約1.5キロの住宅街。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130121/crm13012123030024-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺体写真など記録のカメラを紛失 高知県警土佐署(22日)共同

高知県警土佐署は21日、刑事生活安全課が保管するデジタルカメラ1台やSDカード1枚などを紛失したと発表した。SDカードには、事件現場や遺体の写真が最大で約100枚記録されている可能性があるという。土佐署によると、16日午前10時、SDカードの点検で発覚。11日午前9時に署内で交通関係の証明写真を撮影したのが最後の使用だった。
 同署は通常、フィルムカメラとデジタルカメラが入ったバッグを、同課鑑識室の棚の上に置いて保管している。紛失したデジタルカメラは予備として使い、正規の捜査資料はフィルムカメラで撮影していたため、捜査への影響はないという。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013012101002021.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月21日 | トップページ | 2013年1月23日 »