« 京都の小学生姉妹絞殺 容疑で母親を送検(18日) | トップページ | 「海苔買い忘れた」とコップの熱湯、中1次男に(18日) »

2012年9月18日 (火)

アジトは大阪 「妊娠させた」オレオレ詐欺で5億円荒稼ぎ(18日)

【衝撃事件の核心】
 「酔った勢いで妊娠させてしまった…」。そんな電話が離れて暮らす息子から突然かかる。親心につけこむ「オレオレ詐欺」が続発する中、広島や大阪など9府県警が9月、28都府県にわたる広域詐欺グループのメンバーを摘発した。5億円以上も荒稼ぎしていたとみられるグループのアジトは大阪府門真市のマンションの一室。メンバーの所持品からは高校など3校の卒業名簿が見つかった。近畿で続発している名門校や進学校の卒業生宅を狙った詐欺事件との関連はあるのか。(大宮健司)
 ■「妊娠させた…」 今年5月、京都府京丹後市の無職の男性(71)宅に、息子を名乗る男から電話がかかってきた。
 「風邪ひいて声が変やが、ぼくやで」「トイレに携帯電話を落として、電話番号が変わったんや」。久々の息子との会話を男性は特に不審に思わず、その日の電話は簡単な世間話で終わった。
 だが、翌日再び息子を名乗るこの男からかかってきた電話で事態は一変する。
 「酔った勢いで女の人に手を出して、妊娠させてしまった」
 前夜とは違いひどく慌てた様子で、女性の夫へ電話してほしいと訴えてきた。
 男性が指定された電話番号にかけると、女性の夫を名乗る男が電話に出る。「示談にしなければ警察沙汰になる。早くお金を振り込んでほしい」と要求してきた。結局、男性はその日のうちに400万円を男の口座に振り込んでしまった。
 この男性から現金をだまし取ったとして、合同捜査本部は8~9月にかけて、詐欺容疑で住所不定の無職、藤之原佳尚容疑者(33)ら3人を逮捕した。

■アジトは大阪
 捜査の過程で、大阪府門真市内のマンションが詐欺グループのアジトだったことが判明。電話の履歴や銀行口座などから、3人がかかわった犯行は東京や大阪、広島など1都2府25県の広範囲に及んでいたとみられるという。
 ほかにも複数の共犯者がいたとみられ、3人はオレオレ詐欺グループの中でも電話をかける役割だったことが分かっている。
 だが、警察がアジトの存在をつかむのとほとんど同時に、3人はマンションを退去していた。3人の身柄は確保したものの、さらなる証拠を押さえるには至らなかった。
 広島県警によると、3人は詐欺への関与を否認しているという。だが、うち1人の所持品から、京都府内の高校など3校分の卒業名簿のコピーと、携帯電話5台が押収された。
 ■悪用される卒業名簿  捜査関係者によると、高校の卒業名簿がオレオレ詐欺に利用されるケースは多い。比較的近い時期に同じような詐欺にあった被害者に子供の出身高校を尋ねると、同一校の卒業生だったということが珍しくないという。
 高校も都会の名門校から地方の公立高校までさまざま。裏ルートで出回った名簿が犯行に利用されていることが強く推測されるという。
 また、平成21年には和歌山県で進学校として知られる県立高校の卒業生の実家ばかりが狙われる連続オレオレ詐欺事件が発生。和歌山県警に詐欺容疑で逮捕された男らが管理していた口座には、全国から1億円を超える入金があった。このケースは昭和60年ごろの卒業生の実家に被害が集中しており、卒業名簿が犯行に悪用された可能性が高い。
 ■移動する被害発生地域 広島県内では、今年に入ってオレオレ詐欺の認知件数が急増している。8月上旬までは呉市で、下旬以降は福山市などと特定地域で集中発生している。被害者の住む地域が移動していくのが特徴だ。
 捜査関係者によると、最近増加している犯行の手口は、まず夜間に実家に息子を名乗る男から「携帯電話が壊れて連絡先がわからなくなった」などと、深刻なトラブルとは関係のない内容の電話がかかってくる。
 実はそのとき、さりげなく家族の携帯電話などの連絡先を聞き出している。そして後日、金銭トラブルに巻き込まれたという内容の慌てた電話がかかってくるケースが多いという。
 振り込みを要求するのは日中の時間帯が多い。被害者に考える余地を与えず、金融機関へ走らせるのが狙いとみられる。
 ■振り込め詐欺の3分の2以上 警察庁のまとめによると、23年度に認知された「振り込め詐欺」は6233件。このうち、警察官や息子などになりすます「オレオレ詐欺」は4656件と、全体の3分の2以上を占める。
 オレオレ詐欺の中でも警察官などになりすますケースは、犯人が被害者宅を直接訪問することが多いのに対し、息子へのなりすましは電話で送金を無心することがほとんど。犯人側からすると、現場で取り押さえられるリスクが少ないのだという。
 防犯施策を推進する広島県警安全安心推進課は、これまでもオレオレ詐欺を含む振り込め詐欺被害防止の啓発活動を行ってきた。ところが、県警が振り込め詐欺被害者を対象に実施したアンケートによると、振り込め詐欺の手口があることを認識していながら、詐欺に引っかかったケースが少なくなかったという。
 ■被害者の大半は母親 啓発は進んでも一向に減少しないオレオレ詐欺被害。被害者の大半は母親だという。子供を心配して動転する心理につけ込んでくる。
 同課の幹部は手を替え品を替え次々に現れる手口に「子供を信用し、心配する気持ちが犯罪に悪用されるのは許せない」と憤る。
 「『携帯電話が壊れた』『電話番号が変わった』などと聞いたら、まずは詐欺の可能性を疑ってほしい。そのような電話がかかったら、子供の元の連絡先に確認を入れるなど、冷静に行動してほしい」と呼びかけている。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

« 京都の小学生姉妹絞殺 容疑で母親を送検(18日) | トップページ | 「海苔買い忘れた」とコップの熱湯、中1次男に(18日) »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/55685703

この記事へのトラックバック一覧です: アジトは大阪 「妊娠させた」オレオレ詐欺で5億円荒稼ぎ(18日):

« 京都の小学生姉妹絞殺 容疑で母親を送検(18日) | トップページ | 「海苔買い忘れた」とコップの熱湯、中1次男に(18日) »