« 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月24日 »

2012年12月23日

2012年12月23日 (日)

殺人容疑の警官、情報漏洩で逮捕歴 昆虫博士の一面も(23日)朝日

殺人・放火事件から2年8カ月。殺人容疑などで逮捕されたのは富山県警の現職の警部補だった。加野猛容疑者(54)は捜査情報を知人に漏らしていたとして逮捕され、休職していた。一方、「昆虫博士」として地域で慕われる一面もあった。
 加野容疑者は1977年に県警に採用され、2008年に警部補に昇任。今年7月ごろに健康上の理由で退職を申し出ていたという。
 同僚は「仕事ぶりはまじめ」と口をそろえる。だが、高岡署の留置管理課で勤務している際に捜査情報を知人に漏らしたとして逮捕された。加野容疑者は調べに対し、「昔から知っている知人にいい格好をしたかった」と話したという。
 少年時代から昆虫好きだった加野容疑者は、警察官として勤務するかたわら、採集した昆虫の標本を地区の文化祭に出展したり、幼虫から育てたカブトムシ数百匹を子どもたちに配ったりして、「昆虫博士」として地域で知られていた。詳細は以下をクリック downwardleft
http://www.asahi.com/national/update/1223/OSK201212220178.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

現職警官の殺人容疑逮捕、言葉失う警察庁幹部(23日)読売

現職の警察官による殺人事件を巡っては、2007年8月、東京都国分寺市のアパートで、警視庁立川署の巡査長(当時40歳)が女性を射殺。巡査長は現場で拳銃自殺し、殺人容疑などで容疑者死亡のまま書類送検された。
 00年12月にも、神奈川県警の警部補(同42歳)が部下の女性職員(同28歳)を刺して殺害する事件が発生。警部補は首つり自殺を図っていた。
 ただ、現職警官が殺人容疑で逮捕されるのは珍しく、警察庁幹部は「信じられない事件だ」と言葉を失っていた。今年に入って、捜査情報の漏えいなど現職警察官による不祥事は全国各地で相次いでおり、警察当局は厳しい批判を受けそうだ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

浴槽内で男性の溺死体 事件事故両面で捜査(23日)産経

21日午後2時20分ごろ、大阪市東淀川区豊里7の31の15の5階建てアパートの一室で男性が亡くなっていると、管理会社の男性社員から110番があった。東淀川署によると、この部屋に住む職業不詳の田村直大さん(70)が裸で浴槽内に沈んだ状態で見つかった。死因は溺死とみられ、同署が23日に明らかにした。
 東淀川署によると、解剖の結果頭部には傷もあり、同署は事件、事故の両面で捜査を進めている。
 同署によると、一人暮らしで、玄関や窓は施錠されていた。室内に血痕や、荒らされた跡はなかったという。
 田村さん宅の玄関に数日分の新聞がたまっているのを不審に思った近所の人が、アパートの管理会社に連絡。担当者が合鍵で室内に入り発覚した。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚せい剤110キロ押収 麻薬取締部、博多港の重機(23日)産経

九州厚生局麻薬取締部と門司税関は23日までに、福岡市・博多港で陸揚げされたコンテナ貨物内の重機から覚せい剤約110キロを押収し、麻薬特例法違反容疑(所持)で佐賀県神埼市神埼町の会社経営北村竜次容疑者(37)ら5人を逮捕した。逮捕は21日。
 同麻薬取締部などによると、ほかに逮捕したのは30~50代の米国、ベトナム、カナダ、セルビアの各国籍の男4人。
 12月上旬にオランダから博多港に船で運ばれた貨物コンテナ内にあったロードローラーの内部から覚せい剤約110キロを発見した。末端価格は約90億円。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121223/crm12122310440006-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

残忍手口で前代未聞の複数人殺害、背景に金銭トラブルか 警部補逮捕(23日)産経

前代未聞の警察不祥事が発覚した。富山市のビルオーナー夫妻殺人放火事件で22日、現職警察官が逮捕された。富山県警警部補の加野猛(かの・たけし)容疑者(54)は残忍な犯行に手を染めながら2年8カ月の間、警察官として在職。現職警察官による殺人事件は過去にも起きているが、複数人が犠牲になる事件は極めて異例だ。加野容疑者は昭和52年に県警に採用された。平成20年に警部補に昇任、交番勤務などの地域部門や留置管理部門が長いという。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121223/crm12122311360008-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

シカ狙い猟銃誤射、男性死亡 群馬・桐生の山中(23日)産経

23日午前10時25分ごろ、群馬県桐生市黒保根町宿廻の山中で、猟をしていた同県みどり市笠懸町、大工、片平正司さん(64)の頭に、一緒に来ていた会社員男性(60)=みどり市=が撃った散弾銃の弾が当たった。片平さんは搬送先の病院で死亡した。
 桐生署によると、片平さんは地元猟友会の仲間8人と入山していた。男性は約80メートル先のシカを狙って撃ったが、近くにいた片平さんに誤って命中したとみられ、同署が事情を聴いている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121223/crm12122317040011-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(23、24日単位・レベル)
銀行預金の魅力に問題だ
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120228094515_2

今年も残すところ8日--振り込め詐欺が依然として猛威を振るった年だった。今年11月まで全国での振り込め詐欺の認知件数は前年同期に比べて93件減少した5595件だったが、被害総額は132億9156万5000円と前年同期より34億2962万1000円も増加していることが警察庁のまとめで分かった。
 このうち最も被害が多かったのはオレオレ詐欺で認知件数は3255件で728件の増加。被害総額は92億6003万6000円で11億5094万8000円も増えた。
 一時は減少傾向にあった還付金詐欺は977件で被害総額は9億6314万円で7億4840万6000円も増加した。
 警察だけでなく金融機関も防犯協会も必死に防止策をしているのになんで減らないのか?銀行などへの預金の魅力のなさと家族関係の絆の崩壊が要因であろう。
 警視庁が作成した「母さんが心配だ」という白戸家の犬が主役のポスターがある。あの家族のユーモア溢れる関係を題材にしたもので、まさに時代を象徴するものだ。
 根源は家族関係の崩壊と「お金」の流通関係に問題があると言えよう。タンス預金でなく、お年寄りが安心して金融機関に預けることができるような金利の対策が必要だ。老人介護を含めて自民党の政策に期待したい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

iPS細胞特許で2000万円詐欺 (23日)TBS

iPS細胞の特許権をめぐるうそのもうけ話で山口県山口市の高齢の男性が現金2000万円をだまし取られました。
 被害にあったのは、山口県山口市の80歳代の男性です。
 警察の調べによりますと、今年8月上旬、男性のもとに申込書などが入った封書が届き、「iPS細胞の特許を欲しがっている人の代わりに申込書を送れば謝礼金を払う」と男から電話がありました。申込書を指定先にファックスすると「申込人と振込人が違う。規約違反があった」として現金を要求され、男性は3回に分けて2000万円を東京都の私設私書箱に宅配便で送りました。男と連絡が取れなくなり、だまし取られたことに気づいたということです。
 警察で詐欺事件として調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5214320.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

九州誠道会本部を家宅捜索 組事務所に爆発物投げた疑い(23日)朝日

 福岡県久留米市指定暴力団道仁会(本部・久留米市)系組事務所で起きた爆発事件で、県警は22日、指定暴力団九州誠道会(本部・福岡県大牟田市)の本部事務所や幹部宅など計3カ所を、爆発物取締罰則違反容疑で家宅捜索した。
 道仁会九州誠道会の抗争の一環の可能性があると判断した。
 九州誠道会の本部事務所には午後2時過ぎ、捜査員約30人が入り、約30分にわたって捜索した。事務所には、暴力団対策法に基づく使用制限命令が出されており、使用実態を調べる目的もあるという。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://www.asahi.com/national/update/1222/SEB201212220014.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

7人乗り乗用車が塀に衝突、少年2人意識不明(23日)読売

22日午後11時15分頃、神戸市北区八多町附物の県道で、同市内の高校3年の少年(18)が運転する乗用車が、道路沿いの民家の塀に衝突。
 車には7人が乗っており、運転者にけがはなかったが、同乗していた17歳と18歳の少年2人が意識不明の重体、他に18歳の1人が軽傷。民家などにけが人はなかった。兵庫県警有馬署は、運転していた少年を自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕した。
 同署によると、現場は見通しの良い片側1車線の直線道路。少年らは食事をした帰りだったといい、同署が原因を調べている。
 車が衝突した民家の男性(67)は「ドンというすごい音がして外に出たら、ガレージの前で血を流した人が倒れていた」と驚いていた。
 現場は六甲北有料道路吉尾ランプの南西約1キロの田園地帯。

| コメント (0) | トラックバック (0)

熱湯の湯船に落ちた小4男児、全身やけどで死亡(23日)読売

 愛知県警稲沢署は22日、同県稲沢市の民家で、同県一宮市観音寺、土木作業員椿肇さん(56)の長男で小学4年の健(たける)君(10)が今月9日、熱湯の入った風呂の湯船に落ちて全身をやけどし、入院していた病院で22日に敗血症性ショックで死亡したと発表した。
同署によると、健君は椿さんの友人男性(41)の家に椿さんと遊びに来ていて、9日午後6時頃、男性に頼まれ、風呂のお湯を止めようとして湯船に落ちたという。同署で詳しい経緯を調べている。(2012年12月23日01時53分 読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

首都高:天井板の撤去開始 羽田トンネル、25日まで(23日)毎日

首都高速道路会社は22日、1号羽田線の羽田トンネル(東京都大田区)で、天井板の撤去作業を始めた。山梨県の中央自動車道笹子トンネルと同じつり天井構造になっており、高速道路6社の道路で崩落事故後に撤去するのは笹子を除き初めて。25日までにコンクリート製の天井板648枚全てを取り外す。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://mainichi.jp/select/news/20121223k0000m040116000c.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

急増する警察不祥事 再生誓ったはずが… 薄れた緊張感(23日)産経

警察官の不祥事が止まらない。22日にも、富山市で2年前、会社役員の男性と妻が殺害され、放火された事件で、富山県警の現職警部補、加野猛容疑者(54)が逮捕された。今年1年で懲戒免職となった警察官は50人以上となる見通しで、近年では最悪だった平成14年と肩を並べるペースだ。警察で何が起きているのか。(尾島正洋)
◇「憂慮すべき事態」
 「今年上半期だけでも免職、停職は最悪のペースで増えた。最も厳しい処分の懲戒免職は過去最悪だった平成14年の59人と同じ程度か、超えるかもしれない」。警察庁幹部は懸念を示す。
 当時の本部長らが警察官の覚醒剤使用を隠蔽(いんぺい)した神奈川県警覚醒剤もみ消し事件や、長年監禁されていた女性の保護当日に新潟県警幹部らが雪見酒に興じていて批判されるなど、平成11~12年は前代未聞の不祥事が続発。失われた信頼を取り戻すため、警察は再発防止に取り組み、年間400~500件に上った懲戒処分は、21年には242件にまで減少した。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121223/crm12122308010001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

富山県警警部補を逮捕 22年の殺人と放火容疑 別件の情報漏えいで起訴(23日)産経

平成22年4月に富山市大泉のビルで住人の会社役員、福田三郎さん=当時(79)=夫妻が殺害され、住居が放火された事件で、富山県警は22日、殺人と現住建造物等放火、死体損壊の疑いで、同県警警部補の加野猛容疑者(54)を逮捕した。県警によると「私がやったことに間違いありません。被害者と家族に本当に申し訳ない」と供述している。
 逮捕容疑は22年4月20日正午ごろ、ビル2階の福田さん宅で、福田さんと妻信子さん=当時(75)=の首を絞めて殺害、油をまいて福田さん宅に放火したとしている。現場のビルは福田さんが所有していた。
詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121222/crm12122223110012-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

天皇陛下79歳 ご負担軽減望まれず 「しばらくこのままで」(23日)産経

天皇陛下は23日、79歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿で会見に臨まれた。公務のご負担軽減について、80歳を過ぎても公的な行事に出席を続けられた昭和天皇の例や、さまざまな行事を公平に扱う必要性を述べた上で「今のところ、しばらくはこのままでいきたいと考えています」と、否定的な考えを示された。
 病気の際には皇太子さまと秋篠宮さまが代わりを務められるとし、「何も心配はなく、心強く思っています」と述べられた。
 2月18日に受けた心臓冠動脈バイパス手術に関しては、「東日本大震災一周年追悼式に出席したいという希望をお話しし、それに間に合うように手術を行っていただきました」とし、「多くの人々に心配を掛けました」と述べるとともに、健康を気遣う国民に感謝の気持ちを示された。詳細は以下をクリックdownwardleft
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121223/imp12122307500000-n1.htm
 

| コメント (0) | トラックバック (0)

組事務所に“手投げ弾”別の事務所など捜索(23日)日テレ

福岡・久留米市の暴力団事務所に手投げ弾のようなものが投げ込まれた事件で、福岡県警は22日、抗争事件とみて、対立する暴力団の本部事務所などを家宅捜索した。
 この事件は、久留米市の指定暴力団・道仁会系の組事務所で20日、爆発があり、車4台と建物の壁などに多数の傷が発見されたもの。警察によると、事務所の敷地内には金属片が10メートル四方に飛び散っていた他、手投げ弾の安全バーの一部とみられる部品も見つかったという。
 福岡・大牟田市の指定暴力団・九州誠道会の本部事務所には、22日午後、福岡県警の捜査員約30人が家宅捜索に入った。福岡県警は、道仁会と九州誠道会との抗争事件の疑いが強いとみて、爆発物の特定を急ぐなど捜査を進めている。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2012/12/23/07220040.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月22日 | トップページ | 2012年12月24日 »