« 「小切手なくした、立て替えて」 振り込め詐欺被害(14日) | トップページ | 運転手の窃盗、捨てたはずの映像メモリーで発覚(14日) »

2012年9月14日 (金)

上海で日本人への暴行続発、少なくとも4人負傷(14日)

【上海=関泰晴】中国・上海の日本総領事館は13日、日本政府が沖縄県の尖閣諸島の国有化を決定して以降、上海市内で日本人が中国人から暴行を受けるケースが続発し、少なくとも4人が負傷したと明らかにした。
 同総領事館ではホームページを通じ、在留邦人や日本人旅行者に注意を呼びかけている。
 ホームページなどによると、上海の繁華街を歩いていたところ、「お前は日本人か」と声をかけられ、突然、足を蹴られて打撲傷を負うケースがあった。
 このほか、〈1〉深夜に食事中、中国人に因縁をつけられ暴行を受けた〈2〉タクシーで移動中、バイクの運転手が追いかけてきて「乗客を降ろせ」と言われた〈3〉複数人で歩道を歩いていたところ、中国人から「ジャパニーズ」と言われ、1人が麺をかけられてケガを負い、1人が眼鏡を割られ、持ち去られた――などのケースがあったという。

« 「小切手なくした、立て替えて」 振り込め詐欺被害(14日) | トップページ | 運転手の窃盗、捨てたはずの映像メモリーで発覚(14日) »

海外ニュース(事件、政治、経済等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海で日本人への暴行続発、少なくとも4人負傷(14日):

« 「小切手なくした、立て替えて」 振り込め詐欺被害(14日) | トップページ | 運転手の窃盗、捨てたはずの映像メモリーで発覚(14日) »