« 2012年10月18日 | トップページ | 2012年10月20日 »

2012年10月19日

2012年10月19日 (金)

押し入れから78歳女性の遺体 埼玉県警、殺人事件と断定(19日)産経

19日午前8時50分ごろ、埼玉県美里町阿那志の住宅で、この家に住む無職、●沢トモ子さん(76)が押し入れの中で死亡しているのを、別居している家族から通報を受けて駆けつけた県警児玉署員が発見した。県警は遺体の状況などから殺人事件と判断、児玉署に捜査本部を設置し、詳しい状況を調べている。●=木へんに却の去がタ

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121019/crm12101920210029-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

築地で都バスが3人はねる、2人重傷(19日)日本テレビ

警視庁によると、19日午後2時半過ぎ、東京・中央区築地の晴海通りで、都営バスが横断歩道を渡っていた男女3人をはね、静岡県から観光ツアーで来ていた50歳代の男性と30歳代のバスガイドの女性が頭を強く打つなどして重傷を負った。 警視庁は、バスの運転手を現行犯逮捕した。運転手は警視庁の調べに対し、「前を見ていなかった」と話している。

http://www.news24.jp/articles/2012/10/19/07216144.html2010_0318_173406banner011_2

| コメント (0) | トラックバック (0)

80歳男性 医師の息子装った男に3000万円詐欺被害(19日)テレビ朝日

千葉県に住む80歳の男性が、息子を装った男からの電話で現金3000万円をだまし取られました。
 警察によりますと、15日午後9時ごろ、流山市の男性の家に医者として働く息子を装った男から、「株で失敗してしまい、病院の金を使い込んでしまった」などと電話がありました。男性が定期預金を解約した後、男から再び電話があり、指定された東京・足立区の路上で、病院関係者を名乗る30歳くらいの男に現金3000万円が入ったバッグを渡したということです。その後、男性が息子に連絡を取り、だまされたことに気づきました。警察によりますと、男性はこれまでに数回振り込め詐欺の電話を見破っていましたが、「今回は電話の声が息子に本当に似ていてだまされた」と話しているということです。

2009_1229_211958annlogo1_3 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221019045.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁警視 書類送検、捜査費流用の疑い (19日)TBS

捜査費を流用した疑いで、警視庁の幹部を書類送検です。
 業務上横領の疑いで書類送検された鈴木利明警視(60)は、麻布警察署と池袋警察署で刑事課長を務めていた2007年3月からおととし9月までに21回にわたって捜査費、あわせて25万円を同僚や部下との私的な飲食代に流用した疑いが持たれています。
 鈴木警視は、ほかにもおよそ100件、あわせて140万円を不正に流用していたということですが、すでに全額を弁済していて、警視庁は19日付けで懲戒免職処分にしました。

Logo1_2 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5160479.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

遠隔PC犯罪予告事件 警察庁長官、慎重に被疑者特定行うよう指示(19日)フジテレビ

隔操作されたパソコンからなりすました犯罪予告が相次いだ事件で、犯行予告を送ったとされる男性の供述の変遷が明らかになった。
遠隔操作されたパソコンによる一連の犯行予告事件で、19日、警視庁、大阪、神奈川、三重の4都府県による合同捜査本部が設置された。
各警察が逮捕した4人についての捜査の検証や、真犯人の特定を進める方針。
一方、真犯人を名乗る人物による犯行声明メールで、誤認逮捕の可能性が高まった4人についても、19日、それぞれに動きがあった。
小平国家公安委員長は「(三重県警が)けさ7時に男性の自宅で謝罪をしたと。誤認逮捕ということを認めたから謝罪したわけですよね」と述べた。
伊勢神宮の爆破予告をしたとされた三重県内の男性について、19日朝、三重県警は誤認逮捕を認め、本人に直接謝罪した。
また、大阪市のウェブサイトに殺人予告を書き込んだなどとして逮捕・起訴されたアニメ演出家の北村真咲さんについて、大阪地検は19日、起訴の取り消しを決定した。
そして、午後には警視庁の捜査員が、都内の幼稚園を襲撃するメールを送ったとされた福岡市の男性の自宅を訪れ、あらためて事情を聴いている。
一方、横浜市のウェブサイトに小学校の襲撃予告メールを送ったとされた明治大学の元男子学生は、逮捕直後の供述で「僕は何もやっていない。逮捕は不当だ。(襲撃予告メールが)投稿された時間は、2ちゃんねるとニコニコ動画を見ていた」と、犯行を否認していた。
しかし、取り調べの過程で、容疑を否認したり認めたりする上申書を3回にわたって提出していた。
最後の上申書には、「少年院に送られるのではないかという不安から、うその上申書を書いた」と、それ以前の上申書の内容がうそであると書かれていたことも明らかになった。
19日午後に開かれた全国の警察幹部が集まる会議で、警察庁の片桐長官は、被疑者の特定を慎重に行うよう指示した。
しかし、今回の一連の事件には、真犯人の特定を困難にする犯行の手口があった。
それは、現在も未解決で、警視庁が捜査を続けているある事件でも使用されていた。
ラックの西本逸郎専務理事は「2,931のサーバーとパソコンが世界中にあり、これが実は『TOR(トーア)』で動いている。この中から3カ所を勝手に選んで、入り口と出口と真ん中(にして通信する)。発信元のIPアドレスを隠ぺいできる」と語った。
インターネット上でアクセス元を特定できないようにするTORというシステムは、今回の事件でも使用されていた。
もとはアメリカ海軍が開発したもので、2010年に発覚した警視庁の国際テロ関連情報の流出事件でも使われていた。
ラックの西本逸郎専務理事は「スパイ活動などで世界中の関係者が安全に連絡を取り合う(システム)。ウィキリークスなどに対して告発文書を送ったりもする。ある面で言うと、パソコンが使えれば誰でも使える、使えてしまうもの」と語った。
今後の捜査は難航が予想され、事件の早期解決が待たれる。

Logo4_4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233810.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(19、20日単位・レベル)
解決は当然だ!検証も
 【治安つぶやき】

2009_1228_222559212_2

20121008100743

 兵庫・尼崎市の住宅で3人の遺体が見つかった事件-まか不思議な事件である。「宗教が絡んでいるのでは?」とまで推測する人さえいる。
 テレビのワイドショーなどを見ていると主犯格の64歳の女性被告は凄い体格で男数人を引き連れて街をかっぽする姿に「まるで大名行列だった」と語る人までいる。
 そしてこの事件は3人目の遺体が見つかったが、行方不明になっていた71歳の女性であることがわかった。18日に身元が確認された香川の68歳の男性の遺体は、司法解剖の結果、頭と足を殴打された疑いもあるというからまさしく事件である。さらに6人が行方不明になっているという。
 ニュースを見ていると、「警察に相談した」など色々な情報もある。平成15年には相談を受けた警察官が女が入り込んでいる家庭に直当たりしているが、この時には「家庭内のことだから…」と言われ、事件の端緒には至らなかったようだ。15年と言えば3年前に警察刷新会議から提言を受けて、警察庁から「民事不介入」口述の不作為を改めるよう通達が出されていたはずだ。聞き込みで不審人物情報はつかめなかったのか?複数県にまたがるようだが、どうも弱い。
 現在は裁判中のため取り調べもままならぬようだが、沖縄では転落死亡者がおり、しかも保険金がかけられていたという。傷害事件と合わせて突破口を見つけ出し、警察は威信をかけた捜査で事件の早期解決。さらになんでこの事件はこんなに大きくなったのかをしっかり検証すべきである。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

2006_0810_004208nisho

全国の警察は11月1日から30日までの間、総力を挙げた指名手配被疑者の追跡捜査を実施する。指名手配被疑者には、殺人、強盗等の凶悪事件のほか、暴行、傷害、窃盗、詐欺、横領等の事件関係者が含まれており、再び犯行を行うおそれがあるとし、よく似た人を見掛けた時にはどんなわずかな事でも通報するよう呼びかける。初日の1日には追跡捜査キャンペーンを行うという。場所:千代田区外神田3-12-8ベルサール秋葉原(住友不動産秋葉原ビル)時間:午後1時半から午後3時半

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺害される直前に「借金返してもらえる」 (19日)TBS

東京・浅草の飲食店経営者の男性を石川県内で殺害したとして知人の男ら4人が逮捕された事件で、男性は殺害される直前、周囲に「借金を返してもらえる」などと話し、石川県に向かっていたことが警視庁への取材でわかりました。
 この事件は、無職の島岡丞容疑者(34)ら4人が東京・浅草の飲食店経営者、小林和之さん(当時27)を石川県内のアパートで殺害したとして、18日、逮捕されたものです。
 小林さんは、島岡容疑者から投資話をもちかけられ、およそ2000万円を島岡容疑者に貸していましたが、返済をめぐってトラブルになっていました。
 警視庁へのその後の取材で、小林さんは殺害される直前、知人に「石川県でもうけ話があり、島岡容疑者に金を返してもらう」と話していたことが、警視庁への取材で新たにわかりました。
 「コバカズ(小林さん)がお金を集めて、吉田(容疑者)や丞(島岡容疑者)に投げていたと」(容疑者らの知人)
 警視庁は、島岡容疑者らが小林さんに架空のもうけ話を持ちかけ、石川県のアパートにおびき寄せたとみて、さらに当時の状況を調べています。

Logo1 http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5160131.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

岡山で中学生ら集団強盗 容疑で5人逮捕、県警(19日)共同

18日午前2時ごろ、岡山市中区倉田、ゲームセンター「ベンダーショップ旭川」の駐車場で、営業を終えた店長の吉村和宏さん(60)=同平井=をヘルメットやマスクで顔を隠した数人の少年が襲った。吉村さんが自分の車に逃げ込むと、少年らは引きずり出して殴る蹴るの暴行を加え「静かにせんと殺すぞ」と脅し、鍵を取り上げて店に侵入。2台の両替機などから現金計約165万円などを奪い、走って逃げた。吉村さんは肋骨(ろっこつ)6カ所を折る重傷。
 岡山県警捜査1課と岡山中央署は強盗致傷事件として捜査。吉村さんが「以前から店に来ていた若者がいた」と証言し、行方を追っていたところ、約4時間半後、近くの会社事務所で少年6人を発見。吉村さんのバッグを持っていたことから同市、無職少年(17)と、岡山市立中学の3年男子3人=いずれも(15)、2年男子(14)の計5人を逮捕、2年男子(13)を補導した。
 6人は無職少年をリーダーとした遊び仲間とみられ、「一緒にやった」などと全員容疑を認めているという。
 同署などによると、少年らは駐車場にあるトイレや店の裏に隠れて吉村さんを待ち伏せ。両替機2台の現金約95万円のほか、店舗奥の事務所の棚に置いていた硬貨4袋計約70万円を奪った。駐車場には鍵が掛かったままの手提げ金庫が放置されていた。

2010_0123_11120247newslogo1_2 http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2012101823444194/

| コメント (0) | トラックバック (0)

三重県警が男性に謝罪 大阪は起訴取り消し(19日)共同

パソコン(PC)の遠隔操作事件で三重県警は19日、伊勢神宮の破壊予告事件で逮捕した男性(28)=その後釈放=と両親に、誤認逮捕を認めて謝罪した。
 一連の犯罪予告事件では、4都府県の警察に逮捕された男性4人が誤認逮捕だった可能性が高まっていたが、正式に謝罪したのは三重が初めて。
 大阪府警も同日、大阪市のホームページに大量殺人予告が書き込まれた事件で逮捕、起訴された同府吹田市の北村真咲さん(43)の誤認逮捕を認め、謝罪する方針を示した。大阪地検は同日、起訴を取り消した。
 警視庁と神奈川県警も近く、誤認逮捕を謝罪する。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012101901001440.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“なりすまし”犯行声明メールは米国を経由(19日)テレビ朝日

遠隔操作ウイルスによる犯行予告事件で、東京の弁護士に送られた犯行声明メールがアメリカを経由して送信されていたことが分かりました。
 真犯人を名乗るメールは、9日に東京都内の弁護士に、翌日の10日にはTBSに送られていました。TBSへのメールはヨーロッパのサーバーを経由して送信されたことが分かっていますが、捜査関係者への取材で、弁護士へのメールはアメリカを経由していたことが新たに分かりました。また、TBSへのメールについては、送信元を隠す暗号化ソフトが使われた形跡があったということです。警視庁は、真犯人が海外の複数の国のサーバーを経由させるなど送信元を隠すための工作をしていたとみて調べています。

2009_1229_211958annlogo1_2 http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221019014.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫・尼崎市3遺体事件 1人が行方不明の71歳女性と判明(19日)フジテレビ

兵庫・尼崎市の住宅で3人の遺体が見つかった事件で、このうちの1人の遺体が、行方不明になっていた71歳の女性であることがわかった。遺体の身元判明は、2人目となる。
10月14日と15日に、尼崎市の住宅の床下から遺体で見つかった3人のうちの1人が、行方不明になっていた安藤 みつゑさん(71)であることが、19日、新たにわかった。
安藤さんは、別の死体遺棄事件の主犯格とされる角田 美代子被告(64)の兄の交際相手で、遺体に目立った外傷はないという。
また、18日に身元が確認された香川・高松市の谷本 隆さん(68)の遺体は、司法解剖の結果、頭と足の皮膚が変色していて、殴打された疑いもあるという。
角田被告の関係者の話では、尼崎市の住宅で見つかった3人のうち、残るもう1人の遺体は、谷本さんのめいの茉莉子さん(29)とみられている。
警察は、DNA鑑定で、この遺体の身元の確認を進めるとともに、犯行に関わった人物の特定を急いでいる。

Logo4_3 http://www.fnn-news.com/news/headlines/category00.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

毒グモ、公園に8千匹…「不安あおる」と非公表(19日)読売

福岡市が、東区香椎照葉4の「アイランドシティ(人工島)中央公園」で今年9月末までの4年間に、特定外来生物の毒グモ「セアカゴケグモ」8201匹を発見、駆除していたことが18日わかった。
 これまで「住民の不安をあおる可能性がある」として公表していなかった。
 市みどり管理課によると、同公園は宅地売却が進む人工島東側の中央部にあり、2008年9月に最初に見つかって以降、管理を委託した業者が週1回、遊具周辺や側溝などを調べて駆除。卵の入った袋「卵のう」も計3161個を発見、駆除した。同課はすでに、公園内の5か所に注意を呼び掛ける看板を設置している。
 同市では、市民の通報による新たな発見例については生活衛生課がホームページなどで公表しているが、中央公園や「みなと100年公園」(東区香椎浜ふ頭1)などでの定期的な駆除数は含めていなかった。
 生活衛生課は「今後は、(両公園などの)駆除数の情報集約を徹底し、市民への情報開示についても検討したい」としている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性のスカート内盗撮の准教授諭旨解雇 富山大(19日)産経

富山大は19日、8月に東京都内の駅で女性のスカートの中を盗撮したとして都迷惑防止条例違反の疑いで逮捕された人文学部の40代の准教授を、諭旨解雇の懲戒処分にしたと発表した。処分は16日付。
 富山大によると、准教授は出張中だった8月1日、国立市のJR国立駅構内のエスカレーターで、女性のスカートの中をデジタルカメラで盗撮し現行犯逮捕された。立川簡裁に罰金30万円の略式命令を受けていた。
 遠藤俊郎学長は「大学の信頼を損ねることを引き起こし、深くおわび申し上げます」とのコメントを発表した。

Head_logo1_2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

【なりすましウイルス】「真犯人」特定へ合同捜査本部 4都道府県警(19日)産経

遠隔操作ウイルスに感染したパソコン(PC)から犯行予告・脅迫のメールの書き込みが繰り返されていた事件で、誤認逮捕をした可能性が高い警視庁、神奈川、大阪、三重の4都府県警は19日、警視庁麹町署に合同捜査本部を設置し、初の会議を開いた。4都府県警は連携して、TBSやテレビコメンテーターとして知られる落合洋司弁護士(48)に届いた犯行声明メールを解析し、「真犯人」の特定を進める。
 また、お茶の水女子大付属幼稚園や女性タレントに襲撃予告・脅迫メールを送ったとして威力業務妨害容疑などで逮捕され、その後釈放された福岡市の無職男性(28)のパソコンを警視庁が解析した結果、遠隔操作ウイルスを復元できなかったことが判明。警視庁は真犯人が消去したとみており、同日中にも男性から再度事情を聴いて感染経路を調べるとともに、捜査の経緯について説明する。
 男性は警視庁の任意の事情聴取で容疑を否認していたが、パソコンに女性タレントへの脅迫メールが残っていたことから容疑を認める上申書を提出。逮捕後、「同居女性がやったと思い、かばっただけだ」と否認したが、その後再び容疑を認めていた。
 一連の事件では、犯行声明に犯人しか知り得ない「秘密の暴露」が多数掲含まれ、警察当局は声明文通り13件の犯行予告・脅迫のメールや書き込みがあったことを確認。福岡市の男性ら4人を誤認逮捕していたことを事実上認め、4都府県警は事件の捜査過程の検証を進めている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121019/crm12101911190009-n1.htmMsn_s1_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

ニューヨーク連銀爆破計画 21歳男逮捕(19日)日本テレビ

FBI(=アメリカ連邦捜査局)は17日、ニューヨークの金融街にある連邦準備銀行を爆破する計画を立てたとして男を逮捕した。
 アメリカ司法省によると、逮捕されたのはバングラデシュ国籍・ナフィス容疑者(21)で、ニューヨーク連邦準備銀行を重さ450キロの爆弾で爆破しようと企てた疑いが持たれている。ナフィス容疑者はもう1人の男と銀行の前まで車で向かい、爆破を実行しようとしたが、この男は「おとり捜査」を行っていたFBIの捜査員で、渡された“爆弾”も実際には爆発しない偽物だった。
 ナフィス容疑者は1月、アメリカへのテロを行う目的で入国したという。国際テロ組織「アルカイダ」との関係はわかっていない。

2010_0318_173406banner011 http://www.news24.jp/articles/2012/10/18/10216026.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガソリンのような液体まき…男が押し入り現金奪う(19日)テレビ朝日

東京・多摩市のリサイクルショップにガソリンのような液体をまき散らしながら男が押し入り、現金10万円を奪って逃げました。
 18日午後7時前、多摩市のリサイクルショップ「ハードオフ聖蹟桜ヶ丘店」にペットボトルに入った液体をまき散らしながら男が押し入りました。男性店員に近づいた男は、さらに包丁のような刃物を突きつけて「金を出せ」と脅しました。店員がレジのトレーごとカウンターに置いたところ、売上金約10万円をわしづかみにして走って逃げました。店員にけがはありませんでした。まき散らした液体はガソリンとみられています。逃げた男は30歳から40歳くらいで、身長170センチ前後、黒のズボンにベージュの上着を着ていたということです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・渋谷で衝突事故後に逃走し隠ぺい図った19歳男逮捕(19日)フジテレビ

東京・渋谷の駅前で衝突事故を起こして逃走し、その後、車の盗難届を出して事故を隠ぺいしようとした19歳の男が逮捕された。
建設作業員の男は9月、JR渋谷駅前の交差点でバイクと衝突して逃げ、相手の男性2人に軽傷を負わせた疑いが持たれている。
男は翌日、車の盗難届を出し、事故を隠ぺいしようとしていて、「相手に修理費を払うのが嫌だった」と供述しているという。

Logo4_2 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233764.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR中野駅周辺で地域住民らが防犯のため夜間パトロール(19日)フジテレビ

変貌を遂げつつある東京都のJR中野駅周辺で、地域住民らによる防犯のための夜間パトロールが行われた。
中野区では2013年4月、明治大学など2つの大学のキャンパスの開校が決定しており、今後、人の流れなど街の様子が変化していくことが予想される。
18日夜のパトロールでは、新しい街づくりに向け、地域の住民や警視庁の警察官らが防犯意識の徹底などを呼びかけた。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00233763.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

6億円強奪事件、捜査終結 3億6千万円不明のまま(19日)朝日

東京都立川市の警備会社で昨年5月に現金約6億円が強奪された事件で、東京地検立川支部は18日、建築業西沢健司容疑者(44)を盗品等保管などの罪で起訴した。警視庁は主犯格とみて強盗傷害容疑で逮捕したが、地検は同容疑での証拠は十分でないと判断した。関与が疑われる23人すべてが起訴され、奪われた金のうち約3億6千万円が不明のまま捜査が終結した。
 警視庁は、西沢容疑者が元暴力団組員小沢秀人被告(43)=一、二審懲役20年判決=らと犯行計画を決めたとみていたが、西沢容疑者は「金の仕分けを手伝っただけだ」と説明。行方がわからない金に関する供述も得られなかった。
 起訴状によると、西沢容疑者は昨年5月18日、小沢被告に頼まれ、約1億3千万円を八王子市内の資材置き場に保管するなどしたとされる。

Logo2

http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

指名業者選定で不正容疑、千葉県主幹ら3人逮捕(19日)読売

千葉県発注工事の入札を巡り、指名業者選定で不正を行ったとして、県警捜査2課は18日、県技術管理課主幹の渡辺信正容疑者(59)(千葉県匝瑳市野手)ら3人を公契約関係競売等妨害の疑いで逮捕した。ほかに逮捕されたのは、同県旭市の土木会社「東総工業」元会長元嶋睦(61)(旭市万力)、同社社長古宮道夫(65)(同県横芝光町屋形)の両容疑者。
 発表によると、渡辺容疑者は、県銚子土木事務所の次長だった今年1月、銚子市内の道路工事の指名競争入札について、東総工業が有利となる指名業者選定案を部下に作成させ、元嶋、古宮両容疑者に確認させたうえで計9社を選定し、公正な入札を妨害した疑い。同社は2月の入札で、事前公表の予定価格の97%にあたる695万円(税抜き)で落札した。

| コメント (0) | トラックバック (0)

東電OL事件、高検も「元被告は無罪」の意見書(19日)読売

東京電力女性社員殺害事件で無期懲役となったネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告(45)の再審公判に向け、東京高検は18日、「元被告を犯人とするには合理的な疑いがあり、無罪である」とする意見書を東京高裁に提出した。
 検察側が無罪主張に転じたことで、公判は1回で結審し、早期に元被告の無罪が確定する見通しとなった。
 意見書は、検察側が2000年の東京地裁の無罪判決を不服として行った控訴の棄却を求める内容で、29日の第1回公判で陳述される予定。再審公判で検察が無罪主張するのは極めて異例で、死刑や無期懲役が確定した戦後発生の事件では、10年に再審無罪となった足利事件以来となる。
 検察側は再審請求審で、被害女性の体内に残された精液などから第三者(X)のDNA型が検出された後も有罪を主張。今年6月、東京高裁が「Xが殺害した疑いが生じた」として再審開始を決定しても、有罪主張を維持する姿勢だった。

| コメント (0) | トラックバック (0)

下半身露出200件疑い 「セクハラテロ」自称、女性の反応も記録(19日)産経

大阪府警西淀川署は、路上で女性に下半身を露出したとして、公然わいせつの疑いで住所不定、無職、干場秀夫容疑者(39)を逮捕、追送検し、18日、捜査を終結した。
 西淀川署によると、干場容疑者は「大阪、京都、兵庫で約4カ月の間に200件以上、毎日のようにやった」と供述。露出行為を「セクシュアルハラスメントテロ」と名付け、携帯電話のスケジュール機能に事件の場所や内容、「無視された」などの女性の反応を約200件、記していた。
 逮捕、追送検容疑は5~9月、大阪府の路上などで計3回、下半身を露出した疑い。同署によると、「自分をばかにした女性が逃げ惑う姿を想像し、露出していた」と容疑を認めている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR関西線車内に針51本(19日)産経

18日午前10時55分ごろ、奈良市のJR関西線平城山-奈良間を走っていた快速電車で縫い針や虫ピン計51本が見つかった。乗客にけがはなかった。
 JR西日本によると、長さ約3センチの虫ピン50本と約4センチの縫い針1本で、2人掛けの座席に6本が刺さり、残りは同じ座席の上や周辺の床に散らばっていた。JR西は奈良県警に相談するなど、対応を検討している。
 近畿圏では5月以降、地下鉄や私鉄などの列車内で相次いで針やカミソリの刃が見つかっている。JR西では、7月以降だけで12件目。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121018/crm12101817570023-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

“情報屋”と元店員ら起訴 闇で飛び交う個人情報(19日)産経

愛知県警が捜査中の個人情報不正取得事件で、名古屋地検は18日、戸籍法違反などの罪で「情報屋」と呼ばれた愛知県長久手市の会社役員新原聡容疑者(38)や、名古屋市の同久松淳二容疑者(37)ら男女計8人を起訴した。
 他の6人は東京都中野区の行政書士谷口信寿容疑者(41)や、前橋市の会社役員岡田信一容疑者(50)ら。
 この8人とは別に、KDDI(au)の契約者情報を漏らしたとして、不正競争防止法違反の罪で同社代理店の自動車販売会社パート従業員南里光子容疑者(36)=千葉県船橋市=と探偵業西岡貞人容疑者(49)=同県鎌ケ谷市=を起訴した。
 地検によると、南里被告は西岡被告に平成19年からの約5年間で500件以上の契約者情報を漏らし、450万円以上の報酬を得ていた。
 ■「まるでピラミッド型の下請け構造」 職歴や戸籍、携帯電話番号といった個人情報が狙われている。愛知県警幹部の個人情報が不正取得された事件を契機に、警察官ら公務員も情報漏洩に加担していたことが判明。元締とされる「情報屋」の存在も浮かんだ。「まるでピラミッド型の下請け構造」。個人情報の“闇市場”では官公庁が扱う大半の個人情報が入手可能な状態だった。
 「個人情報保護法で個人情報が使われなくなったと思うのは大間違いだ」
 東京都内で個人情報を売買する名簿屋の男性経営者(62)が打ち明ける。同社では社員名簿や同窓会名簿など約1万9千冊がそろい、営業などに使われる。だが、闇市場で取引されるのはこうした名簿ではなく、特定の個人を標的に不正入手された情報だ。

続きを読む "“情報屋”と元店員ら起訴 闇で飛び交う個人情報(19日)産経"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月18日 | トップページ | 2012年10月20日 »