« 2012年12月31日 | トップページ | 2013年1月2日 »

2013年1月1日

2013年1月 1日 (火)

コミュニティーサイトが児童買春助長、府警が監視要請(1日)共同

同じ趣味や関心を持つ人がインターネット上で交流する「コミュニティーサイト」が児童買春を助長していたとして、京都府警が、東京都内のサイト運営会社1社に書き込みの監視強化を文書で要請したことが31日、捜査関係者への取材で分かった。近年、コミュニティーサイトを利用する子どもが犯罪に巻き込まれるケースが相次ぐが、民間のサイト審査機関によると、警察が特定の運営会社に書き込みのチェックを求めるのは異例という。
 要請を受けたのは、インターネットゲームのサイト「ポケゲー」を運営するエイチエムシステムズ(東京都千代田区)。同サイトではゲームだけでなく、書き込みを通じて利用者同士の交流ができる。府警は先月19日、同サイトが援助交際に少女を誘う手段に使われたとして、同サイトを常時監視し、悪質な書き込みの早期発見、排除に努めるよう求めた。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130101000058

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日、単位・レベル)
原点にかえれ!
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

2013top1

 平成24年は前代未聞の警部補による会社役員夫妻殺人事件が起きるなど不祥事が目立った年でした。
 昭和53年1月、警視庁の巡査が制服で巡回中に22歳の女子大生に乱暴して殺害した事件が、それまでの最悪の不祥事とされていた。ところが今回は2人を殺害したのである。
 後日になって、警部補は殺人事件前には2件の窃盗事件を起こしていた。動機は消費者金融に返済するための窃盗だった。幹部はなんでこれを見逃したのか?組織の箍(たが)の緩みとしか思えない。
 平成11年のあの一連の不祥事で日本警察が窮地に陥っているとき、元警察庁長官の国松孝次さんが次のように語っていたことを思い出す。
 「不祥事には必ずその事案に内在する個別の要因がある。それを踏まえず一般化して議論することは当を得ない」
 確かに、100件の不祥事があれば100通りの事案がある。それを1絡げにして組織を否定するのはおかしい。何が問題なのか?国松さんは「最近の警察官の教育は逮捕手続きをどうするかなど実質的な面に重点が置かれ、警察官の精神面での教育がお留守だ」
 その上で「警察官は法律執行を通じて国民の安全を護るという護民官警察を目指すべきである」と語った。
 あれから13年-今年は、もう一度原点に返り、あの当時の悔しさを跳ね返す元気な護民官警察になることを期待する。正月早々、不祥事の話題で申し訳ないが期待を込めて書きました。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

頭から血を流した男性遺体…殺人か 北九州市(1日)テレビ朝日

1日未明、北九州市の住宅で頭から血を流した男性の遺体が見つかりました。警察は、殺人事件として捜査しています。
 31日夜、北九州市小倉北区で無銭飲食をしたとして40代の男が詐欺容疑で逮捕されました。警察によりますと、男は調べに対し、「死体がある」と供述。男の話に基づき警察が門司区内の住宅を調べたところ、1日午前4時半ごろ、布団で覆われた50歳ぐらいとみられる男性の遺体が居間から見つかりました。男性は、頭から血を流して倒れていました。警察は、詐欺の疑いで逮捕した男が何らかの事情を知っているとみて追及し、殺人事件として捜査しています
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/230101012.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島原発事故 米特殊チームの情報生かせず「人災」地元怒り(1日)共同

東京電力福島第1原発事故を受けて日本に派遣された米特殊チームが収集したのは、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)で得られる予測値ではなく、実際の汚染度を示す実測値。住民避難の「指針」となるべき貴重な情報が生かされなかったことに、地元の怒りは収まらない。
 2012年7月、国会に参考人として出席した福島県浪江町議会の吉田数博議長は、原発から北西方向に高い放射線量が検出されたことを示す放射能汚染マップを見て、「(早期に)公表されていれば、多くの町民を放射能から守れたのではないか。無念さと同時に憤りを感じる」と政府対応を厳しく批判した。
 浪江町は中心部が第1原発の半径20キロ圏に入るが、北西部は20キロ圏外のため、一時は中心部から約8千人が北西部へ避難。その後、多くの人が町外へ移動したが、20~30キロ圏は屋内退避区域とされたことから、北西部にとどまった住民もいた。
 吉田議長は国会で「何の対策もデータも持たないわれわれには(米国の実測データは)得がたい情報であったはず。公開しなかったことは人災そのものだ」と怒りをあらわにした。最近の取材にも「政府は(汚染マップを)SPEEDIと同じようにとらえたのか。残念だ」と語気を強めた。
 当時、官房長官として危機管理に当たった枝野幸男氏は「(米データを活用していれば)屋内退避エリアの避難が早くなった可能性はある。なぜ政務まで上がってこなかったのか。本当に遺憾だ」と話した。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130101t63005.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

天皇陛下「支え合い、困難克服を」…新年の感想(1日)読売

天皇陛下は、新年を迎えるに当たっての感想を文書で発表された。

 東日本大震災から2度目の冬を迎え、放射能汚染などにより避難先や仮設住宅で過ごしている被災者について「改めて深く案じられます」と心を寄せられた。震災対策として「被害の経験を十分にいかした防災教育やまちづくりが行われるよう願っています」とし、「皆が被災者に心を寄せつつ、互いに支え合って様々な困難を克服していくよう期待しています」とつづられた。
 天皇、皇后両陛下の今年の予定は、5月に全国植樹祭のため鳥取県を、10月に全国豊かな海づくり大会のため熊本県を訪問するほか、9月には東京都内で行われる国体開会式に出席される。天皇陛下は12月に80歳を迎えられる。(2013年1月1日09時13分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

標識に衝突…車炎上、埼玉で2人死亡(1日)産経イザ

 1日午前6時10分ごろ、埼玉県越谷市増林の県道で、乗用車が縁石と道路標識の柱に衝突した。車は炎上し、車内から2人の遺体が発見された。県警越谷署は、遺体の身元確認を急ぐとともに、事故原因を調べている。越谷署によると、縁石の傷や現場の状況などから、車は進行方向左側の縁石にぶつかった後に標識の柱に衝突、炎上したとみられる。2人は運転席と助手席から発見された。 現場は見通しのよい片側1車線の直線道路。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

PC遠隔操作「真犯人」から? 朝日新聞記者らにメール(1日)朝日

 遠隔操作されたパソコンからの犯罪予告事件の真犯人とみられる人物からのメールが1日未明、朝日新聞記者を含む20を超える報道機関や個人に届いた。発信元のアドレスは、昨年10月に都内の弁護士などに届いた犯行声明メールや、同11月に朝日新聞記者らに届いたメールと同じアドレスだった。
 メールは「謹賀新年」というタイトルで1日午前0時19分に届いた。メールでは「新しいゲームのご案内」として、「添付のパズルを解くと先着1名様限定」で「私からの長文のメッセージ(これまで頂いたメールへの解答などFAQ形式)」などが自動的に入手できるとし、「マスメディアの方はスクープのチャンスです」と記している。
 また、「このメールはすぐに警察には知らせない方がいいです。今回のゲームは死ぬとか殺すとかの犯罪的な要素は一切無い」としている。詳細は以下をクリック downwardleft
http://www.asahi.com/national/update/0101/TKY201212310638.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

農水機密、サイバー攻撃…TPP情報など流出か(1日)読売

 農林水産省がサイバー攻撃を受け、環太平洋経済連携協定(TPP)交渉などを巡る機密文書二十数点を含む延べ3000点以上が海外に流出した疑いのあることが分かった。公用パソコンが遠隔操作され、海外のサーバーと通信している痕跡が見つかった。2012年4月の日米首脳会談と11年11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の直前に作成された文書が狙われたとみられる。日本の外交方針が筒抜けになっていた可能性が高い。
 関係者によると、流出の疑いが生じているのは、11年10月から12年4月に作成された内部文書。
 12年4月の日米首脳会談の前に作成された文書では、当時の野田首相とオバマ米大統領の共同声明のTPP関連部分について、外務省と意見交換しながら作成した文案や、会談で首相が発言する予定の「総理発言要領」、現地での首相の行動予定などが含まれていた。
 また、日本がTPP交渉への参加を表明するかどうかが注目された11年11月のAPEC首脳会議の直前に作成した文書では、TPP参加時期に関する首相の意向などが記されていた。
 TPP交渉に参加した場合の工程表や、判断を先送りした場合の影響を検討した文書など20点以上の機密文書もあった。いずれも政府の機密性の統一規範で、3段階のうち2番目(漏えいで国民の権利が侵害されるか、行政事務に支障を及ぼすおそれがある情報)に指定されていた。
 これらの文書は、TPPなど国際交渉を担当する職員らのパソコンから別のパソコンに集められ、通信しやすいようにデータが圧縮されていた。また、情報が集約されたパソコンが不正通信を繰り返していたサーバーのIPアドレス(インターネット上の住所)は韓国内にあり、攻撃者がこのサーバーを操作していたとみられることも農水省の調査で判明。操作画面はハングルで表記されていた。(2013年1月1日03時02分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

ネットバンク不正:中国公安当局に捜査共助を依頼…警察庁(1日)毎日

インターネットバンキングを不正使用した中国人グループによる預金窃盗事件で、警察庁が国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、中国公安当局に捜査共助を依頼していたことが捜査関係者への取材で分かった。事件を主導したとみられる中国福建省に拠点を置く犯罪組織の実態解明や、他に関与した疑いがある中国人の男数人の所在確認を要請したとみられる。事件を捜査している福岡、埼玉両県警は中国公安当局からの返答を待ち、全容解明を進める。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://mainichi.jp/select/news/20130101k0000m040073000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉でコンビニ強盗、被害8万円余り (1日)TBS

31日未明、埼玉県富士見市のコンビニエンスストアに男が押し入り、現金8万円余りを奪って逃走しました。
 午前3時過ぎ、富士見市鶴瀬西にあるコンビニエンスストアで客を装った男がアルバイトの男性店員(20)に果物ナイフのような刃物を突きつけ、『金をレジ袋に入れろ』と脅しました。
 男性店員が現金8万3千円をレジから取り出し、袋に入れると男は袋を奪って、逃走しました。事件当時、店内に客はおらず、男性店員にけがはありませんでした。
 逃げた男は年齢が20代から30代、身長は170センチから175センチくらいだったということで、警察は強盗事件として行方を追っています。

Logo1

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5221223.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

土佐犬に襲われ警察官ら3人けが 兵庫・高砂市(1日)産経

31日午後2時10分ごろ、兵庫県高砂市中筋5丁目で、土木作業員(48)が飼っていた土佐犬(雄、2歳)がおりから逃げ出し、付近のパート女性(61)や警察官(52)にかみつき、計3人がけがをした。
 高砂署などによると、女性は首の辺りをかまれたが、命に別条はなく、県動物愛護管理条例違反の疑いで調べている。
 高砂署によると土佐犬は体長約1メートル。おりの扉が開いており、つないでいた鎖も切れていた。
詳細は以下をクリック  downwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121231/crm12123121030003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

【なりすましウイルス】「新しいゲームのご案内ですよ」“真犯人”から年明けメール(1日)産経

遠隔操作ウイルス事件で、真犯人とみられる人物から産経新聞など報道機関などに「新しいゲームのご案内ですよ」などと書かれたメールが送られていたことが1日、分かった。
 メールは1日午前0時15分ごろに、これまで犯行声明メールなどを送っていた落合洋司弁護士や、産経新聞など報道機関約20カ所に送られていた。
 メールには「10月から仕込んでおいたのをようやくお披露目です。添付のパズルを解くと、先着1名様限定で私からの長文のメッセージが自動的に入手できる仕掛けになっています」などと記載。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130101/crm13010100430000-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月31日 | トップページ | 2013年1月2日 »