« NMB48劇場を爆破予告 威力業務妨害容疑で男逮捕(7日) | トップページ | アパートに3人の遺体…無施錠、室内には練炭燃やした跡(7日) »

2012年9月 7日 (金)

世田谷一家殺害事件、宮沢さんの父死去 解決見ずに「同じお墓に入ってしまうのね」(7日)

平成12年12月の東京・世田谷一家4人殺害事件で、殺害された宮沢みきおさん=当時(44)=の父、良行さんが6日未明、死去した。享年84。息子家族の無念を晴らすため、事件解決を訴え続け、公訴時効撤廃の法改正にも尽力した。時効撤廃は実現し、犯人逮捕まで事件捜査が続けられることになったが、良行さんは、その日を見ることはできなかった。(大島悠亮、中村翔樹)
 亡き息子の誕生日だった今年7月21日、良行さんは4人の墓を訪れることができなかった。昨夏から体調を崩して入院していたからだ。この日、妻、節子さん(81)と墓参した警視庁捜査1課の松森みつ子さん(58)は後日、病院に良行さんを見舞った。しかし、このとき、良行さんは呼びかけにも応じることができなくなっていた。
 6日朝、良行さんの訃報を聞いた松森さんは、自宅に駆けつけた。その顔は安らかだった。「無念が募りました。犯人を逮捕し、なぜ4人が狙われたのかを伝えたかった」。松森さんは肩を落とした。
×  ×  × 事件直後から遺族として積極的に捜査に協力してきた良行さんだが、マスコミの前に出るのは拒んでいた。しかし、20年12月、節子さんと一緒に情報提供を求めて記者会見を開いた。「解決のためには遺族も恥ずかしがっていられない」。悲壮な覚悟で訴えた。
 翌21年1月、殺人事件の被害者遺族と「宙(そら)の会」を結成し、会長に就任。国に時効撤廃を求める嘆願書と約4万5千人分の署名を提出するなどして機運を盛り上げた。22年4月に時効撤廃が決まったとき、冷静な良行さんが珍しく表情を崩して喜んだという。
 体調を崩しがちになっても、同年12月の宙の会の集会には姿を見せ、「犯人が人の心を取り戻し、名乗り出て、4人を殺した理由を教えてほしい」と声を張り上げた。公に姿を見せたのはこのときが最後だった。

「天国で犯人逮捕の朗報を息子たちに伝えることができないのは、さぞ無念だろう」。宙の会代表幹事として良行さんと活動し、やはり未解決の上智大生殺害事件(8年9月)の遺族でもある小林賢二さん(66)は、こう話した。
 ×  ×  × 「『家族は私の宝だった。その宝を奪われた』と涙ながらに訴えた姿が忘れられない」。捜査本部がある成城署の元署長、土田猛さん(64)は話す。
 今年6月、病院で会った際、亡くなった孫のにいなちゃんと礼君の思い出話に花が咲いた。「にいなはカニの身を取るのが上手でね。礼はできなくて…」。良行さんは遠い目をして笑っていたという。
 6日、土田さんが弔問に訪れたとき、節子さんはこうつぶやいていたという。「みきおたちと同じお墓に入ってしまうのね」
 ◇ 良行さんの通夜は10日午後6時、葬儀・告別式は11日午前10時半、さいたま市桜区下大久保1523の1、浦和斎場で。喪主は妻、節子(せつこ)さん。
 ■世田谷一家殺害事件 平成12年12月30日深夜、東京都世田谷区上祖師谷の会社員、宮沢みきおさん方で、みきおさんと妻の泰子さん(41)、長女のにいなちゃん(8)、長男の礼君(6)=いずれも当時=が包丁で刺されるなどして殺害された。
 警視庁の捜査では、犯人が一家を殺害した後、室内に長時間とどまり、冷蔵庫の食品を食べたり、パソコンを操作したりした形跡が確認されている。推定される犯人像は15~35歳で、身長175センチ前後の右利きの男。血液型はA型。
 DNA型解析から、犯人が日本や韓国、中国などアジア系を父系に持ち、地中海周辺の南欧系を母系に持つ人物という分析も出ている。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120907/crm12090700070000-n2.htm

« NMB48劇場を爆破予告 威力業務妨害容疑で男逮捕(7日) | トップページ | アパートに3人の遺体…無施錠、室内には練炭燃やした跡(7日) »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世田谷一家殺害事件、宮沢さんの父死去 解決見ずに「同じお墓に入ってしまうのね」(7日):

« NMB48劇場を爆破予告 威力業務妨害容疑で男逮捕(7日) | トップページ | アパートに3人の遺体…無施錠、室内には練炭燃やした跡(7日) »