« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 拉致事件の一層の捜査徹底を指示 (12日) »

2012年9月12日 (水)

オンラインゲームで不具合、情報流出か 500万人が利用(12日)

オンラインゲームの運営会社「エヌ・シー・ジャパン」(東京都渋谷区、金澤憲=キム・テクホン=社長)のインターネットサイトで12日、不具合が発生し、別の利用者の登録情報の閲覧が可能になっていたことが分かった。
 同社によると閲覧可能となったのは、居住する都道府県や血液型、年代、性別など。ログインすると、他人の情報が誤って表示されるなどした。不具合は同日行ったサイトの改修作業の影響といい、約30分間続いた。同社は「個人を特定できる情報は流出していない」としており、影響や原因を調べている。
 利用者は累計500万人で、サイトからは人気ゲーム「タワーオブアイオン」など8ゲームが利用できるという。

Msn_s1_8 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120912/crm12091219160026-n1.htm

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 拉致事件の一層の捜査徹底を指示 (12日) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55643167

この記事へのトラックバック一覧です: オンラインゲームで不具合、情報流出か 500万人が利用(12日):

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 拉致事件の一層の捜査徹底を指示 (12日) »