« 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月1日 »

2012年9月30日

2012年9月30日 (日)

中国総領事館の壁汚した疑い 大阪、右翼団体の男逮捕(30日)

大阪府警は29日、大阪市西区靱本町3丁目の中国総領事館と関連施設のシャッターや壁面を汚したとして、男2人を建造物損壊の容疑で現行犯逮捕し、発表した。2人は異なる右翼団体の構成員で、「尖閣諸島の領有権問題をめぐる国連での中国側の発言に腹が立った」と話しているという。
 府警によると、逮捕されたのは、建築請負業岸元匡貴(こうき)(40)=同市旭区新森7丁目=と、解体業高橋英樹(40)=大阪府守口市藤田町1丁目=の2容疑者。岸元容疑者は29日午後4時50分すぎ、総領事館横の関連施設のシャッターに消火器を噴射した疑いがある。高橋容疑者も同じころ、黒っぽい液体の入ったペットボトル1本を総領事館の壁に投げつけて汚した疑いが持たれている。

Logo2_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪前歴者の住所届け出義務付け 大阪府で子供を守る条例(30日)

大阪府が18歳未満の子供に対する性犯罪前歴者に居住地の届け出を義務付ける全国初の条例が10月1日施行される。条例をめぐっては法務省が対象者の罪名や刑期満了の時期について府の照会に応じることを了承しているが、出所者が居住地を届け出ない限り、府は把握できないという課題があり、施行後の実効性にも注目が集まる。
 条例は橋下徹知事(現大阪市長)が大阪の性犯罪認知件数が全国最悪という状況を受け制定を目指した。対象は18歳未満に対する強姦や強制わいせつなどの罪で服役し、10月1日以降に刑期を終える出所者。氏名▽住所▽連絡先▽罪名など7項目を府に報告するよう定めており、違反者には5万円以下の科料が課せられる。届け出期間は出所後5年間。
 運用は大阪府内に居住する意思を示した出所予定者に対し、刑務所が条例の趣旨を説明。出所後、府に同意書とともに7項目を届け出ると、府が刑務所に罪名などを照会する仕組みになっている。
 府は届け出を基に住居や就労などを支援するほか、府の委嘱を受けた臨床心理士らが再犯防止のための専門プログラムで支援。必要に応じて専門機関での治療も行う。
 ただ、出所者が届け出ないまま府内に居住しても府にその情報を得る手段はない。府の担当者は「条例は決して前歴者を排除するものではない」と強調。「出所者をサポートすることで再犯を防ぐことが、子供を守ることにつながる」と話している。

Head_logo1_2 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

「シノギできない」末端組員の離脱相次ぐ 暴排条例施行1年(30日)

東京都と沖縄県で昨年10月に暴力団排除(暴排)条例が施行され、全都道府県で暴力団関係者との商取引や利益供与が禁じられるようになって、1日で1年が経過した。資金難に陥った組員が組織を離脱するケースが続出しており、条例は効果を上げている。ただ「暴排運動」を標的にしたとみられる事件も続発。暴力団ではないため条例の網にかからない「不良グループ」の活動が活発化するなどの現象も起きている。
 「組の名前で『シノギ』(経済活動)ができず、ヤクザでいるメリットがなくなっている」
 指定暴力団系の組に所属していた都内の30代男性は都条例施行後、毎月、組に支払わされていた「上納金」を納められず、組織を除籍になった。飲食店から集めたみかじめ料を上納していたが、店側が条例を理由に徴収に応じなくなったのが主な原因だった。
 みかじめ料はもともと暴対法で禁止されていたが、条例前は、違反しても摘発対象は暴力団側だけだったため、支払いに応じる業者も少なくなかった。しかし、支払った側にも中止勧告や名前公表などのペナルティーが課されるようになり、店側も「こちらも違反になるので…」と断りやすくなった。

続きを読む "「シノギできない」末端組員の離脱相次ぐ 暴排条例施行1年(30日)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

7年前失踪の元高松市議、水没車から遺体で発見 汚職事件に関与(30日)

高松市の池で、水没していた軽乗用車の中から、一部が白骨化した遺体が見つかり、香川県警の調べで30日、遺体の身元が、平成17年に特別養護老人ホームの建設をめぐる汚職事件で県警の事情聴取を受けた後に行方不明となっていた宮本和人元高松市議=当時(55)=と分かった。現場の状況などから失踪直後に自殺した可能性が高いとみられる。
 この事件では、高松地検が宮本元市議の失踪後、2件の贈賄罪で在宅起訴。公訴時効を引き延ばすため、同じ贈賄罪でそれぞれ19回と24回起訴を繰り返す異例の捜査手法をとったが、22年2月と3月に時効が成立していた。
 県警によると、軽乗用車は9月29日午後3時半ごろ、高松市西植田町の神内池で、釣りの男性が発見。司法解剖の結果、遺体は宮本元市議と判明した。県警は死亡時期は家族が捜索願を出した17年6月下旬とみている。
 県警捜査2課は「時効が成立している人物なのでコメントできない」としている。

Msn_s1_5 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120930/crm12093021230012-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、1日単位・レベル)
いじめ対策にはプロを!
【治安つぶやき】

2009_1228_222559212

20120921095803

 また自殺者を出してしまった。背景には「いじめ」があり、担任の教諭が相談を受けていた-
 自殺したのは東京都品川区立中学1年の男子生徒(12)。担任教諭らが生徒から4~5月に3度にわたっていじめ被害を相談。しかし、校長が把握したのは7月。
 事の起こりは男子生徒の文房具が無くなったり、壊されたという事から始まる。生徒から相談を受けた担任は、学年主任ら同じ学年の教諭4人に伝え、担任はさらに2度にわたり男子生徒に「大丈夫か」と声をかけたが、生徒は「大丈夫」と答えたという=産経新聞電子版
 被害少年に「大丈夫か」などと声をかけるぐらいは対策とは言えない。どれほど深刻な状況にあるのかは、様々の角度から分析を加えるなど、ある程度は専門知識が要求されるだろう。
 今回の場合、校長に報告して学校ぐるみで対処するか、教育委員会に上げて対処するかなどいくつか方法はあったが、それをしても果たして救えたかは結果論だ。これまでのイジメ問題は事件になって初めて「反省」する。反省なら猿でもできる。
 何度も提言しているが「スクールサポーター」の活用だ。県、自治体によって与えられた権限は微妙に違うが、概ねは「非行少年防止」などをスローがーに警察と学校・地域社会のパイプ役を務める役目で、警察官とか教育のOBが活動している。経験上、何れもその道のプロ的なセンスの持ち主たちである。
 今回の場合も文房具を隠されたり壊されたぐらいで自殺するはずがない。隠れた部分にはもっと「何か」がある。プロはその「隠れた」部分にメスを入れてくれるはずだ。是非、一考を…。
 【余談】
 大原則を言っておく。スクールサポーターは警察署単位であるものだから、どうしても現職管理職(生活安全課係長や課長代理、課長)の影響を受ける。そして、管理職によってはかなり束縛する場合がある。「君たちは見回りしていれば良い」と圧力をかけたり、情報収集のため地域社会の関係者に挨拶する場合もあるが「君達は単なるサポーターだ。何を偉そうに挨拶回りが必要だ…」など、「現職面(ヅラ)」する幹部がいると聞く。こんな警察署が存在するなら、警部補と警部の再教育が必要だ。改めて警察庁の指導を望む。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

続きを読む "警視庁管内体感治安レベル2"

| コメント (0) | トラックバック (0)

台風 紀伊半島に夕方上陸のおそれ(30日)

強い台風17号は紀伊半島の沿岸にかなり接近し、このあと夕方にかけて上陸するおそれがあります。
気象庁は、猛烈な風や土砂災害、高潮による浸水などに厳重な警戒を呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、強い台風17号は、午後2時には和歌山県の潮岬の南西70キロの海上を1時間に45キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。
中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで、台風の南東側220キロ以内と北西側190キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。
現在、台風は紀伊半島の沿岸にかなり接近していて、四国や近畿、それに東海の一部が暴風域に入っています。
潮岬では午後1時すぎに35.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。
近畿や東海には台風を取り巻く発達した雨雲が流れ込み、午後1時までの1時間には和歌山県の田辺市本宮で48ミリ、三重県大台町で44.5ミリの激しい雨が降りました。
台風は速度をやや速めながら北東へ進み、このあと夕方にかけて近畿や東海に上陸するおそれがあります。
近畿や東海、関東甲信では、急激に風が強まって猛烈な風が吹く見込みで、1日未明にかけての最大風速は、四国や近畿、東海、関東甲信、それに伊豆諸島で30メートルから40メートル、最大瞬間風速は45メートルから60メートルに達すると予想されています。
これから1日にかけて、太平洋沿岸の広い範囲で波の高さが6メートルを超える大しけとなり、近畿と東海、それに伊豆諸島の沿岸では波が10メートルと、猛烈なしけになる見込みです。
1日にかけて近畿と東日本、北日本では雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、局地的には1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあります。
1日昼までに降る雨の量は、いずれも多いところで、東海で500ミリ、関東甲信で400ミリ、近畿で300ミリ、東北で250ミリ、北陸で200ミリ、中国・四国地方と北海道で100ミリから150ミリと予想され、北日本ではさらに雨量が増えるおそれがあります。
30日は大潮でふだんより潮位が高いうえに、西日本から東北の太平洋沿岸では夕方から夜にかけて満潮を迎えるところが多く、高潮による浸水の危険性が高くなる見込みです。
気象庁は、暴風や高波、土砂災害、高潮や雨による低い土地の浸水、川の増水などに厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

News_pic1_2 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120930/t10015400601000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・墨田区で首都直下地震想定した訓練 警視庁特殊救助隊参加(30日)

Sp2012093015_531

東京・墨田区で、首都直下地震を想定した防災訓練が行われ、警視庁に新設された災害救助の専門部隊、「警視庁特殊救助隊」などが参加した。
30日の訓練は、マグニチュード7.3の首都直下地震が発生したとの想定で、警視庁や東京消防庁などが実施したもので、地元の住民およそ800人を含む、およそ2,400人が参加した。
訓練では、9月1日に警視庁に新設された災害救助の専門部隊「警視庁特殊救助隊」が、東京消防庁のハイパーレスキュー隊と連携し、倒壊した家屋から住民を助け出す訓練を行った。
警視庁特殊救助隊とハイパーレスキュー隊との合同訓練は、今回が初めてとなる。

Logo4 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00232547.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

アパートに29歳女性の遺体…訪ねた父親が発見(30日)

30日午前9時35分頃、岐阜県各務原市鵜沼川崎町のアパート一室で、臨床検査技師・片岡夕子さん(29)が死んでいるのを訪ねてきた父親が見つけた。
 現場の状況から各務原署は片岡さんが殺害された可能性が高いとみて殺人の疑いで捜査を始めた。
 発表によると、片岡さんはアパート3階の部屋で一人暮らし。同日朝、父親が片岡さんに電話したところ連絡がつかなかったため、様子を見に来たという。現場は航空自衛隊岐阜基地の北側にある住宅地の一角。(

2012年9月30日13時10分

読売新聞)http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗、30万円奪う 高松駅前(30日)

30日午前3時45分ごろ、高松市西の丸町の「ミニストップ高松駅前店」で、男がレジにいた男性店員に刃物のようなものを突き付け「金を出せ」と脅し、レジの現金約30万円を奪って逃走した。
 高松北署は強盗事件として捜査する。店員や、店内にいた客2人にけがはなかった。
 同署によると、男は20~30代ぐらいで身長170~180センチ、フード付きのレインコートのようなものを着ていた。

Msn_s1_4 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120930/crm12093012510005-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハーレーでひき逃げ容疑、自衛官を逮捕(30日)

 愛知県警守山署は30日、春日井市月見町、陸上自衛隊守山駐屯地所属の1等陸尉、加田耕介容疑者(50)を自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕した。
 発表によると、加田容疑者は28日午後10時55分頃、名古屋市守山区瀬古東の国道19号で米高級大型オートバイ「ハーレーダビッドソン」を運転中に転倒、停車していた乗用車の後部に衝突し、そのまま逃げた疑い。運転席にいた春日井市のパート女性(28)は腰を打って軽傷。女性がナンバーを覚えていた。加田容疑者は「自分は運転していない」と容疑を否認しているという。(2012年9月30日09時45分 読売新聞)
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C6%C9%C7%E4%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=495&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

警官が逃走車に発砲 大阪、男2人が急発進(30日)

30日午前3時40分ごろ、大阪市城東区鴫野東3丁目の貴金属買い取り店で、城東署の男性警部補(47)がバールで店のシャッターをこじ開けようとしていた男2人に制止を求めたところ、2人は乗用車に乗り込み、警部補に向かって急発進させた。警部補は車に拳銃を1発発砲し、車はそのまま逃走した。
 城東署が殺人未遂容疑などで調べている。同署によると、警部補にけがはなかった。別の男性警部補(41)とパトロール中だった。

Msn_s1_3 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120930/crm12093008520003-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

海に車転落、3人心肺停止 北九州(30日)

29日午後11時15分ごろ、北九州市小倉北区浅野の国道199号を走っていた軽自動車が海に転落した。
 北九州市消防局によると、軽乗用車には若い女性3人が乗っていた。約20分後、救助隊員が海に沈んだ車の中から3人を発見。病院に搬送したが、いずれも心肺停止の状態だった。女性は2人が18歳、もう1人も同年代だという。
 消防局によると、現場はほぼ直角の右カーブ。軽乗用車は、ガードレールが約7メートル途切れたところから転落したとみられる。現場はJR小倉駅北東約500メートルで、砂津川の河口付近。

2010_0123_11120247newslogo1 http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012092901001883.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工場爆発 安全対策など捜査へ(30日)

29日、兵庫県姫路市の化学製品メーカーの工場でタンクが爆発し31人が死傷した事故で、爆発のおよそ1時間半前にタンクの温度が急に上がり、従業員が、異常な化学反応が起きている疑いがあると消防に伝えていたことが分かりました。
警察は、安全対策が十分だったか調べることにしています。

29日午後2時半ごろ、兵庫県姫路市の「日本触媒姫路製造所」で、アクリル酸やトルエンなどの化学物質を貯蔵する3つのタンクが次々に爆発しました。
火は、およそ8時間後にほぼ消し止められましたが、この事故で網干消防署の山本永浩消防副士長(28)が死亡、31歳の男性従業員が意識不明の重体になっているほか、従業員や消防隊員、それに警察官のあわせて29人が重軽傷を負いました。
消防などによりますと、爆発のおよそ1時間半前に、アクリル酸の貯蔵タンクの温度が異常に上がっていることが確認され、従業員が、「アクリル酸が次々につながっていく重合反応という化学反応が起きている疑いがある」と消防に伝えていたことが分かりました。
警察は、業務上過失傷害などの疑いもあるとみて、作業の工程や安全対策が十分だったか調べることにしています。

News_pic1 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120930/t10015391001000.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「モデル募集」うたい中2買春容疑 31歳逮捕へ 兵庫(30日)

インターネットの掲示板で「モデル募集」をうたい、千葉市の中学2年の女子生徒(14)にわいせつ行為をしたとして、兵庫県警は30日、川崎市の会社員の男(31)を児童買春・児童ポルノ禁止法(児童買春)違反の疑いで逮捕する。
 捜査関係者によると、男が呼びかけたのは「ポートレート写真撮影モデル募集掲示板」。「コスプレ写真を2万円で撮らせてくれる人募集」と書き込み、6月初め、応募してきた女子生徒のセーラー服姿を撮影した後、中学生と知りながら3万円を渡して千葉県船橋市のホテルでわいせつ行為をした疑いがある。
 サイバー犯罪対策課がインターネット上の書き込みを調べていたところ、女子生徒が出会い系サイトに売春行為を求める書き込みをしていたのを見つけた。続きを読むhttp://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%C4%AB%C6%FC%BF%B7%CA%B9&lang=euc&prop=900&bypass=2&dispconfig=

Logo2

| コメント (0) | トラックバック (0)

女子大職員刺殺 天野容疑者、事件後も通常通り出勤(30日)

同僚の荒川孝二さん(36)を刺殺したとして、京都府警下鴨署捜査本部に殺人容疑で逮捕された同志社女子大教育・研究推進センター次長、天野祐一容疑者(59)。同大学は29日、京田辺キャンパス(京都府京田辺市)で記者会見を開き、加賀裕(ひろ)郎(お)学長が「皆様にご心配、ご迷惑をかけたことを心よりおわび申し上げる」と謝罪した。
 直属の上司の山本寿(ひさし)・同センター長は、天野容疑者について「真面目で温厚。問題があったとは思わない」と話した。
 天野容疑者は東京都出身で青山学院大卒。昭和56年に文部省(当時)入省し、学校法人調査課などを経て、平成13年から大学入試センター事業部長も務めた。山形大総務部長を経て、16年から同志社女子大で勤務していた。
 事件直後の21日以降も通常通り出勤。事件が議題になった部課長会にも出席し、雑談で事件の話をすることもあったという。
 捜査本部によると、天野容疑者は、以前から同僚女性に無言電話などのストーカー行為をしていたとみられ、今月ごろからは女性の自宅近くで待ち伏せするなどエスカレート。女性が荒川さんに相談し、刺殺事件の数日前、天野容疑者と荒川さん、女性の3人で話し合いの場を持っていた。捜査本部は、天野容疑者がストーカー行為をめぐって間に入った荒川さんに恨みを持っていたとみている。
関連記事

記事本文の続き 荒川さんとは業務上の接点はほとんどなく、天野容疑者によるストーカー行為についても、大学側は「把握していない」とした。捜査関係者によると、天野容疑者には家族があるが、現在は京都市伏見区のマンションで一人暮らし。住民同士の交流はほとんどなかったとみられ、マンションの管理会社は「トラブルなどは聞いていない」としている。

Head_logo1 http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=127&agent=11&partner=nifty&name=%A5%A4%A5%B6&lang=euc&prop=500&bypass=2&dispconfig=

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国総領事館に消火器噴射 政治団体の2人逮捕 尖閣対応「腹が立った」 大阪府警(30日)

29日午後4時50分ごろ、大阪市西区靱本町の中国総領事館に男2人が近づき、1人がシャッターに向けて消火器を噴射、もう1人が建物の壁に墨汁入りのペットボトルを投げつけた。警戒中の大阪府警の機動隊員が2人を取り押さえ、建造物損壊容疑で現行犯逮捕した。
 府警によると、男は大阪市旭区新森、建築請負業、岸元匡貴(こうき)(40)と大阪府守口市藤田町、解体業、高橋英樹(40)の両容疑者。2人はそれぞれ別の政治団体に所属しており、調べに対し、尖閣諸島をめぐる中国の対応に「腹が立った」と供述。岸元容疑者は「中国の国連演説での盗っ人発言に頭がきた」と話しているという。
 中国総領事館周辺ではこの日午後、約100人規模の徒歩によるデモが行われており、2人も参加していた。

Msn_s1_2 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120929/crm12092923190010-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

担任が3度の相談を校長に報告せず対応に遅れ 東京・品川の中1男子自殺(30日)

東京都品川区立中学1年の男子生徒(12)が自殺した問題で、担任教諭らが生徒から4~5月に3度にわたっていじめ被害を相談されていたにもかかわらず、校長に報告していなかったことが29日、学校への取材で分かった。校長が把握したのは7月で、対応の遅れが自殺につながった可能性もあり、学校側は詳しい経緯を調べている。
 校長によると、男子生徒が担任に最初に相談したのは入学後しばらく経過した4月下旬で、校内でシャープペンシルを紛失したという内容だった。担任は誰かが隠した可能性もあると判断したが、クラス全体に注意を促すだけにとどめ、詳しく調べず、校長や学年主任らに報告もしなかった。シャープペンシルは間もなく教室内で見つかった。
 その後、5月上旬と下旬の2度、男子生徒のシャープペンシルが壊される被害が発生。生徒から相談を受けた担任は、学年主任ら同じ学年の教諭4人に伝えたが、校長や副校長に報告はしなかった。担任はこの際、2度とも男子生徒に「大丈夫か」と声をかけたが、生徒は「大丈夫」と答えたという。
 7月に学校が行ったいじめに関するアンケートで、男子生徒が「文房具を壊された」と被害を訴え、校長は被害を把握。ただ、男子生徒はアンケートに「解決しそう」などと回答していたこともあり、具体的な対策は取らず、区教委に報告もしなかった。校長は「指導を徹底して行えず、反省している」としている。

Msn_s1 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120930/crm12093001160001-n1.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月29日 | トップページ | 2012年10月1日 »