« 兵庫・尼崎市3遺体事件 1人が行方不明の71歳女性と判明(19日)フジテレビ | トップページ | 三重県警が男性に謝罪 大阪は起訴取り消し(19日)共同 »

2012年10月19日 (金)

“なりすまし”犯行声明メールは米国を経由(19日)テレビ朝日

遠隔操作ウイルスによる犯行予告事件で、東京の弁護士に送られた犯行声明メールがアメリカを経由して送信されていたことが分かりました。
 真犯人を名乗るメールは、9日に東京都内の弁護士に、翌日の10日にはTBSに送られていました。TBSへのメールはヨーロッパのサーバーを経由して送信されたことが分かっていますが、捜査関係者への取材で、弁護士へのメールはアメリカを経由していたことが新たに分かりました。また、TBSへのメールについては、送信元を隠す暗号化ソフトが使われた形跡があったということです。警視庁は、真犯人が海外の複数の国のサーバーを経由させるなど送信元を隠すための工作をしていたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221019014.html

« 兵庫・尼崎市3遺体事件 1人が行方不明の71歳女性と判明(19日)フジテレビ | トップページ | 三重県警が男性に謝罪 大阪は起訴取り消し(19日)共同 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: “なりすまし”犯行声明メールは米国を経由(19日)テレビ朝日:

« 兵庫・尼崎市3遺体事件 1人が行方不明の71歳女性と判明(19日)フジテレビ | トップページ | 三重県警が男性に謝罪 大阪は起訴取り消し(19日)共同 »