« 昭島市で塾講師の75歳男を強制わいせつ容疑で逮捕 余罪追及(27日) | トップページ | 米、住吉会を経済制裁対象 「ヤクザ」2例目(28日) »

2012年9月28日 (金)

朝鮮学校元校長、虚偽申請で健康保険証 治療費1500万円 静岡県警捜査(28日)

静岡朝鮮学園が運営する私立各種学校「静岡朝鮮初中級学校」(静岡市駿河区)の元校長が、文部科学省管轄の特殊法人「日本私立学校振興・共済事業団」(東京都文京区)に虚偽申請して不正に得た健康保険証を使用して、持病の治療を受けていたことが27日、捜査関係者への取材で分かった。共済事業団から病院への支払総額は2年間で約1500万円に上っており、静岡県警は詐欺の疑いもあるとみている。
 捜査関係者によると、詐欺の疑いが持たれているのは、静岡朝鮮初中級学校の元校長の60代の男性。
 元校長は、教員の職を離れた後、勤務実態がないにもかかわらず、退職後1年と1日以上の勤務が加入資格となっている「任意継続加入者制度」の申し出書を平成20年10月に共済事業団に提出。健康保険証を不正に入手した。申し出書に朝鮮学校の押印があったことから、学校側が不正に関与した可能性も指摘されている。元校長は、この健康保険証を使い、同年11月から2年間、持病の糖尿病の治療のため、総合病院で人工透析などを繰り返し、301回、計1500万円の治療費を共済事業団側に肩代わりさせていた。
 県警は、共済事業団に被害届を提出するよう勧めたが、共済事業団側は27日現在、提出しておらず、「警察の捜査には協力してきたが、この件については何も言えない」とした。朝鮮学校側は産経新聞の取材に「初めて聞くことで分からない。学校ぐるみと言われるのは心外だ」と話した。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120928/crm12092802070001-n1.htm

« 昭島市で塾講師の75歳男を強制わいせつ容疑で逮捕 余罪追及(27日) | トップページ | 米、住吉会を経済制裁対象 「ヤクザ」2例目(28日) »

詐欺(特殊詐欺)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55761433

この記事へのトラックバック一覧です: 朝鮮学校元校長、虚偽申請で健康保険証 治療費1500万円 静岡県警捜査(28日):

« 昭島市で塾講師の75歳男を強制わいせつ容疑で逮捕 余罪追及(27日) | トップページ | 米、住吉会を経済制裁対象 「ヤクザ」2例目(28日) »