カテゴリー

« 取調室で覚せい剤所持、男を再逮捕 千葉(22日)日テレ | トップページ | 路上に「青酸カリ」の容器 千葉・松戸(23日)産経 »

2012年10月23日 (火)

【なりすましウイルス】チェック働かなかった検察捜査、「検証なければ、また赤っ恥」(23日)産経

遠隔操作ウイルスに感染したパソコンから犯行予告・脅迫のメールや書き込みが繰り返されていた事件で、警察による供述の誘導の疑いが指摘される中で、起訴などの刑事処分を下した検察当局にも批判が集まっている。
 警察をチェックする立場でありながら「真犯人」を見抜けなかった検察。OBらからも「警察捜査を追認するだけでなく、検事も真実を見抜く目が必要だ」と厳しい声が上がっている。
 「(インターネット上の住所に相当する)IPアドレスは重要な客観証拠で、これに自供がそろっていた。こうした状況で遠隔操作ウイルスの存在を見抜くことは困難だった。まあ、1次捜査権は警察にあるから」。検察関係者は問題発覚後、人ごとのように感想を吐露した。
詳細は以下をクリック
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121023/crm12102300220001-n1.htm

« 取調室で覚せい剤所持、男を再逮捕 千葉(22日)日テレ | トップページ | 路上に「青酸カリ」の容器 千葉・松戸(23日)産経 »

ネット犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 取調室で覚せい剤所持、男を再逮捕 千葉(22日)日テレ | トップページ | 路上に「青酸カリ」の容器 千葉・松戸(23日)産経 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト

留置所

無料ブログはココログ