« スパイ疑惑の中国元1等書記官を起訴猶予処分 東京地検(5日) | トップページ | 団地にビニール入り遺体 千葉、遺棄容疑で捜査(5日) »

2012年10月 5日 (金)

下着泥棒6件、育休中に酒酔い運転…警官2人免職 警視庁(5日)

警視庁は5日、アパートから下着を盗もうとしたとして逮捕、起訴された練馬署地域課巡査長の竹中俊輔被告(28)と、酒酔い運転をしたとして逮捕、起訴された組織犯罪対策5課巡査長の源佳美被告(32)をそれぞれ懲戒免職処分とした。
 警務部によると、竹中被告は休日だった7月17日、三鷹市内のアパートのベランダに干してあった女性用下着を盗もうとして、住人に発見され、窃盗未遂などの現行犯で逮捕された。
 その後、同市や調布市などで同様の事件を6件起こしていたことが判明。自宅からは580点の下着が押収された。8月に窃盗罪など3件で起訴され、東京地裁立川支部で懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決を受けた。
 源被告は7月7日、葛飾区内で車を運転していて、50代の男性の車に追突。呼気1リットル当たり0・9ミリグラムのアルコールが検出されたため、道交法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕、起訴された。
 育児休暇中で、事故当日は運転前や運転途中に缶酎ハイを計8本飲んでいた。「育児ストレスで夫に隠れて酒を飲んでいた」と話しているという。
 池田克史警務部参事官は「警察官としてあるまじき行為で、厳正に処分した。職務倫理教養を徹底し、再発防止に努めたい」と話した。

Msn_s1_7 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121005/crm12100517190015-n1.htm

« スパイ疑惑の中国元1等書記官を起訴猶予処分 東京地検(5日) | トップページ | 団地にビニール入り遺体 千葉、遺棄容疑で捜査(5日) »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下着泥棒6件、育休中に酒酔い運転…警官2人免職 警視庁(5日):

« スパイ疑惑の中国元1等書記官を起訴猶予処分 東京地検(5日) | トップページ | 団地にビニール入り遺体 千葉、遺棄容疑で捜査(5日) »