« 殺人容疑の警部補、休暇中に建設会社でバイト(27日)読売 | トップページ | 東京地検:会社社長を不起訴 暴走族の名で恐喝未遂(28日)毎日 »

2012年12月28日 (金)

ネットバンク不正:送金先9割中国人口座 組織的犯行か(28日)毎日

インターネットバンキングの不正送金事件が相次いでいる問題で、今年に入ってから26日までに判明した不正送金先口座のうち、9割が中国人名義とみられることが警察庁の調べで分かった。フィッシングとコンピューターウイルスを交互に使いわけるなど時期によって手口を変遷させていることも判明。警察当局は中国人グループが組織的に犯行を繰り返している可能性が高いとみて調べている。
 警察庁によると、6〜12月だけで、ゆうちょ▽三井住友▽みずほ▽楽天−−の4行の計58口座で被害を確認。総額約4600万円が他人名義の口座に不正送金された。送金先は77口座に上り、うち72口座が中国人名義とみられている。
 送金先には日本人名義の口座もあるが、愛知県警が逮捕した名義人は「中国人の男に口座を譲り渡した」と供述したという。不正送金を巡っては昨年約3億円の被害があり、福岡県警などが「出し子」ら中国籍の男女14人を逮捕。その供述などから中国国内にいる組織の関与が疑われ、警察当局は最近の事件との関連も調べている。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://mainichi.jp/select/news/20121228k0000m040139000c.html

« 殺人容疑の警部補、休暇中に建設会社でバイト(27日)読売 | トップページ | 東京地検:会社社長を不起訴 暴走族の名で恐喝未遂(28日)毎日 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/56409397

この記事へのトラックバック一覧です: ネットバンク不正:送金先9割中国人口座 組織的犯行か(28日)毎日:

« 殺人容疑の警部補、休暇中に建設会社でバイト(27日)読売 | トップページ | 東京地検:会社社長を不起訴 暴走族の名で恐喝未遂(28日)毎日 »