« 上海で日本人への暴行続発、少なくとも4人負傷(14日) | トップページ | 「男が1400万円持ち逃げ図った」 池袋・異臭騒ぎ(14日) »

2012年9月14日 (金)

運転手の窃盗、捨てたはずの映像メモリーで発覚(14日)

大阪府警吹田署は13日、乗客が車内に置き忘れた財布を盗んだとして、大阪市東淀川区のタクシー運転手、遠藤愛郎容疑者(58)を窃盗容疑で逮捕した。
 発表によると、遠藤容疑者は12日午後11時25分頃、同市北区のJR大阪駅付近で、乗客の男性(54)が忘れた現金約9万円入りの財布を盗んだ疑い。約90分後に男性から、タクシー会社に問い合わせがあったが、「なかった」と返答。その後、ドライブレコーダーの映像から犯行が発覚しないよう、運転席にある記録カードを捨て、「乗客の男2人に顔面を殴られ、メモリー(記録カード)と現金を奪われた」と110番をした。
 しかし、捨てたカードは車外の映像用で、車内の映像は助手席の記録カードに残されていた。強盗の様子ではなく、財布を盗む同容疑者の姿が映っていたという。

« 上海で日本人への暴行続発、少なくとも4人負傷(14日) | トップページ | 「男が1400万円持ち逃げ図った」 池袋・異臭騒ぎ(14日) »

窃盗事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 運転手の窃盗、捨てたはずの映像メモリーで発覚(14日):

« 上海で日本人への暴行続発、少なくとも4人負傷(14日) | トップページ | 「男が1400万円持ち逃げ図った」 池袋・異臭騒ぎ(14日) »