« 旭川のホテルに爆破予告、宿泊客ら350人避難(3日) | トップページ | ゴルフ場ロッカー荒らし 長野でも12人被害(3日) »

2012年9月 3日 (月)

「性生活聴取されうつ状態に」女性が警察官告訴(3日)

強制わいせつ容疑で夫が逮捕され、参考人として事情聴取を受けた女性が、「夫との性生活などわいせつな質問をされ、うつ状態になった」として警察官を告訴したことが分かりました。
 和歌山県警の警察官を告訴したのは、31歳の女性です。女性の代理人弁護士によりますと、女性の夫は20代の飲食店店員にわいせつな行為をした疑いで今年1月に逮捕され、女性も参考人として事情聴取を受けました。その際、警察官から「どうやって始まるのか」など何度も繰り返して、性生活に踏み込んだ質問をされたということです。夫は容疑を否認したまま示談が成立しましたが、女性は事情聴取後にうつ状態になったとしています。女性側は「警察官が興味本位で捜査に必要のない質問をし、精神的苦痛を与えた」として、和歌山地検に告訴。一方、和歌山県警は「捜査は適切だった」との見解を女性側に示しています。

2009_1229_211958annlogo1

« 旭川のホテルに爆破予告、宿泊客ら350人避難(3日) | トップページ | ゴルフ場ロッカー荒らし 長野でも12人被害(3日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「性生活聴取されうつ状態に」女性が警察官告訴(3日):

« 旭川のホテルに爆破予告、宿泊客ら350人避難(3日) | トップページ | ゴルフ場ロッカー荒らし 長野でも12人被害(3日) »