« 『黒子のバスケ』作者にまた脅迫文 4件目、白い粉末が同封(21日)産経 | トップページ | 女子高生が江ノ電と接触しけが 両耳にイヤホン(21日)テレビ朝日 »

2012年10月21日 (日)

不正操作?履歴、逮捕後認識も放置…神奈川県警(21日)読売

不正操作されたパソコンから横浜市のホームページ(HP)に小学校への襲撃予告が書き込まれた事件で、神奈川県警が少年(19)(保護観察処分)を逮捕した直後、パソコンの通信履歴に第三者の不正操作をうかがわせる不自然な記録があることに気づきながら、裏付け捜査を怠っていたことがわかった。
 県警幹部が20日、明らかにした。県警では捜査が不適切だった可能性があるとして取り調べに当たった捜査員らから当時の状況を聞いている。
 県警幹部によると、少年のパソコンは6月29日午後3時17分、インターネット掲示板に貼り付けられていたURL(ネット上の住所)をクリック。その後、第三者が設けたとみられるサイトに自動的に移動し、数秒の間に複数のサイトに連続してアクセス。横浜市のHPにアクセスしてからは2秒間で小学校襲撃予告の書き込みを終えていた。
 幹部らによると、保土ヶ谷署生活安全課と捜査協力をした県警サイバー犯罪対策センターでは、少年を7月1日に逮捕した直後から、こうした不自然な通信履歴に気づき、同センターが詳しく解析。同9日までに、「わずか2秒間で書き込むことは人の手では不可能」として、第三者が関与した可能性について把握し、その見解を同課にも伝えた。

« 『黒子のバスケ』作者にまた脅迫文 4件目、白い粉末が同封(21日)産経 | トップページ | 女子高生が江ノ電と接触しけが 両耳にイヤホン(21日)テレビ朝日 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55942849

この記事へのトラックバック一覧です: 不正操作?履歴、逮捕後認識も放置…神奈川県警(21日)読売:

« 『黒子のバスケ』作者にまた脅迫文 4件目、白い粉末が同封(21日)産経 | トップページ | 女子高生が江ノ電と接触しけが 両耳にイヤホン(21日)テレビ朝日 »