« 襲撃は「自転車の4人組」 大阪・ホームレス死亡で証言(16日)朝日 | トップページ | 女子レスリング・吉田 沙保里選手が警視庁の1日警察署長(16日)フジテレビ »

2012年10月16日 (火)

PC遠隔操作:「犯行声明」で「7件関与」弁護士にも送付(16日)毎日

インターネット上で犯罪予告をしたとして逮捕された男性が釈放された問題で、東京放送(TBS)に送られた「犯行声明」とみられるメールが、都内の弁護士にも送信されていたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。ほぼ同じ内容とみられる。警視庁や大阪府警などが扱った7件だけでなく、ほかにも脅迫的なメールなどを少なくとも6件送ったと記しており、警察当局が確認を急いでいる。
 警視庁などは今回の「犯行声明」について「かなり信ぴょう性が高い」としており、発信元の特定などを進める。捜査関係者によると、TBSに送られたメールは海外のサーバーを経由していたことも分かった。
 TBSのほかに「犯行声明」が届いたのはインターネット問題にくわしい落合洋司弁護士。落合弁護士は「メールの送信者が犯人なら、無関係の人を犯人だと誤解させるような行為は絶対にやめるべきだ。容疑者を誤って逮捕しないことは捜査の基本。捜査に誤りがあったのだとしたら、その原因を厳しく検証し、今後の捜査に生かすべきだ」と話している。
 「犯行声明」メールは「警察に照会すれば私が本物の犯人であることの証明になる」と強調。事件に使われたウイルスについては「私が一から開発した。『iesys.exe』(アイシス・エグゼ)が実行ファイル名です」と明かしており、大阪、三重両府県警に逮捕された男性2人のパソコン(PC)から発見されたウイルスのファイル名だったことが確認されている。
 一方、メールでは三重の男性のPCに意図的にウイルスを残したとしており、「警察が見つけるか見つけられないか試す意図があった」と記述。実際、一連の事件でウイルスが残っていたのは三重の男性のPCだけで、大阪の男性のPCからは削除されていた。
 犯行声明について、警察幹部は「警察にかなり挑戦的な意図が感じられるメールだ」と分析している。
 一方、別の6件については「桜田門前で皇居ランナーを無差別殺人」「コミケで大量殺人」などの脅迫的な文言を「2ちゃんねる」などに書き込んだという。具体的な組織名などを挙げているものもあり、警察当局がそうした書き込みが実際に行われたか確認を急いでいる。【小泉大士、喜浦遊、松本惇】

Logo_mainichi_s1 http://mainichi.jp/select/news/20121016k0000m040089000c.html

« 襲撃は「自転車の4人組」 大阪・ホームレス死亡で証言(16日)朝日 | トップページ | 女子レスリング・吉田 沙保里選手が警視庁の1日警察署長(16日)フジテレビ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55901771

この記事へのトラックバック一覧です: PC遠隔操作:「犯行声明」で「7件関与」弁護士にも送付(16日)毎日:

« 襲撃は「自転車の4人組」 大阪・ホームレス死亡で証言(16日)朝日 | トップページ | 女子レスリング・吉田 沙保里選手が警視庁の1日警察署長(16日)フジテレビ »