« 88歳女性が1300万円詐取被害 社債購入名目、警視庁が捜査(18日) | トップページ | プレミアバイク盗難多発、90秒の犯行 (18日) »

2012年9月18日 (火)

「市民・飲食店守れ」決議…切り付け事件続発で(18日)

北九州市内で飲食店を経営する女性が顔を切り付けられる殺人未遂事件などが相次いだことを受け、同市議会は18日の本会議で、警察や市に対し、暴力事件から市民、企業、飲食店を守る態勢の整備を求める決議を全会一致で可決した。
 警察に対しては、犯人の早期検挙も要請している。
 同市では、改正福岡県暴力団排除条例に基づき暴力団員の飲食店などへの立ち入りを禁じる標章制度が始まった8月以降、標章を掲げた店舗に脅迫電話がかかるなど暴力団の犯行とみられる事件が頻発している。
 決議は一連の事件について、「民主主義に対する重大な挑戦であり、断じて許すことはできない」と非難。市民の安全・安心を取り戻すため、警察や市にあらゆる対策を講じるよう求めた。

« 88歳女性が1300万円詐取被害 社債購入名目、警視庁が捜査(18日) | トップページ | プレミアバイク盗難多発、90秒の犯行 (18日) »

暴力団関係等組織犯罪、 銃刀法違反 密輸入輸出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55690110

この記事へのトラックバック一覧です: 「市民・飲食店守れ」決議…切り付け事件続発で(18日):

« 88歳女性が1300万円詐取被害 社債購入名目、警視庁が捜査(18日) | トップページ | プレミアバイク盗難多発、90秒の犯行 (18日) »