« 東京・港区の駐車スペース設置道路に全国初の自転車専用レーン(14日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2012年9月14日 (金)

中国当局船 すべて領海を出る(14日)

K10050242611_1209141500_1209141504_

沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国当局の船6隻が日本の領海に入りました。
今月11日に日本政府が尖閣諸島を国有化したあと、中国当局の船が領海に侵入したのは初めてです。14日午前6時20分ごろから7時すぎにかけて、尖閣諸島の大正島と久場島の沖合の日本の領海内に、中国・国家海洋局所属の船6隻が入ったのを第11管区海上保安本部が確認しました。
海上保安本部は巡視船や航空機を出して領海の外に出るよう警告を続け、午後1時20分ごろまでにすべての船が領海を出ました。
また、このうち3隻は魚釣島沖の領海内も一時、航行しましたが、その後、島の周辺から離れ、日本の接続水域を出たということです。
領海に侵入した6隻は警告に対し、中国語で「島は古くから中国の領土だ」などと返答し、このうち1隻は日本語で「本船は正当な業務を執行中だ。ただちにこの海域から離れてください」と伝えてきたということです。
今月11日に日本政府が尖閣諸島を国有化したあと、中国当局の船が領海に侵入したのは初めてです。
また、海上保安庁によりますと、この海域で中国当局の船が1度に6隻、領海に入ったのは過去に例がないということです。http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120914/t10015024261000.html

中国 国連に領海基線を提出

中国政府は沖縄県の尖閣諸島周辺で独自に定めた領海基線を公表したのに続き、この基線を記した表と海図を国連に提出したと発表し、国際社会で尖閣諸島の領有権についての主張をさらに強めていくとみられます。

中国外務省は14日午前、ホームページ上で、李保東国連大使が13日、パン・ギムン事務総長を訪ね、沖縄県の尖閣諸島周辺の領海基線を記した表と海図を提出したと発表しました。
この基線は日本政府が尖閣諸島を国有化した前日の今月10日に、中国政府が独自に定めて公表していたもので、中国外務省は「国連海洋法条約で定められた義務を履行し、すべての法的な手続きを終えた」としています。
一連の動きは、国連海洋法条約が沿岸国に領海基線を海図に記すなどして公表し、国連事務総長に寄託するよう義務づけていることを踏まえたものとみられますが、パン事務総長がどう応対したかについては明らかにされていません。
日本政府による尖閣諸島の国有化を巡って、中国は全国人民代表大会の呉邦国委員長と李克強副首相が、それぞれ今週行ったイランとパプアニューギニアの要人との会談で自国の立場に理解を求めるなどしており、中国政府は国際社会で尖閣諸島の領有権についての主張をさらに強めていくとみられます。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120914/t10015028211000.html

« 東京・港区の駐車スペース設置道路に全国初の自転車専用レーン(14日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国当局船 すべて領海を出る(14日):

« 東京・港区の駐車スペース設置道路に全国初の自転車専用レーン(14日) | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »