« 社債詐欺で71歳女性が500万円被害(29日)産経 | トップページ | 消防署員が署長を恐喝容疑 不祥事巡り金を要求 大分(29日)朝日 »

2012年12月29日 (土)

ひき逃げ事件遺族、300万円の私的懸賞金準備(29日)読売

 山梨県甲斐市志田の国道20号で2011年2月、会社員平野隆史さん(当時24歳)がひき逃げされて死亡した事件で、佐賀県に住む平野さんの両親らが、犯人検挙につながる有力情報の提供者に対し、300万円の私的懸賞金を支払う準備を進めている。
事件から丸2年となる来年2月25日から始める予定で、「事件解決の糸口になれば」と祈るような思いだ。
 韮崎署の事件当時の発表によると、平野さんは11年2月25日午前3時50分頃、国道の路肩付近で鼻や口から血を流し、意識不明の状態で倒れているのを通行人に発見され、その後死亡した。手がかりとなる車の破片などの痕跡は少なく、夜間で目撃情報も少ないため捜査は難航している。
 母親によると、平野さんは当日未明まで会社の送別会に参加し、午前2時50分頃に帰宅。発見までの1時間に何があったのかは分かっていないという。突然の息子の死に対し、「怒りの矛先をどこに向ければよいのか分からず、諦めきれない思いを抱いてきた」と話す。
 佐賀から山梨は遠く、情報提供を求めるチラシ配りなども難しいことから、私的懸賞金の準備を始めた。母親は「『当時、様子がおかしい人が周辺にいた』など、ささいな情報でもいいから寄せてほしい」と訴えている。
 懸賞金の期間は来年2月25日から1年間を予定。情報提供は韮崎署((電)0551・22・0110)へ。(2012年12月29日17時47分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

« 社債詐欺で71歳女性が500万円被害(29日)産経 | トップページ | 消防署員が署長を恐喝容疑 不祥事巡り金を要求 大分(29日)朝日 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひき逃げ事件遺族、300万円の私的懸賞金準備(29日)読売:

« 社債詐欺で71歳女性が500万円被害(29日)産経 | トップページ | 消防署員が署長を恐喝容疑 不祥事巡り金を要求 大分(29日)朝日 »