« 同じ店、同じ女性捜査員が逮捕 すり容疑で77歳の男(17日)産経 | トップページ | 元次長、セクハラで停職 懲戒3回で警部補に降任 秋田県警(17日)産経 »

2012年12月17日 (月)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17,18日単位・レベル)
人間以下だ!
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20121206152157

 今月14日、神戸市兵庫区のマンションで1歳11か月の男児が家庭用ごみ袋の中に入れられ窒息死した事件で逮捕された34歳の母親は調べに対して、「掃除の邪魔にならないよう、ごみ袋に入れて動けないようにした。ストレスもたまっていた」と供述しているという。
 母親は長男に昼食を食べさせ、寝かしつけたが、その後目を覚ました長男が昼食の残りを散らかしたことに激高してごみ袋に入れて袋の口を結び、室内を掃除していたという。これでも人間か?動物でもそんな扱いはしない。
 警察庁によると今年上半期(1~6月)に児童虐待の検挙件数は248件で前年同期より95件も増加するなど、「家族の絆」どころか、人間として愛情の欠片もない動物以下の親が増えている。
 このうち身体的虐待が175件で7割を占めるが、見捨てられないのは性的虐待で68件も摘発されている。我が子を食い物にする親なんて親ではない。人間のクズだ。
 罪種別でみると殺人検挙件数が16件、検挙人員16人で、傷害が同118件、同122人、強姦26件、26人などとなった。
 被害者との関係では検挙人員255人のうち実父94人を含む父親が203人と最も多い。母親は52人でうち実母が50人となっている。どうも、子供を愛するというよりは、再婚する女性だけが目当ての男が多いようだ。女も女で「この子のためには…」というけなげさはどこに消えたのだろうか。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

【判定方式】

Nisshou4_5 刑法犯の発生件数や検挙率などの数値治安に対して、最近は「体感治安」と言う言葉が一般化してきました。辞書を引いても出て来ませんが、国民が体で感じる感覚を温度に例え「体感治安」と名付けられたものです。平成7年に当時の警察庁長官だった國松孝次氏の造語とされています。「体感」はあくまでも体感であり、本来、数字で表すものではありませんが、あえて挑戦ました。内閣府の調査によりますと国民が治安情報を入手するのはマスコミということから、東京都内発行の新聞の事件・事故の扱いから、感じる度合いを分析し「警視庁管内」の治安度数とします。
【基準値】
レベル5 治安情勢は最悪ポイント100~80
レベル4 治安の悪化  ポイント 79~60
レベル3 治安の悪化傾向ポイント 59~40
レベル2 治安悪化の兆し ポイント39~20
レベル1 平穏 ポイント 19以下
【ポイント概数】
テロ・無差別殺人事件等     80~50 
路上殺人や続強盗・強姦70~60
広域重要事件           50~40
肉親殺人事件(家族皆殺し事件) 40~50
放火殺人                50~30
強盗殺人                50~20
連続放火              40~30
各項目に少年が絡む場合  +20~10
犯人逮捕記事は上記のポイント総数から-50から-10とする。その他、外的検討要件として外国や他県発生事件を判断基準に加えた。これら事件の新聞・テレビの扱いの程度(新聞では1面か社会面か。扱い段数等)とネットではブログニュースのアクセス人気度なども加えて総合的に判断した。マスコミ報道がなく平穏に感じるが、110番も多いこともあり完全なる「平穏」(レベル1)をはずしています。

« 同じ店、同じ女性捜査員が逮捕 すり容疑で77歳の男(17日)産経 | トップページ | 元次長、セクハラで停職 懲戒3回で警部補に降任 秋田県警(17日)産経 »

 警視庁管内 体感治安度数」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 警視庁管内体感治安レベル2:

« 同じ店、同じ女性捜査員が逮捕 すり容疑で77歳の男(17日)産経 | トップページ | 元次長、セクハラで停職 懲戒3回で警部補に降任 秋田県警(17日)産経 »