« 「教え反した」 信者暴行し死なせた疑い (22日) | トップページ | 陸上競技場に爆破予告 鳥取市、中高陸上大会中止に(22日) »

2012年9月22日 (土)

外国通貨巡るトラブルに注意(22日)

国内では換金が難しい外国通貨を、高い値段で購入させられるトラブルを巡り、新たにアフリカのコンゴなどの通貨について相談が増えているとして、国民生活センターが注意を呼びかけています。

国民生活センターによりますと、国内では換金が難しい外国通貨を、「将来価値が上がる」と高い値段で購入させられ、その後、業者と連絡が取れなくなったといったトラブルの相談は、平成21年7月から先月までに全国で3800件余りで、被害は87億円に上っています。
相談者のおよそ90%が60歳以上で、ことしに入ってからは、新たにアフリカのコンゴや中東のイエメンなどの外国通貨の相談が増えています。
勧誘の手口も巧妙で、「あとで高値で買い取るので代わりに買ってほしい」と複数の業者から電話があり、100万円を支払ったケースなどがあったということです。
また、過去に投資トラブルにあった人が「損害を取り戻す条件として通貨を買ってほしい」と持ちかけられ、代金をだまし取られる二次被害も目立つということです。
国民生活センター相談情報部の柴田智彦さんは、「高値で買い取る、損害を取り戻せる、といった話は信用せず、消費生活センターに相談してほしい」と話しています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120922/t10015203331000.html

« 「教え反した」 信者暴行し死なせた疑い (22日) | トップページ | 陸上競技場に爆破予告 鳥取市、中高陸上大会中止に(22日) »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国通貨巡るトラブルに注意(22日):

« 「教え反した」 信者暴行し死なせた疑い (22日) | トップページ | 陸上競技場に爆破予告 鳥取市、中高陸上大会中止に(22日) »